あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

【小1から小2へ】宿題がない春休みにやるべきなのは、コレだ!(多分!)

こんにちは、岬です。

私が住んでいるこの辺りだけ・・・?

なんと、春休みには全部の学年で宿題がない!のです。他の地域ではどうなのかわかりませんが、小1から小2になる春休みに宿題がないと初めて知った時には驚きました。小学校に入学し、宿題のおかげで毎日勉強をするという習慣がやっと身についてきた・・・という頃に、宿題がないというのは軽い衝撃。

学年が上がるという時に、その習慣が崩れて消えてしまってはもったいないし悲しいですよね。というわけで、春休みは親からの宿題ということで、少し勉強させることにしました。

 

春休みの勉強、何をやるべき?一番おすすめなのは「カタカナの復習」!!

色々とさせたいことはあるのですが、春休みは短く、がっつりやらせることはできません。ということは、二年生の学習を先取りするのは負担だと判断しました。

「負担にならず、勉強したら自信がつくものは?」と考えたところ、一番いいのは「カタカナの復習だ!」と思いつきました。

実は、小1の授業で「漢字」や「時計」が丁寧に教えてもらえるのに比べて、「カタカナ」の扱いってすごく軽いんですよね。(うちの小学校ではそうだった。)

 

カタカナって意外と覚えることが多くて難しい

授業での扱いが軽いのに、カタカナって意外と難しいんですよね。しかも、小一の段階では、絵本などもひらがなが多めなので、カタカナに対して馴染みが薄く、なおさら覚えにくい。娘にカタカナを書かせてみると、結構覚えてない・・・!

当時、娘が覚えきれていなかったカタカナは、まとめるとこんな感じ↓↓↓ でした。

1、似ている文字が多い(例:”リーダー”が”リーダー”になってしまう)

2、伸ばす「ー」をうまく使えない(例:”ジュス”を”ジュス”としてしまう)

3、拗音(ようおん、小さなヤユヨ)が混ざる(例:”チコレート”が”チコレート”)

(娘に限らず、この辺りは他のお子さんでもつまづく子がいるかも?と思います。)

というわけで、カタカナのドリル一冊を終わらせることを春休みの目標にしました。

 

おすすめのカタカナドリルは、”くもんの小学ドリル 1年生のカタカナ”

本屋を4件ほど練り歩き、どのドリルがいいか探しましたが、私が見た感じではこれが一番いいなと思いました。

katakana-1

おすすめポイントは、次の3つ。

1、中身が「カラフルではない」こと

低学年向けドリルって、中がカラフルで可愛いイラストが多いですよね。こういうのは「楽しい雰囲気」なので、勉強の習慣ができていない一年生なりたての頃は良いです。が、もう宿題の習慣がついた状態で、しかも学年が上がる段階では、そういうの不要。できるだけシンプルなものがいいと思いました。

2、公文独特の「スモールステップ」だから覚えやすい

このドリルはくもん出版。くもんといえば「公文のスモールステップ方式」。小さな階段を登るように少しずつレベルアップしていくやり方は、子供にとって「達成感を感じやすい」ですし、「確実に身につきやすい」と思います。

3、楽しく勉強できるように内容が工夫されている

例えば、声に出して読む例文が面白い。「マフラーまいたマンモス マミムメモ」など楽しいです。それから後半ではカタカナをしりとり形式で書くページがあったり。”ミニゲーム”のような問題が多いのも飽きなくて良い!

2018-04-07

(↑中身。著作権上問題があるかなと思ったので内容が読めないようにしていますが、色づかいがシンプルなのはわかるかと)

ちなみにお値段は600円(税別)。もしお近くの書店で取り扱いがあったら、ぜひお手にとって見てくださいね。

 

また、ドリルを本屋で探すのが面倒な場合、ネットからプリントをダウンロードする方法も。

無料ドリル出木杉くんというサイトに、カタカナドリルを自作できるページがあり、こちらも重宝しました。

ひらがなをカタカナに変換するドリル

 

やり終わった後の娘の様子は

春休みの最終日、目標通りにドリルの「がくしゅうきろくひょう」にシールを全部貼れました!!毎日本当によく頑張ったなと思ったので、「これで立派な二年生になれるね!」と言ったら、娘はとても嬉しそうでした。

katakana-2

一冊のドリルをやりきることで、二年生に進級する弾みをつけられたと実感しました。

———————

それにしても、毎日学校から出される宿題って本当にありがたいと思いました。なぜって、「宿題だからやりなさい」といえば子供はイヤイヤでもちゃんとやりますが、親が子供に宿題以外で勉強させようとすると「イヤだ」と反抗するんですよね・・・。学校のありがたさを実感した春休みでもありました。

 

以上、これから小2になるお子さんの春休みに参考になれば幸いです♡

 

 

そのほか無料でダウンロードできるドリルは、こちらの記事をどうぞ。

無料!!【小学生】夏休みの家庭学習に使えるプリント教材リンク集

これはいいね!【無料で】隂山英男先生監修のプリントが200枚DLできる

ぜひお役立てください♪

 

岬でした。

IMG_4531

 

関連キーワード

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫、長女9歳(小3)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2019年07月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「小学生」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。