あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.80<兵庫県>夢の星幼稚園 影絵たいけん

2015.03.13

Vol.80<兵庫県>夢の星幼稚園 影絵たいけん

驚いたり、笑ったり。影絵っておもしろーい!
 「影絵ってどんなことするの?」「なにがはじまるの?」とワクワク、ドキドキしながらスタートを待つ子どもたち。きょうは兵庫県の夢の星幼稚園で、影絵劇団「かしの樹」による影絵たいけんです。

 まずはワークショップ形式の「シルエットファンタジー」でスタート。Mr.マジックから、「これ、な~に?」と次々に映し出される影絵の問題に、大きな声で答える子どもたち。でも、帽子の中から出てきたハトが手に変わったり、ボールだと思っていたものが、どんどん形を変えて、最後はバットになったり…、なんだか不思議。驚きの声をあげながら、あっという間に影絵の世界に引き込まれていました。

 ライオン、カニ、ウサギ、白鳥と、どんどん出てくる影絵の動物たち。子どもたちもいつの間にか、見よう見まねで白鳥に挑戦していましたよ。次は、実際に自分で影絵を作るたいけんです。みんなを代表して、「やりたい!」と手をあげたお友だちと先生がスクリーンに登場です。Mr.マジックの大魔法で、二人の手が伸びたり、頭がぐるぐる回ったりする様子に、園児たちはおなかを抱えて大笑い。会場は大興奮に包まれました。

 おしまいは物語「おやゆびひめ」を影絵で楽しみます。物語が始まると会場の雰囲気は一変。鈴木さんのナレーションに聞き入り、どの子も真剣な表情で、おはなしの世界にみるみる集中していきます。おやゆびひめが逃げ出す場面では、「歌ではげまそう」の呼びかけに、初めて聞いた歌もすぐに覚えて、一緒に大きな声で歌ってくれました。

 見て楽しみ、自分たちも影絵の世界に参加して楽しむたいけんイベントを満喫した子どもたち。笑顔あふれる楽しい時間をすごせました。

先生から

園児参加型の影絵になっていて、子どもたちが楽しむことができてよかったです。

劇団員が2人でやっているとは思えないほどの内容でした。

子どもたちの声

Mr.マジックが大きくてびっくりした。

(シルエットファンタジーで)お友だちと先生の手が伸びたり、大きくなったりしたのがおもしろかった。

たいけんしたこと

出演:影絵劇団「かしの樹」

プログラム:シルエットファンタジー、物語「おやゆびひめ」

ページトップ