あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

お出かけ大好き家族!どたばた家族日記

習い事の先生と子供が合わない時の対処法!

こんにちは!

時代が進むにつれて

いろーんな習い事が溢れている世の中、、

子供に良かれと思って始めたものの

そのスクールの方針や先生と合わなかった

経験ってありませんか?!

 

我が家は2回、経験ありです。

一つ目は、、

長男のインターナショナルスクールでした。

年中さんの途中まで普通の

日本の幼稚園に通わせていたのですが

ハーフな我が子にどうしても

英語を覚えて欲しくて、

ママ友に相談した結果、たどり着いたのが

インターナショナルスクールでした。

ただ、もう年中さんになっていたので

5歳から飛び入りできるスクールが

近場で一つしか見つからず、

まず体験をさせて、長男も

英語を覚えたい!とのことで

そちらに通わせたんです。

が、、

周りの子達は、3歳前後から

レッスンを受けて、

ある程度英語に慣れ親しんでいる子達。

英会話の基礎レッスンも

年中さんともなると少し

減っていたのか、

日本語禁止なスクールなため、

長男は英語吸収はあまりできずに

ふと日本語を話すと

「No Japanese!!」と先生や

お友達に注意され、時には

訳も分からぬまま

先生に大説教を英語でくらい、

「Time out!!」と言われ別部屋に

移動させられたり、

英語を好きになるどころか

憂鬱な存在に、、

週に一度ある英語で

自分のお気に入りのものを紹介する

コーナーのときも、

英語に関して全く自信を

なくしてしまい、

息子の出番は無言で

先生も生徒も5分程度

張り詰めた空気の中

前に立つ息子にただただ

プレッシャーをかけて

時が過ぎたり、、

 

最初はこれからどんどん

楽しく英語を覚えてくれたら

いいな♪と親子で楽しみにしていたのに

しまいには、息子はストレスで

お腹を壊してしまいました(泣)

そんなタイミングで我が家は

引っ越しがあり、

越した先の近所に

別のインターナショナルスクールを

見つけ、そちらに体験させたら

息子も楽しい!と大喜び!!

そちらのスクールは

基本的に日本語禁止ですが、

体調不良の時などは

日本語で話しても大目に見てくれたり

年問わず、小さい子から

年長の代の子達にまでわかりやすい

英語のレッスンが毎日ありました♪

私もその風景と

息子が英語に触れながら輝く

瞳をしている姿に嬉しくなり、

まだインターナショナルに

通いだして数ヶ月でしたが、

急遽また転園を決意。

 

そこから徐々に英語に

自信をもちはじめ、

楽しむようになり、

今でも英語には楽しく

触れ合ってくれるようになりました。

本当に英語に慣れ親しんで欲しいのとは

裏腹に英語を嫌いになりかけていたので

引っ越しを機に

息子に合うスクールへ

転園することができて

ほんとに良かったです。

 

二つ目は、、

次男のダンススクールです。

みんなキレッキレに踊るんですが

先生がかなり厳しいく

言葉もきつい、、(汗)

4歳から今まで1年間お世話になり

ましたが、ついこないだとうとう

次男が、

「先生、怖い、、」

元々大好きなダンスから

離れたがりだしました、、

ダンスを嫌いにだけはなってほしく

なくて、これまた急遽、

先生に事情を説明し、

スクールへ相談。

幼児クラスの先生がほんとに

厳し目なのですが

同スクールでも長男の小学生クラスの

先生がものすごく優しくて、

ダメ元で相談したら、特別にまだ幼児の次男も

受け入れてくれました!(嬉泣)

そして先週はじめて体験に行かせたら

すごく楽しかったようで家でも

自ら練習にとりくむとりくむ!!笑

今まで自主練すら憂鬱に

なっちゃってたんだなと痛感しました。

 

 

さて、タイトルの

「習い事の先生と子供が合わない時の対処法!」

の結果ですが、

合わないなら迷わず辞めさせて

他の手段をとって

親子共にもやもやしない環境へ移る!

 

のが私的には最もいい手段なのかなと

思いました!!

違う環境に移るのって色々

勇気や労力がいるし、、

色んな子に色んな合う合わないが

ありますよね。

厳しい場所でも耐え抜いて

プロを目指したいなら全力で

応援したいし、

私は何よりも楽しく上達して

欲しいんです。

私自身、昔11年間程、

水泳を習っていて選手コースまで

行って、大会にも出たりしたんですが、

タイムが伸びなかったり

負けたりするとただでさえ、

落ち込むのに、そんなことより

母親の激怒が怖くて怖くて、、

誰かに負けると髪の毛をひっぱられたり、

中学の応援団になれたときも

すごく嬉しくて報告したら

「何してんの?あんたは

水泳だけ考えてなさい。」

って、応援団を辞めさせられたり、、

もうただただ

水泳が苦の時間にしかならなくなって

いって、成績もみるみる悪くなり

クラスは下がり、親には怒られ、

水泳を嫌いになりかけて、

母親と大喧嘩してなんとか

辞めました。

色んな家庭があるけれど、

こんな思いだけは絶対に息子に

させたくなくて、

とことん好きなことに打ち込んで

負ける日があれば、

そんな日もあるよって

我が家を休める場所に

してあげたいんです。

休んだらまた頑張りにいって

くれたらそれほど嬉しいことは

ないです^ ^

そうなれるように今私が出来ることは、

子供に習い事を憂鬱にさせず、

楽しさと、頑張った時のやり甲斐を

経験させてあげる事!

まだまだ未熟母ですが、

最善を尽くせるように頑張ります!笑

子供習い事

インスタもやってるので見てね♪

Miku Sayson

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

鈴木未久

鈴木未久

千葉県

夫・長男7才(小学2年生)・次男4才(幼稚園・年中)
国内も国外もとにかく旅行やお出かけが大好き家族なので経験談を記しておきます。そして過去の育児苦労談や現育児談なども更新していきます!

カテゴリー

最新記事

2018年11月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。