あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.76<東京都>大島新生幼稚園 プラネタリウムたいけん

2015.02.16

Vol.76<東京都>大島新生幼稚園 プラネタリウムたいけん

昼間の幼稚園にキラキラの星空が出現
 今回、東京都の大島新生幼稚園の140人の園児たちが楽しんだのは、「星空の宅配便」によるプラネタリウムたいけんです。

 ホールに行ってみると、クジラさんみたいに大きくて丸いエアドームがどーんと置かれているのにびっくりする園児たち。そこに登場したのが、今日星空を案内してくれる「ひげじぃ木村さん」。「このドームに入ったら夜になるけど、みんな、寝ちゃだめだぞー」というごあいさつがおもしろくて、みんなで笑ってしまいました。
 
 さて、いよいよドームの中へ入ります。まあるくなって座って上を見上げてみんなで待っていると、太陽が夕日に。あれ? あれ? 聞こえてきたのは「夕焼け小焼け」の歌。みんなで大合唱しているうちに、あたりは夜空に。お待ちかねのプラネタリウムのスタートです。

 ドームの中に映し出されるのは美しく輝く満点の冬の星空。「わぁ、星がいっぱいだね」と驚きの声を上げる子どもたち。空にはいろいろな星座があることや、時間に合わせて星が動いていること、季節で見える星座が違うことを、ひげじぃ木村さんが教えてくれました。星座の中には、動物の名前のものもあって、犬座の説明のときには「犬のおまわりさん」も大合唱。 
 
 おもしろかったのは、望遠鏡です。有名な冬の星座「オリオン座」の3つ星の近く、ぼんやりにじんでいるところにどんどん近づいていってズームアップすると見えてきたのは「オリオン大星雲」です。赤や青の色が混ざり合った驚きの世界に、園児だけでなく、先生からも「わぁーっ!」と大歓声があがりました。

 最後はみんなで流れ星を探します。「見えたー」「私もー」と騒いでいたけど、願いごとは間に合ったかな。

 貴重なプラネタリウムたいけんで、いつも見上げている星空が、実はとってもおもしろい世界だと知った子どもたち。これから星空を見上げる機会も増えそうですね。

先生から

幼稚園でプラネタリウムが見られるなんて。本当にいい機会をいただいてありがとうございます。

園児たちが楽しみながら学んでいる様子が伝わってきました。

子どもたちの声

流れ星がすごかったよ。

望遠鏡で見るのがおもしろかった。

ドームに入るとき、ワクワクしたよ。

またドームに入って星を見たいな。

たいけんしたこと

出演:星空の宅配便

プログラム:プラネタリウム

ページトップ