あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

『プチプライス』でほっこり時間♪

入場無料!日本橋「くすりミュージアム」

こんにちは、吉田聡子です。

日本橋エリアの七福神めぐりをした際に、偶然手に入れたコチラ↓

20180317_191719

【中央区まちかど展示館】という冊子。公式サイトもあります→中央区まちかど展示館webサイト

こちらに載っていたのが『くすりミュージアム』。
親子でワクワク!体験型ミュージアム」という文言に惹かれて、行ってきました!

20180317_103107

銀座線三越前駅10番出口から徒歩2分位の場所にあります。

1Fで受付をし、2Fへ上がって体験するのですが、館内は撮影禁止
と、いうことで、文章でお届けします。

2Fへ上がるとまず、ICチップ内蔵のメダルを渡されます。
こちらを指定の台の上に置き、年代と薬についてのアンケートに回答します。

いざ、入場!

入ってすぐに、メダルを置く場所があり、指定された場所に立つと映像がスタート。
ヒトの体の内部がクローズアップされていき、DNAの部分までの説明があります。
幼児には少し難しい内容なのですが、私が説明を加えると最後まで見入っていました。
健康と病気のバランスについて解説してくれるコーナーも。

メインの場所に到着。

広くないスペースなのですが、土曜日の10時半の時点で7組ほど(10時開館)だったので、待ち時間なく皆それぞれの体験ができていました。

次男が気に入ったのは、散剤、点眼剤、発布剤など様々な薬のサンプルを質問に合わせて回答台に置くゲーム。
繰り返し挑戦することで覚え、最後の方は全問正解してました。

長男が気に入ったのは、3人で行うゲーム。
病原菌がいる場所に投薬をするのですが、その薬を手元の台ではじいて病原菌に当てるというもの。
そのゲームの前後には病気と薬の仕組みが流れ、しっかりと勉強も出来ます。

他にも、薬の原料を学べるもの、薬の製造工程を観られるもの、薬がどのように体の中を巡るのかを観られるもの、5分のミニシアター等もあって大人も楽しめます。
どこも目が届く範囲なので、二人がバラバラに楽しんでいても把握できるのが嬉しい。

気が付けば、1時間半経っていました。

二人ともとても楽しかったよう!
家に帰ってから、久しぶりにレゴを引っ張り出して「カプセル」を作ってました(^^)

20180318_193843

20180318_193900

身近だけどなかなか学ぶ機会のない、薬のことを手軽に知ることのできる「くすりミュージアム」おすすめです!

施設情報(アクセス・サービスなど)

名称 くすりミュージアム
公式サイト https://kusuri-museum.com/
※最新の情報はこちらでご確認を
おすすめ年齢 6歳~
料金 無料
営業時間 10:00~18:00(月曜・年末年始休館)
アクセス 〒103-8426 東京都中央区日本橋元町3-5-1
地下鉄銀座線・半蔵門線「三越前」駅A10出口徒歩2分、JR総武線快速「新日本橋」駅出入口5徒歩1分
駐車場 なし
サービス おむつ替えスペースあり/エレベーターあり

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

吉田聡子

吉田聡子

東京都

夫・息子9歳(小3)・息子5歳(年長)
プチプライスで自分も子供たちも楽しめる工夫をするのが好き。 管理栄養士免許所有

カテゴリー

最新記事

2019年01月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。