あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

けせらせら、転勤族の妻、子育て迷走日記

本帰国で帰国子女となる子どもと読みたいおすすめ本

帰国子女関係の本を読み漁っています。

 

...いえ、正確には「漁っている」
って言えるほどでもないですけどね、
我が家の『本の虫』と比べたら(笑)。

まぁ、図書館であれこれ借りてきては、
ワタシも読んでいます。

 

ただね、帰国子女関係の本って、
あるにはあるのですが、
実際に帰国子女の子どもを持つ親にとして
「おぉ、こういう実践的な情報が欲しかった!」
という内容のものがほとんどないのです。
(図書館に所蔵されている本の範囲での話ですが)

 

そんな中、ついに出会いました!

 

帰国子女向けおすすめ本!

 

IMG_9502帰国子女
帰国の前に親子で読む本
Welcome Home
A Practical Guide for Parents of Returnees

 

帰国子女の子どもたちが日本に戻ったら
起こるであろう一つ一つのことが網羅され
それに対して的確なアドバイスが書かれてあります。

この本はまさに帰国子女が知っておくと有益な内容が
盛りだくさんの実践的な本だと思います。

そして、ビジュアル的に読みやすい本でもあります。

 

帰国子女関連の本について語ってみる?6^^;

帰国子女関連の本って、

(1)海外で暮らす日本人の子どもたちの
行動パターンを学問的に分析している内容のもの

あるいは、

(2)著者本人が帰国子女等で経験を踏まえ
少し学問的に分析もいれた内容のもの

が主流かなと思います。

 

(1)に関しては正直ワタシにとっては
今すぐ知りたい必要な情報ではなく、
(2)に関して言えば、国が違えば、もとい、
同じ国でもエリアが違えばこれまた状況も違うから
その話は我が子に当てはまるかというと
そうでもないよなーと思う箇所も多くあり。

そういった意味でも今回おすすめした本は
帰国子女の子どもたちの現実そのまま、
ありのままにとらえている
とてもユニークな本だと思います。

 

まとめ

『帰国子女 帰国の前に親子で読む本』を
読みながら、
あぁ、この筆者は今までたくさんの帰国子女の
子どもたちと長年向き合い寄り添ってきたんだな、
そして、たくさんの経験を積み重ねて
産みの痛みを経て世の中に出された内容なんだな
と、思いました。

 

これから本帰国で帰国子女となるお子さん
すでに帰国子女となったお子さんを持つ方に
おすすめしたい本の紹介でした。^^

 

関連キーワード

関連記事

プロフィール

大河内えりな

大河内えりな

千葉県

夫・タイ生まれの娘ウメちゃん11歳(小5)・日本生まれの息子タイくん8歳(小3)と4人暮らし。父も夫も転勤族で、国内海外問わず引越し続き。現在は『帰国子女』となった子どもたちの英語力を保つ方法を日々模索中。

カテゴリー

最新記事

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。