あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

FSPサポーターズ

HOME > FSPサポーターズ > S-vol.12:みんなで楽しくハミガキレッスン

2015.03.04

S-vol.12:みんなで楽しくハミガキレッスン

正しいハミガキのポイントは?

「こどもハミガキ上手 虫歯の赤信号」を開催しました

主催:サンケイリビング新聞社 協賛:丹平製薬

 幼稚園へ、さまざまな体験を届けている「あんふぁんFIRST STEP PROJECT」(FSP)。今回は関西学院教会附属仁川幼稚園を訪ねて、毎日の生活に欠かせないハミガキのイベントを開きました。

楽しい劇で、“虫歯にならないためには?”を学ぼう

大切な歯を守るために、子どものころから正しいハミガキの方法を身につけておきたいもの。
子どもたちの初めての体験をサポートしている丹平製薬では、虫歯のない歯を育てるために「こどもハミガキ上手 虫歯の赤信号」を、定期的に開催しています。
今回、イベントが行われたのは関西学院教会附属仁川幼稚園(西宮市)。元気いっぱいの年長組の園児とママたちが、ナチュラルスマイル西宮北口歯科の児玉秀樹先生から、正しいハミガキのポイントをレクチャーしてもらいました。
まずは、楽しい劇で、歯のことについてしっかりとお勉強。みんなの前に登場したのは、おいしいものが大好きな、“はなこちゃん”の大きなお口。歯科衛生士のお姉さんが「はなこちゃんにごはんを食べさせてあげたい人?」と聞くと、子どもたちはいっせいに「はーい!」。アイスクリームやケーキなどのシールをはなこちゃんの口に、交代でペタペタと貼っていきます。
「あ~おいしかった。ごちそうさま」と、ごはんを食べた後、歯をみがかずにそのまま眠ってしまったはなこちゃん。そこに現れたのは、ちょっぴり怖いバイキン君です。

ママも一緒にバイキン君をやっつけろ!

突然のバイキン君の登場に、子どもたちもママも「わぁ!」とビックリ。歯科衛生士のお姉さんが「みんな、バイキン君をやっつけるには、どうしたらいいかな?」と質問をすると、「ハミガキー!」と元気いっぱいの返事が。
そこで子どもたちは、順番に大きな歯ブラシを受け取って、バイキン君をゴシゴシと退治することに。次にママも加わって、見事にバイキン君をやっつけることに成功しました。虫歯にならないために、ごはんを食べた後、きちんとハミガキをすることの大切さを子どもたちも学んだようです。

正しいハミガキにチャレンジ。
虫歯になりやすいポイントは“歯と歯の間”と“歯の噛み合わせの部分”

劇を楽しんだ後は、実際に一人ずつハミガキにチャレンジ! 歯垢(しこう)が赤く染まる液体ハミガキ「こどもハミガキ上手」を口にふくんでクチュクチュした後、口をあけて歯を“イーッ”とすると、歯垢が残っている部分が真っ赤に。
続いて、鏡を見ながら、赤くなった部分がなくなるよう、丁寧にハミガキしていきます。ポイントは、エンピツと同じように歯ブラシを持って、力を入れないようにやさしくこすること。
「虫歯になりやすいポイントは、みがき残しやすい“歯と歯の間”と“歯の噛(か)み合わせの部分”。奥歯の噛み合わせの部分は細かい溝が多いので、ブラシを小刻みに動かして磨きましょう」という児玉先生のアドバイスを聞きながら、がんばってみがく子どもたち。先生も一人一人の口をのぞきながら、きちんとみがけているかをチェックしていきます。

ママたちの仕上げみがきもポイントに

最後は、ママの仕上げみがきできれいなキレイな歯に。「正しいみがき方をあらためて知ることができました。家へ帰ってからも、楽しみながらハミガキできそうです」「これからは、仕上げみがきもしっかりやっていきたい」など、ママたちからも「参考になった」という声が多く聞かれましたよ。

pic_suporters12_doctor先生からアドバイスも聞き逃せない

児玉先生からママたちへアドバイスも聞き逃せないところ。たとえば覚えておくと便利なのが、“カエルさんゲーム”。「“クチュクチュうがい”が苦手な子どもには、唇を閉じてカエルのように“ゲロゲロ”と言うと、それがうがいの練習にもなるので、試してみてください」との先生の言葉に、うなずくママたち。
また、子どもの事故で多い、食べ物やおもちゃのパーツなどの誤飲による窒息事故についても、先生の体験談などを踏まえて話をしてくれました。
今回のイベントを振り返り、「劇や先生の丁寧な説明で、虫歯にならないための予防の大切さを再認識する、とてもよい体験ができました」と同園の丹羽能里子園長。子どもたちにとってもママたちにとっても、健康で白い歯の大切を学ぶ、貴重な1日となったようです。

item-1歯垢が赤く見える液体ハミガキ「こどもハミガキ上手」
液体を口にふくんで行き渡らせると、歯垢が付着している部分に赤く着色。着色したところを色が落ちるまでブラッシングすれば、みがき残し(歯垢)のないハミガキをすることができます。ノンアルコール、低刺激、研磨剤も入っていないので、歯を傷めません。また、砂糖など虫歯の原因となる甘味料も不使用。※手指や口の周り、衣類、洗面台などに液が付着すると、落ちにくいことがあります。
69ml・422円。お徳用の180ml・843円も。
商品に関する問い合わせ●タンペイ製薬お客様相談室
フリーダイヤル0120(500)461
http://www.tampei.co.jp/
ページトップ