あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

3姉弟と過ごす「楽しむことを学ぶ」生活

ステロイド軟膏による副作用。

ママ達は比較的、ステロイドについて知識をお持ちの方が多いと思います。
アトピー性皮膚炎にお悩みの方も。
私は子供を産んで、乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹と思われていた症状が食物アレルギーによるものt診断され、弱いステロイド軟膏を処方されたことで初めて認識したように思います。
実際は皮膚科さんの処方箋薬局で医療事務をしていた経験があるので、お薬は色々目にしてきました…しかし、使用方法や副作用は実際に使用してみないとわからないですし、副作用は経験して初めてわかるものだと、最近実感しています。
ステロイド薬ではないヒルドイドは長く母子ともにお世話になっている軟膏ですが娘が処方を受ける際に、子供のお薬を美容にいいからと多くのお母さんたちが使用して、処方に制限がかかったと数年前に医師から言われ…正直、私は娘に使うこと以外に使用しておらず、塗る際に手に着いた残りをのをそのままハンドクリーム状態に使ったことすら責められてた様で…なんとも悲しい気持ちになった記憶がありますが、多くの美容雑誌で取り上げられていますし、今は私も皮膚科で写真のヒルドイドを処方されています。

ステロイドの副作用とは…

顔に酷い湿疹ができ顔が血だらけになった赤ちゃんの娘を皮膚科で診てもらった際に掻き壊さないように手を縛るように医師から指示を受けて、出されたのがステロイド軟膏でした。使用に関しては丁寧に説明があり、使用期間、使ってはいけない期間をしっかりと教わり、使用方法を守って使ったので、副作用を感じたことはなかったのです。
ステロイドは凄く肌をきれいにしてくれるんです。だけど期間を超えて使わないで本当に良かったと思っています。
娘はお薬を使わないでもいられるほど肌が強くなりました。

ステロイド軟膏の副作用を私自身が経験。

ちょうど2年ほど前から肌荒れが気になり、また、メイクをしてもらうお仕事が増えたことから、肌を綺麗にしたくて、皮膚科さんを色々と変えて色々な事を試しました。ビタミンC点滴を受けたら綺麗になれる…と思い込み受けてみたり…その時は医師に肌は綺麗にならないと言われました…。
そのうちに弱いステロイドを処方され、娘が使っていたこともあり、すっかり副作用なんて考えずに使用しました。
しかし、これが悪かった…
綺麗になった肌が嬉しく、頻繁にステロイドを使用しました…
使わないとブツブツと出てきてしまうので出ては塗るを繰り返し、医師からも特に副作用については言われないまま…そしてついに顔がパンパンに腫れて、赤みブツブツが顔面中に出来てしまうようになり、「酒さよう皮膚炎」と診断されました…ステロイドの副作用です。
そして、どんなに悪化してもステロイドはもう使えませんと言われました。
内心…
え…仕事はどうすればいいの…この顔じゃ出来ないし…キャンセルもできない…と焦りましたが、とにかくステロイドは使えない。
その代わりにプロトピック軟膏というのを処方され、3か月位そちらを使い、最近は脱お薬と思って塗らないようにしています。
副作用の説明がとても怖くて…
ステロイドも用法をしっかり、ちゃんとした医師の元、処方されて使用すれば娘の時みたいに安心して使える良いお薬なんです。
しかし、まれに私みたいに悪循環に陥ってしまうケースも少なくないのでは…。
お薬の使用方法については本当に慎重にを心がけていきたいと思います。
疲れていたり、身体が弱っている時、これから乾燥による肌荒れも出てきますよね…肌のケア、親子で安全に行いたいです。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

兵頭祐枝

兵頭祐枝

東京都

夫、長女9歳(小3)、長男6歳(幼稚園年長)、次男4歳(幼稚園年中)
朝は4時5時から朝活!愛情を込めたお弁当づくりと自分を大切にする時間!毎日を大切に、学びの日常。

カテゴリー

最新記事

2019年11月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング「ビューティー」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。