あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

モノ作りな毎日×ママって楽しい♪

入学準備 サブバッグの作り方

16

サブバッグ特集で紹介して頂いているサブバッグの作り方です。

新入学「サブバッグ」特集はコチラ

厚手の綿生地に更に接着芯を張ったしっかりした作りのバッグ。
ガンガンお洗濯しても型崩れせず元気な男の子にも安心ですよ。

製図はこんな感じ。(縫い代は含みません)
17
サイズは30×41、2.5cmのまち付き。
持ち手は机に掛けた時に床に付かない長さです。
男の子向けの生地は種類も少ないのでオリジナリティーを出したくて表布は4種類の生地を合わせて作りました。(裏地は自宅にあった物を使用)

1
生地を裁つ前に水に通して布目を整えます。
何時間か水に浸すだけでも良いし、ネットに入れて洗濯機で洗っちゃっても大丈夫。
形を整えて地の目が歪まないように陰干しし、生乾きの時に地の目を整えるようにアイロンを掛けます。
綿生地の場合、あまり縮む事はないのですが、麻は縮みやすいのでハーフリネンなどは必ず水通しは必ずした方がいいですよ。

 

2
生地を裁断します。
周囲には縫い代1cm付けました。

 

3
裏には接着芯を張ります。
貼り方は中温のアイロンで上から押し付けるように。冷める前に動かすとはがれ易いので注意!

 

6
取っ手部分の紐を作ります。袋状に塗い、縫い代を折るようにアイロンを掛けてから裏返します。

 

5
裏返す時は細い定規や菜箸を使うといいですよ。

 

4
上の分部の生地を縫い合わせます。
縫い合わせたらしっかりアイロンで縫い代を開きます。

 

7
黄色の点線部分に押さえミシンを掛けます。もう1枚も同様に。

 

8
底布を縫い合わせます。

 

9
底布の黄色い点線部分に押さえミシンをして、縫い代の0.8cmの位置に持ち手を縫い付けます。

 

10
表袋布と裏袋布を表どうしに合わせ(中合わせ)入り口をミシンで縫います。

 

11
アイロンで縫い代を開きます。

 

12
写真のように表・裏を底で折り、裏布に返し口を残して脇ミシンでを縫います。

 

13
アイロンで縫い代を開きます。

 

14
マチを2.5cm縫います。
裏地も同様に。

 

15
返し口から表に返します。

 

19
返し口を縫います。

 

20
入れ口にアイロンを掛け押さえミシンを掛けます。

 

今回は持ち手部分も作りましたが、もちろん市販の平紐でもOK!

裏も同じように出来るのでリバーシブルにしても使う事も可能です。
我が家は男の子で細かい物を分けて入れたりしないのでポケットはなし。
幼稚園のサブバッグには付けて作りましたが、誇りが溜まるだけなので^^;

きれいに仕上げるポイントは面倒でもきちんとアイロンを掛けること。
縫ったら縫い代をアイロンで折って処理することで仕上がりが違います。

16

上履き入れは色違いの生地を使って作りました。

関連キーワード

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。