あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

好奇心が毎日をHappy&Smileに♪

【予防歯科】だ液検査で虫歯のリスクを知る!予防で未来が変わるかも?!

こんにちは、くみぃです。

去年、娘が唇を怪我したとき
歯医者さんで予防歯科の話があり、予防歯科健診をうけることにしました。

ちなみに、我が家は娘も息子も1才くらいから歯医者さんには
数ヵ月に1回定期健診にいって、フッ素を塗ってもらってます。

それのおかげか二人とも歯医者さんは好きなようで今のところ嫌がらずにいってくれます。

歯は永久歯になったら一生ものですよね。

そもそも虫歯はなぜできる?

yobosika4

この予防歯科をうけるきっかけになったのは年長の娘。
娘には前歯に虫歯があります。
前歯なので抜けるまで様子見なのですが
奥にも1つ小さななりかけがありそこは前に軽く削りました。

息子は小学校2年生ですが虫歯ができたことがありません。
おまけにまだ歯が1本も抜けてなくて乳歯のままという珍しい子。
ちょこっと下からやっと永久歯が出てきたけど、歯並びが気になる位置。。
だいぶグラグラしてるからもうすぐ抜けるかな。

この予防歯科はとりあえず娘がきっかけですが今後は息子も受けていきたいと思っています。

歯科衛生士さんから丁寧な説明をうけました。
子供にもわかりやすいように教えてもらえました。

虫歯菌は生まれたときから持っているものではありません。

一番の原因は親から感染すること。

ただ、その虫歯菌をもらって歯を守る力があるかどうかはその子次第。

同じ生活をしていたとしても人によって違うということ。

もちろん食べたあとの歯磨きとか状況にもよりますが

お菓子やジュースをたくさんたべてすぐ虫歯になってしまう子もいれば、
同じようにしていても全然虫歯にならない子もいる。

我が家でいえば、同じ屋根の下暮らしている兄妹だけど息子は虫歯がないのに、娘は虫歯がある。

そういうことです。

では予防歯科ってなに?

daeki1

虫歯になるリスクを調べて、適切な治療をしていくもの。

お口の中の状態を知り、それによって定期健診や治療メンテナンスを個人それぞれで行っていきながら、
将来的には虫歯が出来ない歯になること。

基本検査をしてそのデータから予防プログラムをつくってもらえるので
それにより、プラークの処理をしたり、フッ素を塗ったり。
歯の状態を最善にしてから、虫歯があったら虫歯の治療を行う。
そして個人に合わせて1ヶ月~6ヶ月に1度メンテナンスを行うといったものです。

娘は最初、歯科衛生士さんから虫歯のお話を直接聞き、歯の写真を撮ったり、
プラークの付着部分を染め出しでみてブラッシング指導も受けました。
息子は検査を受けてから歯の写真を撮ったりしました。

必要に応じて費用はかかるようですが、とりあえず小児医療保険内で出来ます。

だ液検査

こちらは保険は適用外なので自費です。
娘も息子もなので、3240円×2かかりましたが、
子供の歯のことを考えてお口の中の状態を知れるのはよいですね。

無味無臭の半透明のガムみたいなやつを噛んで唾液を出して採取します。
(息子曰くやわらかい餅らしい)

唾液の量、唾液の力、菌の量などわかります。

唾液の量と唾液の力は当日。
菌の検査は培養で1週間くらいかかるようです。

唾液の量は息子は多くて、娘は少ない(うまく出せなかったかも?)。
これは特に問題はないです。

そして唾液の力、酸性を中性に戻す力を調べられるのですが、
息子は力が早くて強くて、娘は力が弱くゆっくり。

結構ちがう!!

これが虫歯があるとないのちがいか?
こうやって歯の状態がわかるのはよいですね!

結果は??

年が明けて結果を聞きに歯医者さんに行って来ました。

なんと!意外とびっくりな結果でした!!

菌の検査したプレート見せてもらえるのですが、わたしがみても違いがはっきりわかる。
でも、まさか、真逆だなんて・・・!

●娘の場合

yobosika3

虫歯が見つかった娘ですが
まさかの!虫歯菌(ミュータント菌)がほぼいない?!
虫歯を進行させる菌(ラクトバチラス)も値が低い。
でも、娘の唾液は酸を中性に戻す時力は弱くてゆっくりです。
それが虫歯ができる原因になってるようです。
なので娘は引き続き気をつけていかねば。

この日前歯がすこし揺れていることもわかりました。
息子よりは年齢的に抜けるの早そうです。

●息子の場合

yobosika2

これまたびっくり!
息子は虫歯できたことがないのですが、まさかの!!
虫歯菌が多いー?!
でもラクトバチラスは値が低くて、唾液の力はある!
だからなのか虫歯がないようですが、歯科衛生士さんも今までないのは奇跡といってました。笑。
ちょっと怪しいところが1箇所あるみたいでそれはまた今度の健診で。

しかし、不思議です。
でも息子はリスクがかなり高いので本当に気を付けなければ!!

このグラフは大きいほどよくて、小さいほどリスクが高い。

この結果、定期的な健診とフッ素塗布をすること。
しっかり歯磨きをしてよごれを落とすこと。

あと効果的なのは歯科専用のキシリトールガムだそうです!

yobosika5

歯医者さんで売っている歯科専用のキシリトールガム!
市販のキシリトールガムとちがってキシリトール100%!
なので夜、歯みがきをしたあと噛んでから寝ると良いとのこと!
歯の汚れ(プラーク)にも効果的。
試供品いただきました。
ガム噛めない子はタブレットもあるのでそれでもよいですね。

子供たちの歯のためにできる限りのことやっていこうと思います★
主人も予防歯科に関しては賛成してくれてます。
先生に奨められて受けた予防歯科からのだ液検査だけど、やってよかったです!

予防歯科おすすめですよー!

お読みいただきありがとうございます。

関連キーワード

関連記事

プロフィール

kumiy

kumiy

神奈川県

夫、長男9歳(小3)、長女7歳(小1)
好奇心旺盛!色々な経験が感性を豊かに!手作り、おでかけ、好きな事、毎日親子で笑顔の生活!

カテゴリー

最新記事

2019年07月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。