あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

料理&ホムパ大好き!育児も仕事も自分磨きも

【子どもの能力遺伝子検査】結果が届きました!!

皆様こんにちは!

以前ブログでもアップした【DNA FACTOR】【子どもの能力遺伝子検査】の結果が届きましたーーー!!



届いたのは先月。2月に検査をしたので、結果が出るまで丸2ヶ月かかりました!

時々メールで「解析進行状況のお知らせ」と言ったような中間報告をしてくれるので、大人しく待つことが出来ました(せっかち←)

しっかりとした入れ物に入っています。兄弟2人分それぞれ別々にメール便で届きました。

予想以上にしっかりとした結果表!

さてさて、早速結果を見たい!と逸る気持ちを抑えつつ開封。


そもそも2ヶ月前なので、どんな項目の検査だったのか若干忘れている私…笑


(検査方法は下記のブログに詳しく載せていますので、そちらも是非お読みください^^)


ドキドキしながら箱の中を開けてみると、A4サイズの冊子が!丁寧に透明な袋に包まれて入っていました。


兄弟それぞれ2冊分。予想以上にきちんとしたものでびっくり。(まぁ2冊で12万近いのでそれなりのものであって貰わなきゃなんですけれども…笑)


開いて見ると、最初に目にした文字。


【親と子どもの“力”になる『自信創出ツール』】


と書かれてありました。


次のページをめくると最初に登録した子どものニックネームが^^

ほっこり。

子どもの能力遺伝子検査。何がどこまで分かる?

気になる結果は!?

遺伝子検査の結果は項目ごとに分けられていました。

まず、大きな項目は3つ。


☆脳の機能や学習に関係する遺伝子

☆カラダの体質的な機能や運動に関係する遺伝子

☆脳のストレス耐性や感性に関係する遺伝子


これら3つの項目から、さらに細かい3項目ずつの検査結果が記載されていました。
(画像参照)

検査結果は『優・良・可』のようなものではなく、『GG型・AG型・AA型』などのように遺伝子型で明記されており、どの型が優れているなどと言った文言は記載されておりません。
その遺伝子型の特徴と、特性を活かした職業、そして特性を伸ばす為のオススメのトレーニングが1つの検査項目で2ページ分記載されていました。


とりあえず順番に見て行きます。




最初は記憶力に関する検査結果。右の%は同じ遺伝子を持っている人の割合を示しています。

その下にはドクター解説。GG型のタイプの特徴について詳しく解説してくれています。

運動系の結果もしっかりとした解説が!

次に、一番気になっていた運動系の結果!

我が家のサッカー少年達の運動能力は果たして!?


2人とも耐久力の項目に関してはID型でした。
解説を見るとDD型という遺伝子は耐久力を求められるフルマラソンのトップアスリート達に多いようで、2人ともそのうちのD型が一つ入っているということで、耐久力もありつつ瞬発力もあり、ということなのでしょうか。
サッカーは瞬発力も持久力も必要なので、合っているのかなとホッとしました笑

より特性を伸ばす為のトレーニングのアドバイスも参考にしたいなと思いました。

兄弟の遺伝子結果は?

まだまだご紹介したい項目がたくさんありますが項目があり過ぎるので、最後に兄弟の遺伝子結果で差はあったのか?についてお伝えしていきたいと思います。


まず、7歳長男と4歳次男の検査結果。


全て同じではありませんでした!

血の繋がった兄弟ですのでほぼ同じかなと思ったのですが、いくつかの項目で違う型の遺伝子結果が出ていました。


例えば最後の項目の
☆脳のストレス耐性や感性に関する遺伝子

この中の『リスク価値』に関して、次男は『リスクをやや重視するタイプ』なのに対し、長男は『リスクを恐れないタイプ』(画像参照)

最初、逆じゃない?!と思いました。どちらかといえば自由人次男の方がリスクを恐れていないと思ったからです。

でも、解説を読んで確かに長男ぽいというか、もしかしてこれ私?!というような解説が・・・笑

長男は私に性格が似ているので読み終えた後はこの結果に納得する部分もありました笑


また同じ項目の『ストレス耐性』も兄弟違う遺伝子型になりました。(画像参照)


学習やカラダに関する項目はほとんど同じ遺伝子型でしたが、性格を表す部分は兄弟違う遺伝子型の結果を見て、道理で全く性格が違う訳だと思いました。

【まとめ】子どもの能力遺伝子検査の結果を見て感じたこと

今回、結構な金額を出してまでこの検査をした私と主人の感想は・・・

『やってよかった!けれどこの結果で今後の子育てを左右するかと言ったら、そうではなく参考程度にする。』でした。


一喜一憂出来るような結果表になっている訳ではなく、その子の遺伝子型を知り、その特性を知るということ。

どの遺伝子型が良い悪いではなく、子ども達の特性を活かしたサポートを教えてくれるもの、そんな印象でした。


最初のページに書かれていた


【親と子どもの“力”になる『自信創出ツール』】



まさにこの言葉がピッタリだな、と全て読み終えたあと、そう思いました。


今回の結果も参考にしつつ、今まで通り子ども達には美味しくて栄養のある食事を作り、日々愛情をたくさん注いで、母として全力でサポートをしていきたいと思います。


長文お読みくださりありがとうございました。


最後のページのこの文章に共感しました。

関連キーワード

関連記事

プロフィール

早坂英里

早坂英里

東京都

夫、長男8歳(小2)、次男5歳(幼稚園年中)
広尾在住。育児も仕事も自分磨きも常に全力投球!なアクティブBoysママ。食べることが大好き。話題のお店はとりあえず入ります。ホムパ料理やテーブルコーディネート、美容ファッション、子連れお出掛け情報も☆

カテゴリー

最新記事

2019年10月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。