あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

おもちゃコンサルタントのおもちゃ箱

子どもの自己肯定感を向上させる新しい子育て習慣「ほめ写プロジェクト」

こんにちは^^

 

突然ですが皆さま「ほめ写プロジェクト」ってご存知ですか??

 

ほめ写プロジェクトとは

子育てをしているとガミガミ怒ってしまうことが多く、娘が「自分が否定されている」と感じていたらどうしよう…と毎回反省するのですが、、、

我が家だけでなく、日本は他の先進諸国に比べ「自己肯定感」が低い子が多いそうです。

そんな自己肯定感向上に写真の力を役立てよう!というのが「ほめ写プロジェクト」

 

文字が上手に書けた、、、とか、体操が上手だったね、、、とか、条件付きでほめるのは何とかできていると思うのですが、日頃から愛情をストレートに表現する外国人に比べ日本人は子どもを無条件にほめるのって苦手ですよね(愛してるよ、あなたが大切だよ、などの言葉をかけること)

 

 

具体的にどうしたらいいの?

いざほめるとなると、どう伝えたらいいか分からなかったりタイミングが合わなかったり…なんてことも。

そんな時に子どもの写真をプリントして家の中に飾り、それを見ながらほめるのです。

子どもが頑張った時の写真や大切な家族の写真をプリントして家の中に飾るという行為そのものが、その子の存在を認めていることに繋がるそうです。

 

 

どんな写真を飾ったらいいの?

では、どのような写真を飾ればいいのか、ポイントは3つ。

①運動会や発表会などの特別な時の写真だけでなく、日常の何気ないシーン(兄弟のお世話をしている、絵を書いている…など)、また家族一緒のシーンを飾る

②これ!という写真は大きく引き伸ばして大きさを変え、子どもの目に留まりやすい高さに貼る

③写真を見ながら子どもの存在そのものを認める言葉でほめる「生まれてきてくれてありがとう」「大好きだよ」など。

 

ちょっぴり恥ずかしいほめ言葉も、写真というきっかけがあれば伝えやすいですよね。

 

 

早速我が家も飾ってみました!

これまで、リビングの壁に私の好みで絵を飾っていました。

Before

ほめ写プロジェクトのポイントを基に、娘と一緒に写真を選び、イベント関係なく娘が気に入った写真を貼って見ることに。

すると、これまで壁の絵のことなんて気にもしていなかったのに、写真に貼り替えた瞬間「あの時は楽しかったね!」「あの写真の○○くんの顔面白いね」など、写真について思い出を話したり会話が一気に増えたんです!!

After

写真は娘と相談しながら定期的に差し替えているので、選ぶ楽しみもできましたし、私自身写真を見ながらほめてあげる時間が増えました。

 

写真だらけでゴチャゴチャしちゃうし、、、なんて最初は半信半疑でしたが我が家には「ほめ写」が合っている気がします。

 

 

すでに取り入れられているご家庭も多いと思いますが(自然とされていたり)

もしご興味のある方は是非お試しになってみてくださいね^^

 

ほめ写プロジェクト

 

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

神山海

神山海

東京都

夫、長女7歳(小1)
おもちゃメーカーの企画を経ておもちゃコンサルタント資格取得。毎日の暮らしを楽しく豊かにするおもちゃや遊び方をご紹介します

カテゴリー

最新記事

2019年05月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログランキング「ハンドメイド」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。