あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

キャンプ、DIY…大好きがいっぱいママライフ

子連れでフジロック2015~何があると便利?

フジロックから1週間すぎてしまいましたが、今回は行った後だからわかる、あったら便利、これいらなかったっていうことを紹介します!!

フジロックって何?興味ないって方もいってみたくなるとうれしいです。

1.雨具・長靴
子連れで3日間車泊ということで、まずは一番大事??な雨具。

大人はポンチョと防水の上下スーツ。アウトドアのしっかりしたものがお勧めです。

<記事が続きます>

フジロックといえば雨。
なので、雨具は絶対に必要。
未使用 011
我が家では、モンベルの登山などで使えるものを愛用。軽くて小さくなるし、びちょびちょのところも座れるので便利です。

傘は会場では使用禁止ですので、使えません~!

それから、長靴。
未使用 001
晴れていても長靴で3日間過ごす人もいるくらいです。
長靴は必ずもっていきましょう~!

でも、今回は一日目に小雨が降る程度であとはカンカンに晴れていました~!らっき~

こんなに晴れたフジロック、初めてだね!!って3日目のスタートで言ってましたっっ!!

長靴を持って行かない派の方はトレッキングシューズの人が多いです!
絶対によごれるので、普段はいてるスニーカーなどは向いていないかも!??

2.椅子・レジャーシート
これも、絶対的に必要。
雨が降ったら芝生でゴロゴロできないです。
場所取りにもなるので椅子必須。
椅子があるならレジャーシートいらないんじゃないの?と思いますが、雨対策で、椅子にブルーシート(レジャーシート)かぶせてる方も多かったです。
椅子は重いのがいやな人や移動が多い人は簡単な小さめの椅子。
ゆったり音楽を楽しみたい人は結構おおきなアウトドア椅子を担いでいます。
我が家は5人分、しっかり持っていきました。
3
食べたりするのにも、便利!!

3.帽子・日焼け止め・サングラスなど紫外線対策と暑さ対策グッズ
雨かと思ったら急にぴーーかんお天気になることも。
そうなると今度は日差しがジリジリ。
川で暑さをしのぎつつ、長い距離を異動しますので、汗をかきます。
000 006

帽子は必須。汗をかくので、フェイスタオルや首を冷やすものを持っていきましょう!
フジロックでかわい~サングラス買いました。
これ、500円 激安!
000 003

00 001
フジロックでは毎年、エコイベントに参加するとタワレコのタオルがもらえたりしますので、忘れても大丈夫です。笑
日焼け止めや、UVの上着があるといいかも!

4.防水携帯ケース
お金をいれたりもできますし、川で遊んだり、雨がふるので、あるといいです。

5.チケット・お金・携帯・携帯の携帯充電器
チケットは事前に買うのが一般的です。忘れたら入れませんので重要!!
お金は多めに持っていきましょう。
グッズ売り場ではカードも使えますが、食べ物はほとんど現金です。
1人あたり1食500円から1200円くらいはかかります。
それの3食・3日分、そして人数分!!

かなり食費はかかりました。
しかたありませんけどね。

余談ですが飲み物はお酒意外はペットボトルでスポーツドリンク、水、お茶、ジュースが売っています。1本200円です。
これもかなり買います。車で行く場合は1.5Lのスポーツドリンクや水などを何本か持って行くと節約かな!
000 002

我が家でも、ペットボトルを洗って、満タンにして何回か補充しました。
水筒やビブボトルをもっていくとブースで無料の給茶サービスがある年もあるようです。今年は気づきませんでした。

あとはお金がかかるのは銭湯、交通費、ガソリン代、そしてグッズ代くらいですね。
フジロックTシャツやアーティストTシャツなども売ってますよっ~

000 007

携帯も連絡を取り合うのに必須です。
携帯充電器も今はいろいろ出ていますので、あわせて持っていくといいですね。
今回はブースで携帯の充電ができるところがありました!

6.懐中電灯・ランタン・ヘッドライトなど
車泊でも、テント泊でもこのあたりは必須です。車でも、エンジンはつけっぱなしにしてはいけないので、ランタンが役立ちます。
未使用 009

我が家ではキャンプで使う、オシャレランプでかわいくと思って持っていった、飾りランプですが、これははっきり行って邪魔でした。笑

コンパクトに、必要なものを持っていくべきだなと思います。

7.寝具関係 目隠し用のタオル・ガムテープなど。

寝具は大事。
車をフルフラットにしてなんと5人で雑魚寝したのですが、コレがあってよかったってのが、エアーマット。
でこぼこする床でも心地よく眠れます。
銀マットでもいいと思いますがエアーマットは安定します。テントの方もぐっすり眠るにはあるといいですね。
寝袋、なければ毛布が必要です。
夜は意外と冷えます。
未使用 010
目隠し用のタオルとは、車内で電気をつけると外から丸見えなので、窓に貼り付けるものです。前と後ろはサンシェードをテープで張りました。

8.簡易トイレ・ティッシュ・ウェットティッシュ・虫除け・ビニールなど
子供はトイレが我慢できないので、これは必要です。
オムツを持ち歩くのでもいいかもしれません。
トイレでティッシュがないってことはありませんでしたが、ティッシュやウェットティッシュは何かと使えると思います。
虫はあまりいないですが、気になる方は持って行きましょう。
ビニールは何でも使えますので、とりあえず持っていきましょう

9.お風呂セット・歯磨きセット・化粧品
銭湯ではタオル有料です。どうせ車で行くのならふとんや枕にもなりますし、バスタオルを持って行きましょう。

10.着替え・上着・サンダル・(ハンガー・洗濯ばさみ)
子供のものは多めに!
洗濯するところはないので、基本的には洗えません。
レインコートを干したり、タオルなどは洗って干すことはできますので、ハンガーなどがあると便利です。

先ほどの写真の息子は暑すぎて泳いでますが、この川の水、キンキンに冷たいのですっ
泳ぐのは普通じゃないです笑
こんなこともありますので、着替えは多めに!!

11.お菓子・本など
子供は飽きちゃうので、お菓子で気分転換!
本は夜、車に戻ってからのんびりタイムに重宝しました。

12.ワンバーナー・カップラーメンなど
夜、車に戻って小腹が空くかも。
カップラーメンやコーヒーを持っていったので、快適でした。
7

ざっくりですが、こんな感じでしょうか。

フジロックは、エコ活動にチカラを入れています。
イベントもたくさんあります。
そして、みんな意識が高いです。
ごみ一つ、落っこちていなかったと思います。

食器、カトラリーはすべて同じお皿で統一していて、フジロッカーがしっかり分別、それが、来年のトイレットペーパーやゴミ袋になったり、スタッフジャンパーになったりするのです。子供もそういうことを学べてよかったと思います。

食器は、自分で持っていったものにも入れてくれるみたいです。
洗ったりするのが大変なので、あまりみかけませんでしたが、コレが普及したら本当にエコ、すごいなって思いました。

前回の記事と重複しますが、最後に、子連れでフジロックに行って、一番つらかったことは子供達がたくさん歩かなくてはならないこと。

キャリヤーや、ベビーカーがあると便利ですがそれもまた引いたり押したりするのは重労働だと思います。

無理ないスケジュールで夫婦で助け合うのが一番です!
大変だけど、すっごく楽しいフジロック!
家族でみなさんも行ってみてくださいね~

000 001

関連記事になります
よかったら見てくださいね。

家族でフジロック~決意&ヘッドアクセ作り

子連れでフジロック~5人家族で車泊3日間

子連れでフジロック~食事とお風呂

000 004

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 川井裕美さん

    2015/8/7

    ヨネスケさま コメントありがとうございます! 是非是非!!我が家は来年いけるかわかりませんが、いきたいのは山々です~ 少しでも参考になればうれしいです。

  • ヨネスケさん

    2015/8/6

    イイですね〜フジロック!我が家も来年行ってみようかな。

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。