あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.77<福岡県>本城西幼稚園 影絵たいけん

2015.02.20

Vol.77<福岡県>本城西幼稚園 影絵たいけん

影絵っておもしろい! みんなでたいけんを楽しんだよ
 今回、影絵劇団「かしの樹」が訪ねたのは、福岡県の本城西幼稚園。2階のお遊戯室に305人もの元気な園児たちが大集合して、影絵たいけんが行われました。

 晴れた日に、園庭で影を作って遊んだことはあるけれど、「影絵って、なんだろう」「何が始まるのかな」と、みんな初めてのたいけんにドキドキの様子です。

 お部屋が暗くなったとたん、「怖いよー」と言い出すお友だちもいたけれど、あら不思議。お話が始まると、そのおもしろさににっこり。どの子もお話に集中していきました。

 まずはじめにワークショップ形式の「シルエットファンタジー」です。大きなスクリーンに、Mr.マジックから「これなあに?」と次々と影絵の問題が出されると、みんなそれぞれに大きな声で一生懸命答えます。でも、出てきたのはそれとはぜんぜん違うもの。「どうして?」「ふしぎー」と影絵の世界に大興奮。どんどん引きつけられていきました。

 次は、実際に自分で影絵を作るたいけんです。ハトやハクチョウなど、いろいろな影絵に挑戦しました。みんなを代表して、「やりたい!」と手をあげたお友だちと先生がスクリーンに登場。Mr.マジックの大魔法によって、二人の影の手が伸びたり、頭がぐるぐる回ったりする様子に、園児たちは大爆笑。会場は大盛り上がりです。

 おしまいは、「はらぺこプンタ」の影絵です。物語がはじまると、ナレーションに聞き入り、スクリーンに映し出されるお話の世界にもう夢中。楽しい場面、悲しい場面、影絵のお話に合わせて、子どもたちの表情もくるくる変わります。みんなプンタが大好きになったようです。

 見るだけでなく、自分たちもその世界に入れる影絵たいけんイベントを、子どもたちは思いっきり楽しんだ様子。たくさんの笑顔がはじける、すてきな時間をすごせました。

先生から

簡単なものでいいので、幼稚園のお誕生会など影絵ができたらいいなと思いました。

2人で演じられているとは思えないほど本格的で驚きました。スクリーンの裏側を見たり、道具も触らせていただけてうれしかったです。

子どもたちの声

こわいところもあったけど、おもしろかった。

手でつくるハトを覚えたよ!

シルエットファンタジーで、影が大きくなったり、小さくなったりするのがおもしろかった。

保護者の声

美術館で見るような影絵もきれいだけど、子どもたちには今回の体験の方が、動きもあり、わかりやすくてよかった。

たいけんしたこと

出演:影絵劇団「かしの樹」

プログラム:シルエットファンタジー、物語「はらぺこプンタ」

ページトップ