あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

北大阪発★名所たずねて三千里

【子連れ登山】芦屋ロックガーデン~六甲最高峰~有馬温泉

こんにちは。豆腐は絹派、肌着は綿派、山根です。

風薫る五月、暖かく爽やかな空気が気持ち良いですね。

 

新緑に誘われて、4歳と日帰り登山に行ってまいりました。

今回は阪急神戸線・芦屋川駅からスタート。まずは駅の北側へ。

IMG_4912

駅からすぐの芦屋川沿いをひたすら山に向かって歩きます。

IMG_4913IMG_4914

立派な邸宅が立ち並ぶ高級住宅街を通り抜け…高座の滝方向へ。

IMG_4916

舗装された道ながら、徐々に傾斜が出てきます。駅から30分ほどで芦屋ロックガーデン入口に到着。

IMG_4918

茶屋を過ぎるとすぐに高座の滝。マイナスイオンが出ているような気がしますね。

IMG_4919

さて、ここからいよいよ山登りスタート。

IMG_4923

開始早々名前のとおりの結構な岩場。ウォーミングアップにもってこいです。

4歳も手足をフルに使って岩をよじ登って行きます。

IMG_4926IMG_4925

岩場が終わると日陰の山道。

IMG_4931

見晴らしのいい風吹岩に到着。ここに来るまでにイノシシ注意の看板がいたるところにあります。

IMG_4932

特にここ、風吹岩はハイカーがお昼休憩をとることが多いためかイノシシ遭遇率が高いです。

ほらね…

イノシシがあらわれた!

IMG_4934

イノシシに会ったら刺激しないように距離を取りましょう。子供には口酸っぱく絶対に近寄ってはダメ!と言い聞かせましょう。

一見のんびり見えても野生の獣で、非常に危険です。リュックサックも決して地面に置いてはいけません。

私は過去にこの場所で不用意にイノシシに近付き、リュックを強奪された山ガールを目撃したことがあります…。

IMG_4933

イノシシがいたので、美しい景色もそこそこにさっさと先に進むことに。

地下水が湧き出てせせらぎになっているところも。

ここらの湧水は一見キレイですが飲用には適さないようです。

IMG_4935

要所要所で道標を見て距離を確認。

IMG_4936

途中でゴルフコースを横断する際は門を開けて進みます。

IMG_4937

雨ヶ峠にて、色々なコースが書かれている看板。ほかのコースも気になります。

今回私たちは上から2番目のコース。

IMG_4938

整然と枝打ちされた木々がキレイだったり、

IMG_4939

足を滑らせて落っこちそうなところは抱っこで一緒に越えて行ったり。

IMG_4940

本庄橋跡。

IMG_4942

結構汗をかきます。適宜休憩をはさんでこまめに水分補給。

IMG_4945

道中、ヤマツツジや藤が咲いていました。

IMG_4947IMG_4944

ようやく一軒茶屋。ここまで来れば山頂は目前です。

IMG_4964

キンと冷えたかき氷とサイダーで一休み。火照った体に染みます。

IMG_4950

丁度水分が無くなったので自動販売機で補給。向かいにトイレとゴミ箱もあるので助かります。

IMG_4963

一軒茶屋向かいの坂道をずんずん登っていくと、5分ほどで山頂です。

ハイ登頂!学生グループに取り囲まれているせいか妙なポーズ。

IMG_4961

阪神大震災で地面が隆起して、震災以前より少しだけ高くなったそうです。

IMG_4952

尾根づたいに見える建造物は六甲ガーデンテラスでしょうか。

IMG_4953

頂上の景色を楽しんだあとは有馬温泉へ向かいます。魚屋道へGO。

さあゴールまであと一息!

IMG_4965

木陰の中、なだらかな下りが続きます。

IMG_4966

有馬までは分かりやすい1本道。分岐もしっかり看板が立っているので迷うこともありません。

IMG_4968

ゴーーール!温泉街到着。

アイスやおもち、炭酸せんべいなどが軒先で売られていて食べ歩きも楽しそうです。

IMG_4970

本来はここでゆっくり温泉に浸かりたかったのですが、バスの時間の関係で今回は見送り(泣)

混雑の苦手な私おすすめの日帰り入浴は有名どころをあえて外すことです。

日本三名泉としても名高い金泉銀泉、芋洗いではなくゆっくり浸かりたいじゃあ~りませんか。(失礼)

少し外れにあるお宿など、時間帯によってはほぼ貸切状態な事もありますのでのんびりできますよ。

帰りは阪急の直通バスでゆったり帰途。梅田なら1時間、大阪国際空港まで約35分です。

IMG_4971

参考までに、私たちは10時に芦屋川を出発、休憩やランチタイムを50分ほど取り、有馬温泉に15時50分に到着しました。

今回はその後の予定があって温泉街ではゆっくり出来なかったのですが、次回また違うコースでリベンジしたいと思います。

市街地からのアクセスが良く、日帰りで山の魅力が十二分に楽しめる六甲山系。

難易度、高さ、距離など幅広く色々なコースがありますので、天気のいい日に是非親子で登ってみてくださいね!

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

山根美佳

山根美佳

大阪府

夫・息子4歳(保育園・年中)・娘2歳(保育園・2歳児クラス) 
おでかけ大好き!な2児の母。「親子で楽しむ♪」をモットーに公共交通機関を駆使してジャンルを問わず様々なイベントに参加。 日帰りで楽しめる子連れスポットや四季折々の名所を紹介いたします。

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。