あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

福岡発!育児スイッチON!OFF!兼業ママライフ

【ラン活】オーダーメイドランドセルが届いた!

福岡よりこんにちは。

我が家のラン活は4月に終わっていました。実物を見に行くことなく、ランドセルのスドウでオーダーメイドのランドセルを注文したのでした。

小さな革見本ではあまりイメージがわかないけれど、一か八かで注文!!

10月以降の到着だったはずなのに、もう届きました!

箱を開ける時のドキドキ感ったら、、、赤のランドセルを泣くほど欲しがっていた娘の反応はいかに?!

珍しいホワイトのランドセルです。

ランドセルのスドウ

赤のランドセルが良かった娘にホワイトのランドセル

前回の記事を読んでいただけると嬉しいのですが、娘は赤のランドセルが良かったのですが、私がホワイトのランドセルに一目惚れして、娘を説得して、納得させ、ホワイトにしたのでした。

なので、箱を開けて娘は気にいるのかドキドキでした。

結果、めっちゃ気に入ったー!!!!!白にして良かったー!!!

でした。

思ってたよりも生成りっぽいホワイトで、ゴールドの金具との相性抜群!!

中のピンクも落ち着いたピンクでめちゃ可愛い!!高学年でも使えそうな大人な雰囲気!!

6年間使う大事なランドセル、一か八かの大勝負に出たのですが、成功でした!!ホント、気に入ってくれて良かったー!!!

ホワイトにゴールド金具

中はピンク

背負い部分

前記事の早くもラン活終わりました!

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • kumanimoさん

    2019/8/20

    名無し様 コメントありがとうございます。辛かった経験談も聞かせていただきありがとうございます。私も幼少期の時好きな物をほぼ選ばせてもらえずでした。服も靴も自転車も。親から褒められることも少なくて。なので自己肯定感はない方だと思います(^◇^;) 娘にはそうなって欲しくないので、褒めて、認めて、自身で選ばせる事も沢山させてます。 ランドセルは本当に気に入ってくれて、友達が家に来る度に、可愛いでしょー!と見せびらかしています。

  • 名無しさん

    2019/8/18

    赤のランドセルを泣くほど欲しがっていたという娘さん お母さんが説得させ、納得させ白にしたという点に疑問を持ちます。 私も幼い頃学習机を購入するとき一般的な机を欲しがりましたが、母親がアンティークの机を購入しました。 大人になってもタンスとして使える、学習机は大きくなったら変だと思うよ。等々言われ…… 当時は悔しくて悔しくて毎晩枕を濡らしてました。 周りの友達はちゃんとした学習机なのに私のは違う…という劣等感を持ちました。 しかし、母親に嫌われたくないという気持ちもあり我慢して使用していました。 娘さんも、もしかしたらお母さんに嫌われたくないから気に入ったふりをしているのかもしれません。 娘には後悔してほしくない、可愛いものを持ってほしい という気持ちはわかりますが 自分で選ばせてあげることも必要だと思います。 お母さんがこっちの方がいいと思うと言われたら子供は従うしかないのではないでしょうか?

  • kumanimoさん

    2019/8/16

    余計なお世話さん様 コメントありがとうございます。汚しても怒りません。汚れるの覚悟ですが、長く使うものだから、可愛いカバーを買って、汚れたら拭いてお手入れしようねと話しています。 ランドセルは私が押してしまいましたが、全てにおいて私が決定してるのではなく、娘に選ばせる事もしています。失敗も成功も子供の糧となりますよね。ついつい失敗させないように導いてしまいますが、色んな経験をさせてあげようと思います。

  • kumanimoさん

    2019/8/16

    ゆずきこ様 コメントありがとうございます。全てのことを私が決定してる訳ではありませんのでご安心ください。最初は赤がいい!と言っていたのですが、インスタで可愛くカスタムされた白のランドセルを見て納得。可愛いカバーも白が映えると喜んでいます。

  • 余計なお世話さんさん

    2019/8/15

    将来、どんな大人になってほしいかを考えた時、子供に選ばせるって経験をさせるのが大切なんじゃないかなって思います。失敗を繰り返して、成長させた方が、素敵な大人に成長すると思います。子どもの意見を尊重することも大事では?娘さん、お母さんの気持ちを考えて、自分の気持ちを譲ってしまったのではないかな?もし、素敵な白いランドセルを汚したり傷つけてしまったり…ということがあっても決して娘さんを怒ったりしないでください。

  • ゆずきこさん

    2019/8/15

    可哀想すぎる…… その年ですでに自己決定の意思も自己効力感の達成も実の母親に奪われるなんて あなたと子供は別の人なのだから自分で選ばせてあげるのが親として出来ることなんですよ…… この感覚のままでは毒親です 見えない所に影響が出るだろうなと思うと心が痛みます

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。