あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

筋肉は裏切らない!おかんの筋トレ日記

運動音痴だった私が子供の頃に教えて欲しかった事と大学の体育で教わった事

こんにちは!筋トレおかんの木田です。

*

今でこそ、
筋トレおかんのキャッチフレーズでブログを書かせてもらったり、
市民マラソンの短距離の部で走ったりしていますが、

私は昔から極度の運動音痴
特に球技が大の苦手で、
チームメイトの冷ややかな視線が今でも完全にトラウマとなっています。

運動できない芸人なんて、いたたまれなくて見られない…

*

トラウマソングとなっている『0点チャンピオン』

お勉強ばかり頑張ってもダメなのさ
逆上がりができなくちゃ結構かっこわるい

小学生当時、某忍者の卵アニメのED曲として流れてたんですが、
これは勉強はまあできてたけど、逆上がりができなかった私には、
かなり辛い歌詞でした。
今思い出してもちょっとうるっときます。

最後の方に、
『0点なんて気になどするな そんな事で君の人生決まりはしない
0点チャンピオーン』
と続くんですが、
逆上がりのできない子へのフォローは最後まで一切無しで、
そこは人生決まりはしないと言ってくれないんだと
当時思った記憶があります。

時代もあるだろうとは思うんですが、
運動できる子優位な当時の小学生事情を反映してるようで辛い…

*

子供の頃に教えて欲しかったこと

特に球技のルールです。

小学校の4年生で転校をしたのですが、
新しい学校で転校してすぐくらいの時に
体育の授業でハンドベースボールをすることがあって、
守備の時に運悪く近くに転がってきたボールを取ってしまい、
全然関係ない塁に投げてしまって呆れられたのを覚えています。

昼休憩に全員参加で
ドッジボールやキックベースボールをする曜日があって
控えめに言って苦痛でした。
打順も限りなく後ろにしてもらって、
ボールが飛んでこないように祈っていました。

田舎の方だったので、
クラスの大半の子がスポーツ少年団で
女子はバレー、男子は野球をやっていて、
知っているのが当たり前なのかルールの説明はありませんでした。

私が自分で、
『分からないから教えて』って言えれば良かったんだと
今では思うんですけどね…
誰にも聞けなかったんだと思います。
自分の子供には教えてあげようと思います…

あとボールの落下点の見極め方とか、
ボールの投げ方も教えて欲しかったな…

*

3年生までは自分が運動が苦手だっていう自覚はなかったのですが、
転校した4年生から自分は運動ができないんだと知ってコンプレックスとなり、
動きが固くなりますます運動が苦手になる、という悪循環に陥りました。

幼稚園~小学校低学年まではスイミングに通っていたので、
泳ぎは4泳法できます。
一つだけでもできる!っていうのがあるのは
私の中で大きかったと思います。

*

大学の体育で教わった目からウロコの練習方法

大学になっても1回生の間は必修で体育がありました。
何コースかある中(実技・実技、座学・実技等)から選択できて、
私は座学・実技のコースを選びました。
運動はどちらかというと苦手な人が多く集まったコースでした。笑

実技でやることになったスポーツは『卓球』
当然私はできません。笑

しかし、大学の体育はそれまでの体育と違いました。
一度だけ利き手でプレイした後は、
利き手と反対側の手でラケットを握ってプレイしたんですね。

当然初回はワーワーキャーキャー言いながら
全然入りません。

元から巧い人もそれなりにぎこちなく、
元から下手な人はやはりそれなりに下手なままで。

でも何回か講義を重ねるうちに、
皆反対側の手でもどんどん上手くなっていきます。

そして、最終の講義。
利き手でラケットを持ってやってみましょう。

半信半疑で利き手でラケットを持つと、
皆最初より明らかに上手になっていました!!

利き手だと知らず知らずのうちに癖や歪みがついているのが、
反対側も使うことによって良い感じになるし脳も使う、とか
詳しい話は忘れちゃいましたがざっくりそんな感じだったと思います。

自分でも上手になった!!と実感でき、
初めて体育が楽しいかもと思えた一連の講義でした。

*

息子の小学校の校長先生の話

息子もどちらかと言うと運動は得意ではない方だと思います。

でも春の運動会の前の全校集会の時に、校長先生が、
『校長先生は運動が苦手だったけれど、
クラスの子はからかったりせずに応援してくれた』
といった内容の事を言っていたそうなんですね。

校長先生にもできないことがあった、というのは
息子にとって驚きだったようです。
そういった弱点?の話をしてくれるのは
私が子供だったら嬉しかっただろうなと思います。

運動ができなくても、
必要以上に卑屈にならないようにしてあげたいです。

*

筋トレはいいぞ!

そして現在の話。
今の私は週一回パーソナルトレーニングに通い、
自宅でも週何回かは宅トレをしています。

筋トレは一人でやるから誰にも迷惑をかけない!

トレーナーさんが適切に指導してくれる!
褒めて励ましてくれる

続けていくと確実に効果が出る

と、学校体育でトラウマを抱えた人たちにこそおススメしたいです。

私、長い間、運動が嫌いだと思っていたんですが、
運動が嫌いだったのではなくて、
学校の体育が嫌いだったんだなと大人になってから分かりました。笑

今でも、集団競技は絶対にやりたくないですが、
汗をかくのは抵抗がなくなりました。

筋肉は裏切らない…

スポーツの秋ともいいますし、
ちょっと体を動かしてみるのもいいかもしれないですね!!thumbnail_IMG_20171207_002503_555

こちらもあわせてどうぞ。【レポ】30代主婦の50m走記録!全国統一かけっこチャレンジ2018に参加!

********************************************************

はてなブログもやっています。(子育て・おでかけ)→続・筋トレおかんのもぐもぐ日記
暮らしニスタもやっています。(新商品)→暮らしニスタ misosoupgohanのページ朝おやつ満載のインスタはコチラ@misosoupgohan
↑お気軽にフォローどうぞ♪

#この記事を読んだ人は3回スクワットしてみる

関連キーワード

関連記事

プロフィール

きだまり

きだまり

大阪府

夫・息子7歳(小2)・娘5歳(年長)
自宅でのトレーニングメインの体作りで、目指せ動ける強い体!お菓子も大好き

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。