あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

国内!海外!子供連れで楽しむ旅行記

【せきらら体験記】体外受精④「ついに妊娠判定日!気になる費用は?」

【せきらら体験記】体外受精①「私って、不妊症なの?」

【せきらら体験記】体外受精②「周囲へカミングアウトどうする?」

【せきらら体験記】体外受精③「注射1本1万円×毎日!!」からの続きです。

⑤いよいよドキドキ(妊娠)判定日!

胚盤胞移殖日から2週間後。すごく待ち遠しかった判定日。判定日までは受診の必要はなかった気がします。

判定日の前日、どうしても結果を早く知りたくてフライング検査しちゃいました。翌日になればハッキリわかるのに。(苦笑)

結果は、真っ白。

「落ち込まなかった」と言えばウソ。けど、二人目妊活歴3年半で、何度も真っ白な検査窓を見続けて気持ち切り替える術もできてて「そんな簡単に妊娠するわけないよね」と自分に説得して気持ち落ち着かせた後、もう一度検査薬を見ると。

なんか、うっすら青い線(陽性)入ってない!?
妊娠してるん?蒸発線(誤反応)??どっちなん、コレ?

フライング検査したことで、よけいにモヤモヤな一日。(´Д`)

そして迎えた判定日当日。尿検査ではなく血液検査でHCG数値(妊娠ホルモン)を調べます。

ネット情報によると、判定日の時点(妊娠4週目)で、HCG値:50~200mIU/mlが目安みたい。

※あくまでも数値上の話なので、異常妊娠(子宮外とか)でも妊娠の可能性があればHCGが分泌されます。

結果は、、、、1,000mIU/ml越え!!

妊娠確定の事実より、数値高すぎない!?ということにビビる。(数値が高すぎると「胞状奇胎」「多胎妊娠」の可能性も)

今思えば「素直に喜んどけよ」と思うんだけど、ずっと妊娠できなかった身体&ネット検索魔によるマイナス思考が先行して妊娠がわかっても不安でいっぱいな日々。

ほんとに、ほんとーに、妊娠&出産って奇跡なんだよ!!知人から「妊娠したの!(喜)」ていう報告受けたらめちゃくちゃ嬉しいです!!

ですが、「妊娠してた。どうしよう。」的な発言は、物凄くモヤモヤします。心がブラックになります。。。

⑥妊娠確定。これで終わりじゃない、ホルモン補充周期

移殖周期に「自然周期」を選択した人なら、通常の妊婦さんと同じように「妊娠確定=おめでとう!一般産婦人科に転院(妊婦健診)してね。」なんだけど、前回述べたように『多のう胞性卵巣症候群』の私は「ホルモン補充期」で移殖しています。

なので、妊娠してても私本来の力じゃなくて薬の力なんですよね。ここで、薬をストップしたら流産してしまう。

眠ってしまっている本来の力が覚醒されるまで、妊娠確定後も9週目まで注射・薬投与の日々でした。

妊娠5週目になると、つわりも始まって(吐きづわり)「いま飲んだ薬吐き出したらどうしよう!?」とこれまた不安な日々。妊娠初期は全然心休まなかったな~。

⑦妊娠9週目。クリニック卒業

つわりはあったけど(1人目に比べて)軽い方で、処方された薬を吐き戻すこともなく乗り切れました。クリニックの受診間隔は週1回くらい。変化していく胎児の様子が嬉しかったです。なんせ受精卵の時から知ってるからね。笑

心拍も確認でき、母体状態も問題なし。やっと、やーっと長かった妊活を卒業できた瞬間。

私の担当医は淡々とした先生(感情的な診察はせず、身体状況・検査数値見ながら不妊処方。厳しめだけど判断的確。)だけど、最後の診察では先生のほっとした表情が読み取れてこちらもニヤリ。

ちなみに転院先(妊婦健診)は、クリニック通院から一時期逃げ出した(?)時にお世話になった産婦人科。こちらの先生は良くも悪くも「ゆっる~~い先生」。なので不妊治療中は不安が大きかった診察だったけど、妊婦健診となるとゆるさ加減がちょうどよかった。笑 個人医院なので看護師さん達も覚えてくださっていて「おかえりなさい!」と言ってもらえてめっちゃ嬉しかった思い出。

⑧その後の妊娠&出産

体外受精での妊娠だからと言って、妊娠中&出産時は他の妊婦さんと何も変わりません。順調な妊婦生活っていうわけではなかったけど(妊娠4か月目のとき大出血(切迫流産)を起こし、1か月半仕事を休んだ)体外受精のせいではなくて、そういう妊娠だったってこと。

IMG_0965

子宮奇形なので通常の人より流産・早産しやすいと言われていて心配だったけど、子ども2人とも臨月で産めました。「体外受精で障害児が生まれるのでは?」(←実際に言われた)と勘違いしてる人もいますが、それも別問題!

⑨体外受精で掛かった費用

気になるよねー、お金のこと。事前カウンセリングでは「採卵&移殖施術の費用が15万程で、それプラス、日々の診察代・処方費が加わります」と聞いていたけど『プラスα』ってせいぜい10万位かな?と思っちゃうやん?(私はそう思った)

この『プラスα』費用、むっちゃデカかったです。苦笑 むしろ施術費が霞(かす)む~。

細かな金額は覚えてないけど体外受精にステップアップ後の費用合計は『採卵までの流れで40万円+移殖期~判定までで20万円=60万円でした。※体外受精自体の施術費・処方薬・診察代・オプション施術費含む。

他のクリニックに受診したことないからわからないけど、どこもこのくらいの費用だと思う。

 

——————————————————————————-

需要があるのかないのかわからない【体外受精体験記シリーズ】を長々書いてきましたが、これで終わりです。

どのクリニックも「予約いっぱいで混んでいる」と聞きます。私はたまたま家から通院できる範囲(電車利用だけど)に不妊専門クリニックがあったけど、ものすごく遠方から通われている方もいるんです。新幹線で通ってる方も少なくない。

私なんて3年半の治療期間だし、体外受精1回で妊娠できたし、2人の子どもに恵まれたし、不妊治療を頑張ってる方達からすればヒヨっ子レベルなのですが、それでも辛かったし大変だったししんどかったデス。

そんなこんなで生まれてきた子ども達は『目に入れても痛くない!』…ということは全然なく、毎日ムキーッ!となりながら過ごしてます。笑 だけど、不妊治療中の日々を思えば、とてもありがたい状況です。

当たり前に感じてる日々がホントは当たり前ではないこと、忘れちゃいけないですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

*おわり*

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

西郷佳名恵

西郷佳名恵

兵庫県

夫・娘6歳(小1)・息子1歳(1歳児クラス)
子供が喜ぶ顔を見るのが大好き!子供向けイベント大好き!長期休みは国内外問わず、どこへでも行っちゃいます。

カテゴリー

最新記事

2020年02月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。