あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

料理&ホムパ大好き!育児も仕事も自分磨きも

「がんです。」と言われた日。④手術前夜、生きたいという想い。

続きです。当初思っていた以上に長くなってしまってすみません。

読んでくださっている皆様、ありがとうございます。拙い文章ですが、もうしばらくお付き合い頂ければと思います。

 

最初の記事から番号を振りました。

① 33歳、突然の「がん」告知。術後4か月経った今、思うこと。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/586032/

② 「がんです。」と言われた日。初めて見る夫の涙。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586045/

③ 「がんです。」と言われた日。入院直前、長男に話した夜。

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_care/586211/

 

いよいよ入院!旅行並みの大荷物で病院へ

 

手術4日前から入院。検査とか、色々あるからね。

 

今思うと本当に何て呑気なんだろうと思うのですが、あの時の私はこれから起こる壮絶な事態を全く予想していなかったからか、何ならプチ旅行気分←

入院生活をいかに快適に過ごすか、ということしか考えていませんでした。

ヘアアイロンから美容パック、あたたかい紅茶は飲みたいよね~と電気ポットまで・・こんなの使う余裕なくなるなんて知らずに(笑)

 

大荷物↓

F47CE62C-5525-4650-8DAB-C1F06B3DD78F

 

「生きたい。」と願った夜

 

入院2日目には親友がお見舞いに来てくれたりして、まだまだ元気。

 

持って行った本も読み終わり、折り紙をひたすら折っていたら、看護師さんに「暇?」って言われる始末。(いや本当に暇だったけれども笑)

D8898716-2069-4E2C-B3C4-2CBC57A8135E

あまりにも暇で(暇に耐えられない性格)一時外出の許可をもらい、迷惑かけた職場に手紙とお菓子を送ったり、夜ご飯は食べてきてOKと言われたので、家族で術後食べられなさそうな辛~いラーメンを食べてきたり(笑)

 

ちょっと不安になってきたのは、手術前夜。

 

先生から色んな合併症の話は聞いていたけれど、ちゃんと読んでいなかったので(コラw)改めてゆっくり読んでみた。

 

腸閉塞とか、酷くなると人工肛門だとか、リンパ浮腫で足が象とか、更年期障害の症状とか、、、その他にもたくさん怖いことが書いてあった。

 

そもそも、麻酔から覚めなかったらどうなるんだろう・・・。

 

スマホに入っている子どもたちの動画をひたすら見た。だめだ。この子達の為にも、生きなくちゃ。

 

5年、10年、欲を言えば成人式。孫が見られたら万々歳。

 

病室のベッドから夜景を見ながら願った。

 

「どうか神様・・明日の手術、成功しますように。」

 

 

754F9952-14DB-4BF8-83D2-CD9B7BF1632F

 

 

 

満面の笑みで手を振り手術室へ

 

手術当日。前日は眠れない人も多いからと眠剤を渡されたので、ぐっすり。よく寝ました(笑)

 

前日から浣腸→下剤と、これでもかってくらい出し切るだけ出し切って(何度もトイレに行って何気に辛かった)お腹の中はすっからかん。

 

朝8時からの手術だったので、夫と子供たち、入院当日から手伝いに来てくれている実家の母が見送ってくれた。

 

手術着に着替える前、何度もお腹を見た。子宮、無くなっちゃうんだなぁ。

面倒だった生理ももう一生来ないと思うとちょっぴり寂しい。

 

子どもたちが生まれてきた場所。今までありがとう。さようなら。

 

 

 

手術室の前に来た。

 

「じゃ、行ってくるね !」

 

夫と、子供たちのほっぺにチューをすると、母が「お母さんには?」と。

 

そんなこと言うタイプの母じゃないのに。

 

母の顔は辛そうだった。そして夫も。

 

2人とも今にも泣きそうな顔をしていたので、

 

 

「そーんな暗い顔しないでよーー!!!大丈夫だから!じゃーねーーー!バイバーーーーイ!!!」

 

 

思いっきり笑顔で両手を振った。

 

 

扉が閉まった後、初めて号泣した。点滴の針を刺してもらっている間も、涙が止まらなかった。

 

病室からずっと着いてきてくれた看護師さんが、「よく頑張った!笑顔で行けたね!」と背中をさすってくれた。

 

 

 

続きます→「がんです。」と言われた日。人生で一番辛かった日

https://enfant.living.jp/enfant_mate/mate2_080/mate_other/586667/

 

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

早坂英里

早坂英里

東京都

夫・息子7歳(小1)・息子4歳(3歳児クラス)
広尾在住。育児も仕事も自分磨きも常に全力投球!なアクティブBoysママ。食べることが大好き。話題のお店はとりあえず入ります。ホムパ料理やテーブルコーディネート、美容ファッション、子連れお出掛け情報も☆

カテゴリー

最新記事

2019年03月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。