あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

料理&ホムパ大好き!育児も仕事も自分磨きも

「がんです。」と言われた日。【最終章】病理の結果に涙。そしてこれから。

皆様こんにちは。

 

卒園式、謝恩会を終え、もうすぐ入学式。3月は何度泣いたか分かりません。

 

更新がだいぶ遅くなってしまいました。

 

予想以上に長くなってしまいましたが、「子宮頸がん」を告知されてから入院・手術・退院・病理結果までの記録ということで、今回で一区切りとします。

 

ここまでお読み頂き、感謝申し上げます。

 

33歳、突然の「がん」告知。①術後4か月経った今、思うこと。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/586032/

「がんです。」と言われた日。②初めて見る夫の涙。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586045/

「がんです。」と言われた日。③入院直前、長男に話した夜。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586211/

「がんです。」と言われた日。④手術前夜「生きたい。」と言う想い。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586578/

「がんです。」と言われた日。⑤人生で一番辛かった日。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/586667/

「がんです。」と言われた日。⑥「早坂さん最強」説。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/587525/

「がんです。」と言われた日。⑦子どもたちとの再会。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/587555/

「がんです。」と言われた日。⑧まさかの感染症。絶望的になった運動会。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/592802/

「がんです。」と言われた日。⑨パンが食べたい。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/592839/

「がんです。」と言われた日。⑩退院前日。初めて目にした「がん」

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/592910/

「がんです。」と言われた日。⑪退院。念願の、運動会。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/595816/

 

退院4日後。外来へ。

 

無事に運動会を見に行くことが出来ました。

 

・・・が、やはり運動会見たさに無理矢理退院した感は否めず、家でもほとんど寝たきり状態。

 

退院直後は母が食事作りやその他の家事をしてくれました。(本当に感謝しかない。)

 

それでも母も仕事を休んで来てくれていて、しかも予想以上に私の入院が長引いたため、ここに居られるのもあと3日。

 

あと3日である程度回復しなければ・・・。

 

点滴漏れの腕の腫れもまだあり、一日3回、6種類の薬を飲んでいました。(どれが何の薬かいまいち分からないまま←)

 

そして再度病院へ。

 

まだまともに歩けないので電車は乗れず、夫に車で送ってもらう。

 

ここに来ると思い出す悪夢・・・!!

 

久しぶりの執刀医の先生。

 

「こんにちは^^運動会は無事に見られましたか?」

 

第一声がそれでした(笑)(どんだけ懇願していたんだろ・・私)

 

「はい!先生のお陰で無事に見ることが出来ました!ありがとうございました!」

 

「それは良かったです。」

 

そういって、先生はPCの私のカルテの備考欄に、

 

【運動会は行けた】

 

と書いてくれた。

 

先生・・!と感謝の気持ちでうるうるしていると

 

ふと横の【患者からの要望】の欄が目に入った。

 

【美容ドリンク飲んでいいですか?】

 

・・・先週の私、なんて馬鹿な質問したんだろう。

 

 

術後1ヶ月。母から貰った怪しい御守り。

 

手術後、1ヶ月。まだ日常生活は不自由だったが、体調も少しずつ回復していった。

 

【病理診断の結果】

 

その日まで、ずーっとドキドキしていた。

 

いつもふざけてしまう私も、この時ばかりは真面目に祈った。

 

母が実家に戻る前に突然、「これあげる。」とブレスレットをくれた。

 

 

え・・なんか、目玉みたいなのがたくさんついてる・・・。

 

私「どうしたの?これ。」

 

母「広尾でお散歩してたら見つけたのよ。悪除けの、御守りなんだって。」

 

 

IMG_4261

 

うん、ダサい。

 

 

そもそも私の服装に合わないし、目玉みたいなのがたくさんあってちょっと怖いんですけど笑

 

母「この目みたいなのが、邪気を跳ね返すらしいのよ!」

 

・・・本当に?

 

疑わしく思いつつ、こんなダサい謎の御守りでもすがりたくなるくらい、精神的にいっちゃっていた私。

 

結局母が帰ってからも

 

毎日つけていました!!!(爆)

あんふぁん用写真

 

リンパ節転移していませんように!!

 

病理診断の結果。

 

【5番診察室へお入りください】

 

呼び出し機がいつもより早く鳴る。

 

心臓が飛び出しそうになり、もしかして悪い結果なのかと手が震えた。

 

カーテンを開ける前に既に半泣き。

 

「病理の結果なんですけどね。」

 

執刀医の先生から、ペラっと紙を渡された。

 

「結論から言うと、リンパ節への転移していなかったです。ただ、脈管侵襲で怪しいところがあったので、再度検査しています。結果が出るまでしばらくかかります。」

 

 

リンパ節転移なし・・・

 

 

 

そうか、転移してなかったんだ・・・

 

 

母から貰ったブレスレットを右手で握り、涙が出た。

 

 

ホッとして泣いている私を見て、先生は釘を刺した。

 

「まぁ、まだわかりませんからね。1項目でも引っかかれば抗がん剤治療ですが、他の項目もギリギリ許容範囲。ただ、脈管侵襲の部分だけ追加検査なので、もしそれが引っかかったらどうするか。ただ、最近の症例では、この部分のみで抗がん剤治療しても、しなくても、そこまでの差はないという結果も出ているのであとはどうするか、また結果出次第、連絡します。」

 

全ての項目を見ると、本当に、ギリギリだった。

 

例えば腫瘍の大きさもあと3ミリ大きかったら、浸潤の深さもあとほんの少し深かったら、それだけでハゲ確定

 

いや、もう正直ハゲることなんてどうでも良かった。

 

ただ私の場合、手術の麻酔であれだけ何日も苦しんだので、抗がん剤治療は間違いなく気持ち悪くて生活がままならない状況であろうことが容易に想像出来た。

 

これ以上母には頼れないし、治療期間がお兄ちゃんの卒園式、入学式に被るので出席出来るかも危うい。

 

治療はたかが半年。でも私には貴重な半年だった。

 

結局、後日脈管侵襲も問題なかったため、先生から改めて抗がん剤治療はしない方向で話を頂いた。

 

 

「良かったですね。やはり、最強?なのかな^^」

 

先生の笑顔にまた涙が出て、何度もお礼を言った。

 

これから。

 

これからは月1回、5年間!定期的に通院し、経過観察。

 

病院に行って、まず血液検査、尿検査。その後診察、内診。

 

卵巣が無いので、ホルモン剤を貰います。

 

今はジェルタイプのホルモン剤。1日1回、毎日塗ります。

 

忘れると見事に更年期障害の症状が出ます(笑)イライラしたり、ホットフラッシュだったり。

 

面倒だけど、良いこともあります。

 

これを塗り始めたら、お肌がトゥルントゥルンになりました(笑)

 

エステに行ったら、担当の方に

 

「毛穴全然ない!!前よりきめも細かくなったし、どうやってお手入れされているんですか!?」

 

臓器取っても痩せなかったんだから、これくらいの恩恵受けてもいいよねと思っています←

 

術後に食べていいものと控えるものリストを貰いました。

 

今まで好きなものを好きなだけ食べていたのですが、ラーメンなどは食べなくなりました。

 

リンパ節を取ったので、リンパ浮腫にならないように、毎日マッサージをしなければなりません。

 

入院中は

47475E25-58E5-41DC-AE2B-5EAD633470EA

 

こんなの履いていましたが、面倒な私は足のマッサージ機を購入しました。(太ももまで出来るやつ!)

 

それでも長時間車に乗ったり、立ちっぱなしだったりすると、今までよりもかなり浮腫みます。

 

足が上がらなくなったので、しばらく自転車も漕げませんでした。

 

もちろん、走ることも出来ません。(運動大好きだったのに!)

 

今まで当たり前のように出来ていた色んなことが出来なくなり、後遺症で身体が辛い日もありますが、

 

あのまま放置していたら間違いなく命を落としていたかと思うと、そんなことはどうでも良くなりました。

 

今までの私は、仕事も完璧にこなし、育児もしっかり、家のことも大好きなお料理も手を抜かず、美容も怠らず、綺麗で優しくてパーフェクトなママでいたい!!

 

子どもたちも、お勉強もスポーツも文武両道!立派な子に育て上げたい!!

 

と、ただの欲の塊みたいな人でした(笑)

 

でも「がん」と告知され、手術し結果が出て、とにかく何よりもまず自分も、家族も、周りの人も、

 

健康で元気で暮らせたらそれでいいんじゃないかと思うようになりました。(もはや悟りの境地)

 

ちょっとくらい太っても、ちょっとくらい人より何か出来なくても、美味しいものを食べられるくらい元気ならそれでいいじゃない。

 

子どもが言うこと聞かない日があっても、ママのごはんを食べて健康でいてくれるならそれでいいじゃない。

 

子どもたちと一緒にいられる時間を当たり前のように過ごしていたけど、もしまた病気になって入院したらと思うと、今一緒にいられる時間はガミガミ言わず、笑顔で楽しく過ごしたいと思うようになりました。

 

いつ、何が起こるか分からないから。後悔しないように。

 

最後に。

 

がんが完治した!という訳ではなく、発見出来ているがんは今のところ取りきれた、という状態。

 

見えないがんが残っていていつか出てきてしまうのか、このまま何事もなくおばあちゃんになってゲートボール大会で大病自慢出来るのか、分かりません。

 

これからの私は一生再発の恐怖と戦いながら過ごすことになりますが、悲観せず、一度きりの人生を思いっきり楽しもうと思っています。

 

(ちなみに③https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586211/で書いたがん告知の翌日に受けた試験は見事合格していました!!やった!)

 

 

 

どこかで聞いた

 

「生きているだけで、丸儲け!」

 

そう思うようになりました。

 

 

大切な家族・友達・職場・今後も関わる全ての方々に感謝して、丸儲けな人生を楽しみたいと思っています。

 

 

まずは5年間!この病院に通わなくてはいけないので(面白い執刀医の先生ともまだしばらくお付き合いが続きます!嬉しい(笑))また、経過をご報告させて頂ければと思います。

 

拙い文章で読みにくかった部分もたくさんあったかと思います。

 

正直こんなにたくさんの方に目を通して頂けるとは思っていなかったです。

 

当初書こうか悩んでいましたが、私のブログで1人でも多くの人に「検診、行こうかな。」と思って頂けたら嬉しいなぁと思います。

 

これからは以前のように趣味の料理やテーブルコーディネート、子育てにまつわることや美味しいお店の紹介などをブログに綴っていけたらいいなと思っています。(たまに執刀医の先生との裏話も登場するかも?!)

 

 

ここまでお読み頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 

AF977A14-3ADB-4273-A502-4E230D860672

 

【完】

 

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 早坂英里さん

    2018/4/23

    さき様 初めまして!コメントありがとうございます。そして私の記事を読んでくださり温かいお言葉とても嬉しかったです。ありがとうございました。 不慣れなものでコメントに気が付くのが遅く、返信遅くなり申し訳ありませんでした。 曲げられないこだわり、すごくわかります!!こんな状況になった私ですら、未だに謎のこだわりをなかなかやめられません(笑) そして私も本当に欲まみれな人間なので(笑)なかなか欲を捨てるのって難しいですが、でもそんな欲もありつつ、気にしないくらいの気持ちでいられたらいいなと思います。 病気のことを考えると余計なことまで考えてしまうので、とりあえず忘れるようにしています! こちらこそさき様のコメントに元気もらいました!お互い楽しいことが出来るうちにたくさんしていきましょう!

  • さきさん

    2018/4/14

    はじめて。密かに読者してた者です。 闘病の記事をずっと読ませて頂いて、勇気のある方だなって思うことばかりで、自分が普段悩んでることはなんて小さいことなんだろう…今まで自分に課してた曲げられないこだわりって生きてく上で一体いくつ必要なんだろう…もっとシンプルでいいじゃないかと思いました。 私は欲まみれで、それによって自分が結果苦しくなるほど思い詰めるクセがあり、考えさせられました。 また、時折、絶妙な笑いを織り混ぜた文章にはじわりじわりとツボにはまり笑わせて頂きました。 これからの新たな日々の中で、喜びや楽しい事がたくさんありますようにと勝手ながら祈っております。

関連記事

プロフィール

早坂英里

早坂英里

東京都

夫・息子7歳(小1)・息子4歳(3歳児クラス)
広尾在住。育児も仕事も自分磨きも常に全力投球!なアクティブBoysママ。食べることが大好き。話題のお店はとりあえず入ります。ホムパ料理やテーブルコーディネート、美容ファッション、子連れお出掛け情報も☆

カテゴリー

最新記事

2018年06月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング「その他」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。