あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

けせらせら、転勤族の妻、子育て迷走日記

【大掃除】効率よく時短のコツは『ぞうきんは使わない』

先日のこと。
職場で上司に、

「大掃除をしましょう!」

と言われ、

「はい。あ、でも、ぞうきんはいやです。」

と言い、確実にあきれられたであろう
オオコウチです。f(^^;

こんにちは。

 

IMG_1310

 

ぞうきん嫌い

ずばり、

 

ぞうきんが嫌いです。

 

ぞうきんを洗うのも嫌いです。

 

だって...

 

掃除とは、
汚いところを綺麗にする作業。

それなのに、

ぞうきん拭きすることで
かえって雑菌を広げてしまっている。

と思うから。

 

ぞうきんって、
頑張って洗っても
どうしても雑菌だらけなんですよね。

(清潔だと思いこみがちだけど、
カビや雑菌だらけの台所スポンジみたいに)

 

それに、
掃除をするのに、

ぞうきんをせっせと洗う時間が
もったいない

と思うから。

 

ぞうきんを洗う時間があれば
別の場所の掃除ができますもの~。

 

ワタシ流、効率の良い「掃除」

そんなワタシ、
ぞうきんが必要な掃除には、

 

(1)市販の使い捨て掃除シートを使う

(2)古タオル、古着など捨てる予定の布を
切って使う(使い捨てる)

 

市販の使い捨てシートは
毎日のちょこっとした掃除に使います。

除菌できるタイプだと
特に風邪の流行る時期は一石二鳥ですよね。

 

IMG_1313

 

古布の活用は、そもそも、
もったいない精神からのリユース。
しっかり床拭きなどの掃除をしたい時に
使っています。

 

まだまだ子育て真っただ中なので
子どもが成長して着れなくなった服など
毎シーズンかなりの量がでてきます。

 

そんな使い古しを
そのまま捨てるのはもったいない。

使いやすいサイズに切って
拭き掃除で最後まで使い切って。

そして最後に感謝の気持ちを込めて
捨てることにしています。^^

 

古布は毎日の台所でも大活躍

少し話はそれますが、
我が家のキッチンに常に置いてあるのが
20センチ四方ほどの大きさに切った古布。

 

IMG_1311

 

フライパンの残り油など
調理後のフライパンがまだ暖かいうちに
この古布でさっと拭き取れば
後で洗う時も簡単で水も節約で省エネ。

 

カレーや油汚れが多いお皿も
スポンジ洗いをする前に
さっと古布でふき取ると
食器洗いが簡単で短時間で済みます。

 

キッチンペーパーでもいいけど
古布を再利用するのが
もったいない精神のワタシ流です。

 

迷いの中で背中を押された言葉

とは思いつつも、
ぞうきん嫌いを明言することは
あまり芳しくないってことは
周りの反応を見ていればそりゃわかる。

 

だから理由(←自分の中で正当な)を
説明するんだけど、
説明すればするほど
墓穴を掘っているような気持になるというか。^^;

 

そんな時に、救世主現れ、
どーんと背中を押してくれました!

 

それは、ミリオンセラー作家
グレッチェン・ルービン氏。

彼女が執筆したの本、
『人生を変える習慣の作り方』に
書かれているこちら。(214ページね)

 

“その習慣を続ける必要がそもそもあるのか
ということをまずは考えるべき”

 

“無意味なことでも簡単にできることだと
つい時間を使ってしまう”

 

“最大の時間の無駄は、
する必要のまったくないことを
丁寧にすることだ。”

 

うんうんうん!!
わかるわかる!!

 

たぶんね、彼女は
もっと深い話をしているのでしょうけど、

これ、ワタシの中では
ぞうきんの話にしか思えなかった!!

 

ありがとう、グレッチェン!!

 

さっ、大掃除、
効率よく頑張りましょう♪

 

関連キーワード

関連記事

プロフィール

大河内えりな

大河内えりな

千葉県

夫・タイ生まれの娘ウメちゃん11歳(小5)・日本生まれの息子タイくん8歳(小3)と4人暮らし。父も夫も転勤族で、国内海外問わず引越し続き。現在は『帰国子女』となった子どもたちの英語力を保つ方法を日々模索中。

カテゴリー

最新記事

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログランキング「グッズ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。