あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

けせらせら、転勤族の妻、子育て迷走日記

ハロウィーン当日の注意事項

このハロウィーン記事、書いていたのに公開するのをすっかり忘れてた...ギリギリセーフかなっ(汗)!?

タイくんの保育園からもらってきた雑誌(←小さな子供を持つ親向けの雑誌ね)に、トリック・オア・トリートに行く際の注意事項が書いてあったので紹介しますね。

 

 

■ 出かける前に

・懐中電灯を準備する
・できるだけグループになって、大人が付き添うこと
・交通安全に気を付ける(反射板のついた服を着るなど)
・どこのお宅に行くか計画をたててから行く

 

■ 子どもに教えておきたいマナー

・「ありがとうございます」と、ちゃんと相手に聞こえるように言うこと。
・頂くキャンディは控えめな量にすること(1,2個程度)。手のひらいっぱいは多すぎです。他にも子どもたちがキャンディをもらいに来るということを忘れずに。
・期待していたものでないものを頂いた場合でも「こういうの欲しくないんだけどなぁ」と悲しそうな顔はしないこと。

 

ちなみにアメリカでは、子どもたちがトリック・オア・トリートをしに来てもいいよというお宅は、玄関ポーチの電気がついているそう。
逆に、玄関ポーチの電気がついていないお宅には行ってはいけないそうです。気を付けなくっちゃ。

 

■ コスチューム

コスチュームは需要が多いので、こちらではいろいろな種類のコスチュームを手ごろな値段で探すことができます。

ウメちゃんとタイくん、今年は消防士のコスチュームにしました。

 

コストコでお買い上げ♪

 

コスチュームについても、「親がちゃんと教えるべきこと」として雑誌にも書かれていました。
こんな風にね(笑)↓

 

「怖いメークアップや軍服はいいけど、銃とかビスチェ(女性下着みたいなもの)はだめ。」

 

小さな子供がまさかそんなコスチュームを着るとは思えないけど(苦笑)...まぁ、どうもティーンエイジャーになってもトリック・オア・トリートする子たちがいるそうなのです。

 

「トリック・オア・トリートをしてもいい年齢って言うのはもちろん公には決まってない。ただし、小さな子供たちが大人と一緒にトリック・オア・トリートをするのをお勧めする。」(地元警察署談)

 

「マスクをしたティーンエージャーたちがドアの前に立っていたら、ホント馬鹿げてるって思うか、正直、怖すぎるってば!
でも、一応はキャンディーをあげるけどね。まぁ、ティーンエージャーたちにとっても小さな子供たちと同じように楽しいイベントなんだろうとは思うわ。小さな子ども時代の名残みたいな感じでね。」(某新聞のWeb)

 

「ティーンエージャーたちが9時過ぎまでトリック・オア・トリートをしにベルを鳴らすの!だから遅い時間になったら電気を消すのよ。」(ご近所ママ談)

 

■ 子どもたちに渡すトリート

食べ物のアレルギーや好みもあるので、お菓子ではなく、小さなおもちゃとか、鉛筆とか、先のとがっていないものを渡すケースもあるそう。うーん、アレルギーとかじゃなくても、子どもの歯や健康の事を考えると、砂糖や着色料いっぱいのお菓子じゃなくてもいい気がする、うん。。

それと、ご近所ママさんからもこの話は聞いたんだけど、子どもたちが異物混入キャンディをもらったとかっていう話があったりするんですって。都市伝説みたいな感じでよくそういう話が出回るらしくって。ただ、実際にそういうことが起こったという証拠はないそうだけど。

でも、英語のおばあちゃん先生曰く、

 

「キャンディーを準備するなら個装パックになっているものね。そうじゃないものは家に戻ってから親が選別して全部捨てることになるわ。」

 

なるほど。

 

個装パックになったものを準備
2.27kg入り!(←コストコ...笑)

 

それから、英語のおばあちゃん先生、先週のレッスンでこんな怖いことも言ってましたよ。。

 

「先日見た新聞で、見た目は全く同じ2つのキャンディーが並んでいたの。1つは本物のキャンディー、もう1つはマリファナでできた“キャンディー”だったのよ。」

 

と。それから、

 

「知らないお宅にトリック・オア・トリートはしに行かない方がいいわ。でもまぁ、いろいろな親の考え方があるから、何とも言えないけど、私だったら行かせないわ。」

 

年の功?なんか、怖いこと言うなぁ...。

でも、さっきの雑誌にも警察署談として、

 

「トリック・オア・トリートに行くのではなく、動物園とか教会、学校、ショッピングモールに行くことを検討して欲しい。」

 

って書いてあったりして。

ハロウィーンは色々な意味で怖いイベントのようです...。

 

いらっしゃいませ~

関連キーワード

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。