あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

可愛く上手にやりくり!ママtime☆

【節約術】公文式学習を自宅で取り入れるポイントは?

子供の習い事として、常に人気上位にランクインしている“公文式”。

公文式の特徴は、先生から教わるスタイルではなく、あくまでも自学自習が基本。教室に通う生徒達を見ていても、一人一人が黙々とプリント学習に取り組む姿が印象的です。

一教科7,020円(2018年10月より)する公文式。二教科習おうとすると、月に14,040円を教育費として捻出しなければなりません。

 

そんな自学自習の公文式。

自学自習ならば、自宅でも取り入れるのではないか?そんなことを思い、我が家では年中さんの娘の学習として、2年前から少しずつ”公文式ドリル”学習を取り入れています。

2年続けた結果や、”自宅での公文ドリル学習”をやるポイントをお伝えします。

公文式ドリルと公文式プリントの特徴

637BC2CB-4DD7-405D-8DB1-C86CF8CC5891

“公文式プリント”も”公文式ドリル”も、ヒントの出し方などはよく似ています。

内容の違いとしては、公文式のプリントは、時間を計って書くスペースがあること。

85A31257-7227-433C-B535-E637DF78751F

正解数をあげることも大事ですが、時間を計って早く正確に解くことが大事。

公文の先生は、正解数と時間から次のステージに進ませるかどうかを判断します。

一方、ドリルには時間を書くスペースがありません。

 

自宅でも公文式を取り入れるには?

そのため、我が家では公文式ドリルを学習する際は時間を計るようにしています。

5EEDE3E7-798D-4660-AE4E-5A82C79220FA

公文の先生のよう、、、にはいきませんが、「昨日より早くなったね!」などの声かけを子供にできるし、何よりも子供が時間を意識して集中して学習に取り組んでくれるようにしました。

時間がかかってしまった場合は、少し難しかったのかな?と判断し、もう一度同じドリルに取り組ませてみたり。

ただドリルをやらせるだけでなく、ママが子供の学習ペースを決めてあげることが自宅学習では大事となります。

2年間続けてみて・・・

初めは鉛筆の持ち方から公文式ドリルで学んだ娘も、年中さんでは足し算に突入。

BE6E4496-64DE-485A-9C26-1C8222BEED81

通学よりも、ママにとって負担は大きくなるかもしれませんが、学習を共にすることで子供達の学習状況をしっかり把握できます。

そして何よりも、節約っ!になります。

通学させたい気持ちはありますが、我が家はもう少し大きくなってからでもいいかなと考えています。

それまでの簡単な学習に関しては、親子で自宅学習として取り入れてみるのもオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

さあこ

さあこ

千葉県

夫、長女6歳(幼稚園年長)、長男2歳(幼稚園年少)、次男0歳
頑張りすぎないお家の5s活動。可愛いおもちゃや育児グッズ探し。千葉県初のリボンローズ講師。

カテゴリー

最新記事

2019年10月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。