あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

毎日すくすく!知育と鉄旅、ときどき防災

【ダイソー】トラベルタグをちょいアレンジでまいご札に【防災】にも

というわけで、今回は、ダイソーの商品を使った、迷子札の作り方、活用の仕方をご紹介します。
この迷子札、
*服にもカバンにもつけられる
*子供のプライバシーを守りつつ、いざという時には必要な情報を確認することができる
*水に強い
*簡単に作れる
*災害時に必要な情報を子供の身につけておける(防災対策になる)
↑こんなメリットがあります!

用意する材料は
*トラベル用のネームタグ
*バンドクリップ
*紙(もともとトラベルタグに付属のものでも可)1〜2枚
です。

作り方

早速作っていきましょう。

・タグをカットする
・タグの付いていた部分に、バンドクリップをはめる
・用紙の表裏に、それぞれ必要事項を記入(例を写真に参照)
・「まいごふだ」と記入してある方を見えるように入れる

完成!

タグは切ってしまいます!

そこにバンドクリップをパチンッ

完成

まいご札記入例

おもてには、名前などを書かず、「まいごふだ」「防災名札」などのみ記入することをおすすめします。

裏には、名前、連絡先など、迷子になった際、もしくは災害に巻き込まれた際に必要な情報を。

また、配慮が必要なことがある場合、もう一枚、紙を用意し、大きく書いておくのもよいです。
これは、緊急時には一番表にして、タグ自体も用紙の入っている面を見えるようにすることで、「要配慮者カード」として活用することが出来ます。

おもて

うら

要配慮事項を書いたカードを入れておいても。

使い方

この「まいごふだ」、活用の機会がないのが一番ではありますが、実際に、旅先のバスに子供のリュックをタグ付きの状態で置いてきてしまった際に、なんとご連絡をいただけ、おかげさまで、その日のうちに戻ってきました。

人混みに入る際には、服のポケットなどに引っ掛けておくと、ネームタグのデザインが目立つので、ちょっと地味なカラーの服を着せてきてしまった日も、すぐに分かります☆
安全ピンや紐だと、外れてしまうリスクは下がりますが、子供が怪我をしてしまう恐れがあるため、安全性第一で、このクリップを使用することにしました。ただ、やはり服に付ける際には落とすこともありますので、使い方によっては、安全ピンや紐も併用するのもいいと思います。

また、リュックやバッグにつける時には、クリップではなく、スナップの部分で留めれば、落ちませんよ☆

日常では可愛い目印に、迷子や荷物の紛失時には子供が話せない部分を補う迷子札に、そして、非常時には、要配慮者カードに、と、とても役にたちますので、是非、お子様と一緒に作ってみてください。

リュックにぶら下げる

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

ゆい

ゆい

東京都

夫、長男3歳(幼稚園・年少)
鉄道大好き息子と鉄活の日々!!防災コーディネーター。整理収納アドバイザー2級。読み聞かせサークル。知育おもちゃ作りが趣味です。

カテゴリー

最新記事

2019年08月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。