あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

『プチプライス』でほっこり時間♪

幼稚園の先生と学校栄養士に聞く!入学までに身につけておきたい事

570000536959

こんにちは、吉田聡子です。

先日、幼稚園の個人面談がありました。
幼稚園の面談は希望制。
私は園までお迎えに行っていて、聞きたいことがあればその都度聞けていたので、今までは利用していなかったのですが。

今回は、申し込みました。
何故なら。

春から小学生になるという視点で見ると、日ごろの生活状態が不安だからです(笑)

次男をお迎えに行った時に、本人にも「今日は、ちゃんと一年生になれるかどうか、これから先生に聞いてくるからね」と話しましたw
次男、「え-?!」と言っていましたよ(^^;そりゃそうでしょうねw

面談は5分間。
回りくどい話をしている時間はないので、単刀直入に切り込みました。

「先生。うちの子、小学生になれますか?」

何の質問が来るかと、構えていた担任と副担任、爆笑w
これで一気に話が弾みました(^^)v

先生曰く「次男君だけではありませんが、男の子全体に言えることは、まだ小学生になるという意識が女の子よりもかなり弱いですね。」とのこと。

女の子は、もうすぐ小学生という意識が強く、自分の事は自分で、余裕のある子は周りの子の手伝いもできるとのこと。
男の子は、友達と楽しむのが優先。話を聞いていなくて返事ができない、次の行動に移せない子が多いと。

私「あー。家でもまったく同じです。。」

これについては、幼稚園でも引き続き声掛けの強化をしてくれるとのこと。
私も、家での声掛けを継続することに。

次は「時間を決めて行動できるよう意識させています。お弁当の時間も、学校の給食の時間に合わせて20分を目標にしています。」とおっしゃっていました。

家では「食べ始めてから30分以内に食べ終わらないとデザート抜き」というルールがあるのですが。
給食の時間を考えて、設定時間をもう少し縮めても良いのかなと思いました。

ちなみに、限られた時間で・・というのは、他にも必要です。
次男の通う学校は、1時間目と2時間目の間の休み時間は5分
その間に、次の授業の用意をして、トイレなどを済ませておく必要があります。
体操着に着替えるのは大抵2時間目と3時間目の間の20分休みの時になるよう配慮してくれてはいますが、立ったまま素早く着替えられるか、脱いだものを畳んでまとめられるのかを一度確認しても良さそうです。

後は、「自分が言いたいこと・言わなければならないことを言えない」子もまだ多いとのこと。
たしかに、次男も普段はかなりおしゃべりなのですが、肝心な事になるとモジモジ・・。
小学校になると、自分から先生に伝えなければならないことが増えるので、家でも、次男の考えをじっくりしっかりと聞く姿勢を継続して「自分から話す」意識を持たせなければな、と感じました。

ここで面談の5分が経過・・!
もっと話を聞きたいところではありましたが、大いに参考になりました♪

570000536971

そして。
「学校給食」も気になる所ではないでしょうか?
幼稚園でも、今は給食の所が増えているので、慣れているお子さんも多いかと思いますが。

学校栄養士をしている友達に、新入生に向けて何かアドバイスは?と聞いてみた所。

・15~20分で食べられるように意識してほしい。
・食事前の手洗いやうがい、口に食べ物を入れたまましゃべらないなどの基本的なマナーを身につけておいてほしい。
・箸を使えるようにしておいてほしい。
・オレンジなどの果物の皮を自分で剥けるようにしておいてほしい。
・配膳のために、しゃもじやおたまの使い方も練習しておくと良い。

とのこと。

また、小学校の給食ってどんな物が出るの?と思う方も多いのでは。
これに対しては、「今、家庭で食べられている物が偏っているので、あまり摂られていない食品(豆や海藻類・魚)を意識して献立に取り入れている。」とのこと。

長男の学校の献立表を見てみると。

2月の19回の給食のうち、14回大豆や大豆加工食品(油揚げ、高野豆腐、なまあげ)が登場しています。海藻(わかめ、こんぶ、ひじき、寒天)は9回。
これらの食品をあまり食べていないご家庭は、初めての物を食べてみる機会を作っておいてほしいと言っていました。

給食の味は、とても美味しいです!過去に行った給食試食会のブログがこちら→小学校給食の試食会に行ってきました

KIMG1710

中学生になると「小学校の給食の方が美味しかった」と言われるほどだそうです(中学校の栄養士になった友達がぼやいていた)。
それだけ、6年間食べ続ける子供たちにとっては、家庭の味の次に「定番の味」になるようですね。
身につけておいてほしい事はあれど、あまり気構えることなく、美味しくて楽しい給食の時間をすごせるように栄養士も調理員も頑張っているので、楽しみにしていてください♪と言っていましたよ。

ちなみに、長男も給食が大好きで、帰ってくると何よりもまず給食の話をしてくれますw

その中で、長男の学校給食のルールをまとめると。
・食べる前なら苦手な物を減らせる制度がある。
・早く食べ終わったら、残っている物をじゃんけんでゲットできる
。(←よく「今日も負けた・・」と言って帰ってきます(笑))
・時間内に食べ終わらないと強制終了。
・先生が教室にいない時に、アレルギーの子に何かあったら保健室の先生を呼ぶ係の子がいる。

とのこと。
やはり時間内に食べ終われるようにした方が良さそう・・。

卒園・入学の準備で忙しい中ですが、これらを意識して生活していきたいですね!
我が家も頑張ります(^^)

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

吉田聡子

吉田聡子

東京都

夫・息子9歳(小3)・息子5歳(年長)
プチプライスで自分も子供たちも楽しめる工夫をするのが好き。 管理栄養士免許所有

カテゴリー

最新記事

2018年02月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。