あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

【新小1】ピンチは放課後にやってくる!気をつけるべきはこれ

現在、小3になった娘が小1の頃…
慣れない幼稚園とは違う毎日の生活に、母子で振り回されてました(笑)
今はもうだいぶ慣れてきたので、その頃のことがなんとなく笑い話になりつつあります。
笑い話ついでに、思い出したことがあります。
新しい生活の中で、子供がやっちゃいがちな失敗があるので、気をつけておけばよかったと思うことを記事にしたいと思います。

小1、ピンチは放課後にもやってくる

実は小1…、意外と先生にちゃんとできないのが「トイレに行きたい!」という意思表示です。

本来トイレはできるだけ休み時間に済ませておくのが理想です。
ですが、そこは子ども。
休み時間やお昼休みにトイレに行こうとしたら混んでいた…とか、友だちに遊びに誘われてそのまま行かなかった、なんとなく気分でまだ大丈夫そうな気がして行かなかった…など理由は様々なんですけど、行かなかった・行けなかったというのが多々発生するのが新小1。

で、帰りの会や帰りの支度中にトイレに行きたくなるけど、今度は、先生が忙しそうでピリピリしていて言い出せなかったり、あと少しだと思って我慢したりして、また行けないわけです。

そうするとどうなるか、と言えば、帰り際に学校の玄関や帰り道にお粗相…
あるいはお友達のお家でトイレを借りようとしてお粗相…、一番マシなのが、帰宅して玄関ドアを開けた瞬間に自分の家で粗相。
などというパターン。
学校なら、先生たちもそこそこ慣れていてドライに対応してくれそうです(それでもやらかしてしまったら申し訳ないですが)。
個人的にちょっとドキッとするのが「お友達の家」です。


通学路の途中にあるお家、でも、親同士は顔見知り程度かそれ以下の関係で、子供が(親のしらぬ間に)お家に上がってトイレを借りている…という状況が発生するかもしれません。


というか、近いパターンが私と娘に何度か実際にありました。

入学した当初、焦った声で「トイレ!!」と叫びながら娘が帰宅してトイレに駆け込む…という日が何日もありました。
見かねた私は、「学校で済ませてきたら、こんなに焦らなくていいんだよ」と何度も話した覚えが。

で、何ヶ月かして、そういうこともだいぶ減ってきたので、学校でトイレにちゃんと行けるようになったんだとホッとしていました。

ところが…!

とあるママとそんなことを話していたら、「放課後、うちに寄ってトイレに行ってるよ〜」と。


!?!!?

なんとー!!?
学校のトイレにちゃんと行けるようになったんじゃなくて、お友達のお家で借りている!!?
うちの娘、小1の頃は、学校であったことをよく話してくれていたのですが、その件は報告がなかった!

と、びっくり。

そのママによると、お子さん(娘と仲良くしてくれるしっかり者の女の子)が話してくれたそうなのですが、
帰りの会の間に、クラスの誰かが準備が間に合わないと、先生も早く子どもたちを下校させないといけないので、教室から玄関まで生徒を引率してくれるそう。

そうなると、みんなで玄関に行かなきゃ行けないので、娘はトイレに行きたいと言いづらくて、通学路の途中でお友達にトイレを借りていた、というわけです。

休み時間やお昼休みにちゃんとトイレに行ってあっても、放課後が近くなるにつれ、トイレに行きたくなるけど、行くタイミングがない。
娘は焦って、しっかり者のお友達に「トイレに行きたい!」と相談?訴えたんだろうなぁ…と、その場面がものすごくリアルに想像できます…。

そのトイレを貸してくれたママさんに対して、申し訳ない気持ちになりましたし、粗相したこともあったのではないか?とヒヤヒヤしました…

が、そのママさん、本当に素晴らしい方で、「上の子の時も帰ってきてトイレに駆け込んでることがあったのを思い出して、懐かしくなっちゃった(^^)」とラインくれました。

一人っ子の我が子が新小1で、引っ越してきて慣れない場所で、知り合いもごくわずかで、慣れない小学校に緊張している私と娘にとって、その一言がすごくありがたく、心がほぐれたのを思い出します。

そのママさんと賢いお子さんに感謝すると同時に、「もし、このお友達のお家じゃなくて、全然別のお家だったら、また状況が違っていたかも…」と思うと少しヒヤリとします。

娘のクラスメイトやお知り合いの方々は、件のママさんのようにとても良い方ばかりなのですが、世の中にはそうじゃない人もいますよね。
たまたま、娘の学校やご近所にはそういう人はいないだけで。
運が悪ければ、「あなたの家の子、毎回ウチでトイレ使ってくんだけど?!」と怒られることもあるかもしれません。

そういう場合はどうしよう…?

今、仮に自分たちが2年前に戻ったらどうするかな?と考えてみたので、書いてみます。

まず第一に、自分の子が学校でトイレに行けるようにするのが大事ですよね。娘には、先生にすぐにトイレに行きたいと言えるようにしようと話し合い、
加えて、我が家では、体育着の袋に余裕があったので、着替え用の肌着・靴下とボトムスを一組入れておきました。

こうやって、我が子に直接対策をしておくことはもちろんですが、幼稚園を出たばかりのひよこのような新小1なので、すぐにはできないかもしれません。
また、トイレ以外にも、思いがけず迷惑をかけてしまうかもしれません。

そんな時のことを考えると、
やはり、「顔見知りを増やしておくこと」や「話したことのない人を減らす」ことも1つの解決策になるかな、と思いました。

保護者会や運動会、学校公開で、お会いする保護者の方に、「こんにちは」とか「お世話になっています」という気持ちを込めて挨拶しておくだけでも、もし万一、相手に迷惑をかけてしまった時の心象がだいぶ違うかもしれません。

あと、娘にも、絶対に勝手にはよそのお家に上がらない(その家の人に許可をもらってから上がるように)ことを言い聞かせて、「お邪魔します」とか「ありがとうございました」とかきちんと言うように何度も話しました。

3年生になった今では、お友だちの家でトイレを借りることもなくまっすぐ帰宅していると思います(今度確認してみよう…)。

小学校という慣れない場所で慣れない生活をしている新小1のお子さんとそのママさんに、「こんなこともあったよ〜」と笑い話ついでに、どこか参考になる部分があればいいな、と思って記事にしてみました。

新小1のお子さんとママたちが、小学校生活をどんどん楽しめますように♪



関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫、長女9歳(小3)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「小学生」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。