あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

アラフォーママのプチトレ日記

小学校の宿題を自主的にする方法(うちの場合)

小学生になり、幼稚園・保育園と違うことと言えば宿題

プリントやドリル、音読など毎日のようにあり
最近では自主勉と言う宿題もあり
私が子どもの時とは大きく違うと感じます。

なるべくなら自主的にしてほしい宿題
毎日「宿題しなさい!」「宿題した?!」
と言いうのも、なかなかの動力ですよね。

今回は、実験的に行ってみた「うちの方法」をご紹介したいと思います。

「プリント」や「ドリル」の宿題

目に見えて宿題があると分かる「プリント」「ドリル」


家に帰ったらすぐにする!
そのあとは自分の好きなことをしてよし!


と言うルール作りを小学校一年生の時にしました。
一年生になりたての時は、やはり「宿題した?」と言う声掛けを毎日のようにしていましたが、小学校三年生になった今は、「自分の好きなこと」がはっきりしているので、学校から帰るとすぐにするようになっています。

「音読」はクセモノ

宿題に「音読」と言うのがあります。
国語の教科書を読んで、お家の人に聞いてもらう
と言う宿題です。

これが毎日あるのですが、親としても忘れてしまいがち・・・
「毎日のことなんだから」と思いますが、つい用事をしていると声掛けも忘れてしまう宿題です。

これは一年生の時に私も忘れることが多く、
二年生の時も毎日はできなかったので、週末に「二日分まとめて」なんて言う時もあり

どうにか自分から「音読」とカードを持ってきてくれることはできないか?!

と考えた結果。
親のサインを工夫することにしました。

「音読」親のサインを頑張った結果

「音読」の宿題には、カードに親のサインを書く欄が設けてあります。
ここに、息子の好きなポケモンのイラストを描いてみることにしました。

【1日目】書きやすいポケモンを携帯で検索して書いてみました。
\息子大喜び!!!/

【2日目】今日も書いて欲しいと息子から「音読」の宿題をもってきました。

【3日目】パパに聞いてもらったようですが、サインはママが良い!と私の帰りを待っていました。

【4日目】書いてほしいポケモンのリクエストを言ってくるようになりました。

【5日目】もうこの時点で、息子自ら「音読」を聞いて欲しいので自主的に持ってくるようになっています。

【6日目以降】書いてほしいポケモンを先にリクエストしてから「音読」開始

以後、私が「音読した?!」「音読は?!」と言うことなく、自主的にするようになりました。

自主的にの目標は達成した。けど・・・

母の描くポケモンイラストがまさかの効果を発揮し
クセモノだった「音読」を自主的に行ってくれるようになりました。

が・・・

息子の描いてほしいポケモンが難しくなってきたのも事実です(苦笑)

手描きのイラストでなくても、好きな「シール」だったり、「マーク」だったり
子どもに興味を持たせることで、


自主的に勉強する


が身につけばよいかなっと考えます。

子どもは勉強をするのが仕事とは言うものの
親が努力する姿を見て、子どもも頑張るのかも?!


∇▼∇こちらも遊びに来てね∇▼∇

アラフォーからの初めての子育て
インスタグラム

関連キーワード

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。