あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

北大阪発★名所たずねて三千里

梅の香りに包まれて…春を告げる第16回大和郡山盆梅展【お花見】

こんにちは。昨日は雛まつりでしたね。わが家もちらし寿司と入手できなかったハマグリの代わりにアサリと菜の花の潮汁でお祝いしました。

日中は少し暖かくなってきて、春の訪れを感じるこの頃。

ポカポカ陽気に誘われて、奈良は大和郡山の盆梅展に行ってきました。

盆梅展は長浜のものしか行った事なかったのですが、大和郡山でもやっていたんですね!

 

近鉄大和郡山駅から徒歩10分、郡山城跡で開催されています。

お堀沿いに歩いていくと、追手門に到着。こちらの門は昭和58年に市民の手で再建されたそうです。

会場付近の公園にも梅が咲いていました。

私が行った2/24も種類によっては八分咲きのものがあり、見応え十分。

こちらが入り口。大人450円(前売り400円)。

60歳以上は100円引きのサービスがあり、小学生以下は無料。

会場はお城の櫓部分です。靴を脱いで袋にいれたらいざ入場!

足を踏み入れると、鉢がずらり。大きさ、色も様々です。

自然と人の手で造られた芸術作品。武将の名を冠したものがいくつかありました。

こちらは大和盆梅展の顔といわれる「悠妃」。

1本の樹から紅白の花を咲かせるものも。

なんともいえないうろ部分の流線的なフォルム。

柔らかな梅の香りに包まれて作品をじっくり見ていると、知らぬ間に幽玄の世界に取り込まれてしまいそう。どこか恐怖めいた甘美な空間とでもいいましょうか、たまたま通路に一人きりになったタイミングでふと我に返ると少しドキッとしてしまいますね。

 

出口前の広場では猿まわしをやっていました。(土日のみ)

うちの娘より小さい2才の女の子のお猿さん。

演目中にこっそり毛づくろいをしては注意されている姿がとても愛らしかったです。

お茶の振る舞いや団子などを売っている売店もあり、くつろげるスペースとなっていました。

公式サイトによると、現在は盆梅会場内・しだれ梅林ともに満開だそうでまさに見頃なようです。

3/10までやっていますので、是非是非足を運んでみて下さいね♪

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

山根美佳

山根美佳

大阪府

夫・息子4歳(保育園・年中)・娘2歳(保育園・2歳児クラス) 
おでかけ大好き!な2児の母。「親子で楽しむ♪」をモットーに公共交通機関を駆使してジャンルを問わず様々なイベントに参加。 日帰りで楽しめる子連れスポットや四季折々の名所を紹介いたします。

カテゴリー

最新記事

2019年07月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。