あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

スポーツ観戦マニアが子育てしたらこうなった

奈良県警の第6期チーム「キッズポリス」募集中!

娘(5才)が奈良県警のチーム「キッズポリス」に登録して、第5期メンバーとして活動しています。
つい先日、第6期募集のチラシが保育園に置かれていました。
今後応募される方の参考になるように、娘がオーディションを受けてチーム「キッズポリス」になるまでの話を記事にしたいと思います。
※一部私の推測があり、実際は違う場合があるかもしれないことをご了承ください。
20181221_200317

「キッズポリス」とは?

奈良県警が関わる啓発活動に参加する子どもたちのことです。
犯罪被害を防止するキーワード「いかのおすし一人前」にちなんだ奈良県警オリジナル曲に合わせて、イベントでダンスを披露するのが主な任務です。
イベントでは警察の制服を着用するので、保護者としてはかわいい子どもの制服姿を見られる貴重な場でもあります。
娘がもっと小さい頃に奈良少年刑務所の矯正展に行ったとき、子ども用の制服を着せて頂いたことがありました。
「キッズポリス」の募集を見て、娘に「またおまわりさんになれるよ~」と声かけすると、とても喜んでいました。
あの制服姿がまた見れるなんて嬉しい!

「いかのおすし一人前」とは?

「いかのおすし一人前」とは、犯罪被害を防止するキーワードを並べたものです。
奈良県警オリジナル曲の歌詞から抜粋するとこんな感じ。

知らない人にはついて「いか」ない
知らない人の車には「の」らない
怖いときには「お」おごえを出そう
「す」ぐににげて
大人に「し」らせよう
「一人」で遊ばない「一人」にならない
出かける「前」にはおうちの人に伝えよう誰とどこへ行くのかを
守ろう大事なお約束

本当に子どもにしっかり伝えたいことばかりです。
この曲にはダンスがついていて、奈良県警のホームページで動画が公開されています。
こうやって歌とダンスにすることで、防犯キーワードを覚えやすくなりますね。

「キッズポリス」募集要項

2019年4月から始まる第6期チーム「キッズポリス」の募集が始まっています。

対象:奈良県内在住の4~7才の子どもたち(新年度に年中~小学校2年生)
任期:その年の4月から1年間
応募方法:往復はがきにて県警本部の担当課所まで
正式な登録には、2019年2月24日(日)に開催されるオーディション(!)への参加が必要です。
詳細は上記のリンクをご覧ください。

オーディションには準備が必要

オーディションに参加するなら、ご家庭で「いかのおすし一人前」のダンス練習が必要です。
オーディションでは数人ずつ大ホールの舞台に立つので、周りの子が元気よく踊るなか、一人だけまったくダンスをわからないままだと流石にかわいそう。。
とはいえ、娘も私もダンス初心者なので、正直ダンス練習が1番心配でした。
初めて動画を見たとき、「やばっ、難しいかも」とフリーズした私が、ダンスなど教えられるのかとにかく不安。。
それでも、とりあえず曲を知っていて、なんとなくの動きがわかるようにはしておいてあげたいと思いました。
が、そんな心配は杞憂でした。
この曲、作詞もそうですけど、作曲した人天才やな~て思います。
奈良県警のホームページの練習用動画には職員の方が出演されていて、曲の演奏も奈良県警のブラスバンドと思われる手作り感がすごい!
ノリノリの音楽なので、すぐに歌とダンスを全部覚えちゃいました、私が;
私が娘に教えて、娘もなんとな~くは踊れるように。
ちなみにダンス練習は1週間あれば十分でした。
ちょうどオーディションの1週間前が保育園の生活発表会で、その出し物と混乱しないよう発表会後の短期間で練習しました。
20181225_234035

オーディションは全員合格、でも人数制限あり?

最初「オーディション」と聞いて、不合格になってダンス嫌いになっちゃったらどうしよう~て思いました;
ただでさえ娘はダンス初心者ですから。
でも、オーディションといっても恐れることはありませんでした。
実際には、当日オーディションに参加した子どもたちは全員合格という登録会のようなもので安心しました。
例年、参加者全員が合格していることは、キッズポリスの過去のオーディション記事を見て頂けば確認できます。

ただし、募集要項にも書いてあるのですが、オーディションに参加できる定員が150人とのことです。
応募数が150人を超えた場合はハガキの時点で抽選になる旨が書いてありました。
ちなみに2018年度(第5期)は、オーディションのエントリーナンバーが140何番かまでだったので、ギリギリ抽選はなかったのかなぁと思いました。
実際には当日欠席する子もいるので、150人を大幅に超えなければ欠席を見越して全員参加となるかもしれません。
2018年度(第5期)はオーディション当日に会場に来た121人全員が合格となりました。

オーディションはどんな感じ?

前回のオーディションは約10名ずつ大ホールの舞台に立って、「いかのおすし一人前」のダンスを踊りました。
20181226_230220
まったくダンスがわからずに困惑するような子はいなかったように思いますので、多かれ少なかれ各ご家庭でみんな練習をしてきたんだなぁと思いました。
全員合格とはいえ一応オーディションなので、表彰もあります。
奈良県警の職員(署長クラスの方だったかなぁ、とちょっと曖昧ですが)が審査をされます。
最優秀賞、優秀賞、敢闘賞、特別賞と8名の子どもたちが表彰されました。
娘は横の子を見ながら踊っていたのですが、なぜか自分が最優秀賞に違いないとまさかの自信満々でした;
表彰された子どもたちが最後に舞台上で「いかのおすし一人前」を踊るのですが、自信にあふれ本当にすごく元気でした!!!
表彰された子は、昨年から引き続き参加している子が多いのかなと思いました。
いつか娘もあれくらい元気よく踊れるといいなぁ。
というわけで、晴れて「キッズポリス」の一員となりました。

【おまけ】証明写真の準備に便利な・・・

オーディションには子どもの写真(証明写真サイズ)を持って行くのですが、オーディションが終わるとその場で、写真を入れたチーム『キッズポリス』証がもらえるのです☆
20181226_220948これは嬉しい(*>∀<*)
でも、証明写真を撮りに行かないとだめかしら?と思っていたとき、こちらのあんふぁんブログが役立ちました!
以前、警察官の制服を着たときの写メをコンビニプリントして持参することができました^^

【関連記事】
【レポ】奈良県警のチーム「キッズポリス」~第5期がんばりました~

関連キーワード

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。