あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

FSPサポーターズ

HOME > FSPサポーターズ > S-vol.15:楽しくきちんとハミガキできたよ

2016.03.02

S-vol.15:楽しくきちんとハミガキできたよ

楽しくきちんとハミガキできたよ

「こどもハミガキ上手 虫歯の赤信号」を開催しました

主催:サンケイリビング新聞社 協賛:丹平製薬

 1月15日、西宮市の西光幼稚園で開催された「こどもハミガキ上手 虫歯の赤信号」。園児とママたちが、楽しみながら正しいハミガキについて学びました。

歯ブラシでバイキンくんをやっつけよう
まずは、劇で歯のお勉強

 子どものときから正しいハミガキ習慣を身につけておくことは、虫歯のない歯を育てるために大切です。子どもたちの初めての体験をサポートしている丹平製薬では、「こどもハミガキ上手 虫歯の赤信号」を開催しています。
 今回は、西光幼稚園の園児とママたちが参加。ナチュラルスマイル西宮北口歯科の児玉秀樹先生に、正しいハミガキ方法を教えてもらいました。
 まずは、劇で歯のお勉強です。子どもたちの前に出てきたのは、大きな「はなこちゃん」の顔。児玉先生から、ごはんやおやつのシールをもらった園児たちは、はなこちゃんのお口にペタペタと貼っていきます。「あーおなかいっぱい」と、はなこちゃん。すると「眠くなってきちゃった…」、おやおや、はなこちゃんは歯を磨かずに、そのまま眠ってしまいました。
 その夜、はなこちゃんのもとにやってきたのはバイキン君。はなこちゃんは「歯が痛い」と泣いています。「バイキン君をやっつけるためには、何をしたらいいかな?」と児玉先生の問いかけに、「ハミガキー!」と子どもたち。児玉先生から大きな歯ブラシを受け取って、バイキン君をやっつけます。最後は、ママたちにも協力してもらい、みんなでバイキン君を撃退しました。
 「ごはんを食べた後は、必ずハミガキ。最後にはママにも仕上げ磨きをしてもらうこと。虫歯にならないために、みんなしっかり守ろうね」と児玉先生。「はーい!」と元気よく答える子どもたちは、劇を通してハミガキの大切さを実感したようです。

磨き残しが多い部分は細かく歯ブラシを動かして
みんなでハミガキに挑戦!

 続いては、実際にハミガキに挑戦します。使ったのは、歯垢が赤く染まる液体ハミガキ「こどもハミガキ上手」。口にふくんでクチュクチュすると、歯垢が残っている部分が真っ赤に。「わー!赤くなった!」と驚く子どもたち。「しっかり磨いていたつもりだったけれど、こんなに磨き残しがあるんですね」と、ママたちもビックリ顔です。
 子どもたちは鏡を見ながら、赤いところがなくなるまで丁寧にブラッシング。「一番磨き残しが多く、虫歯になりやすいのが、歯と歯の間と奥歯のかみ合わせの部分。細かくブラシを動かして、奥歯までしっかり磨きましょう」と、児玉先生。先生に見てもらいながら、子どもたちは一生懸命にハブラシを動かします。「キレイに磨けてる?」と、お互いに歯を見せ合いながら、磨き残しをチェックしていました。

pic_suporters13_doctor

ナチュラルスマイル
西宮北口歯科院長
児玉秀樹先生

 「虫歯のない社会」の実現を目指して「虫歯にさせない」ための活動を実施。通常の治療のほか、全国各地で予防歯科に関する講習会を行い、虫歯予防活動に取り組んでいる。

仕上げ磨きのコツを先生がアドバイス
上の奥歯はママたちがしっかりチェックして

 最後に、児玉先生からママたちへ、仕上げ磨きのアドバイスが。「磨き残しが多い上の奥歯は、お母さんの足の間に子どもを寝かせて、真上から口の中をのぞき込むようにするといいですよ。また、仕上げ磨きを子どもたちが嫌がる原因として、歯ブラシが子どもの唇のひだに当たり、痛く感じることも。指でやさしくひだを押さえて、カバーしてあげながらハミガキするのがコツですよ」と児玉先生。
 さらに、「うがいが苦手な子どもには、コップに水を入れて口に含み、噴水のように水を飛ばす“くじらさんゲーム”がおすすめです。それができたら、口の中に水を含んで、口を閉じたまま“ゲロゲロ”と言うと、うがいと同じような口の動きになります。この“カエルさんゲーム”も取り入れながら、楽しく習慣づけを」と教えてくれました。
 体験を終えたママたちからは、「ハミガキは毎日のこと。教わったことを徹底していきたいですね」「仕上げ磨きを嫌がることが多いので、コツをわかりやすく教えてもらえてよかったです」という声が。
 「キレイに磨けてうれしい!」と、笑顔いっぱいの子どもたちを見ながら、「楽しそうにハミガキをしていましたね。思っていた以上に、丁寧にハミガキをしないといけないことがよくわかったと思います。私たちも大変勉強になりました」と、園長の中西和美先生。これからも、健康な歯を守るために、正しいハミガキ習慣を心がけたいですね。

item-1歯垢が赤く見える液体ハミガキ「こどもハミガキ上手」
液体を口にふくんで行き渡らせると、歯垢が付着している部分が赤く着色。着色したところを色が落ちるまでブラッシングすれば、磨き残し(歯垢)なくハミガキができます。ノンアルコール、低刺激、研磨剤も入っていないので、歯を傷めません。また、砂糖など虫歯の原因となる甘味料も不使用。※手指や口の周り、衣類、洗面台などに液が付着すると、落ちにくいことがあります。
69ml・422円。お徳用の180ml・843円も。
商品に関する問い合わせ●タンペイ製薬お客様相談室
フリーダイヤル0120(500)461
http://www.tampei.co.jp/
ページトップ