あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

デザイナーが教える【小1でもキレイな字を書くコツ】はズバリ、これ。

こんにちは、岬です。

IMG_9843

いらない情報ですが、夫はデザインの仕事をしています。絵は上手でセンスも良いです。幼い頃習字教室に通っていたので字もなかなかです。しかもなんか手先も器用です。

・・・私の方は絵も字も壊滅的なので、正直、妬ましい。

それはさておき。

そんな夫が、昨年度、娘の書き初め(硬筆)の時に話していた「キレイな字を書く方法」がちょっと面白かったので、記事にします。

個人の考えなので、参考になるかわからないけれど、新年の書き初めの時にでもちらっと思い出してもらえたら嬉しいです。

 

デザイナーによる「字をうまく書くコツ」や上達する方法

うちの娘は、私から見てキレイに書けている字でも本人が納得できないとなんども消して書き直すタイプ。書き初めも苦戦しました・・・。「うまく書けない!!」とギーギー言いながら、消して〜書いて〜消して〜を繰り返していました。

その様子を見た夫が、

夫:「お手本をよく見て書くんだよ」(←ここまでは普通)

夫:「どの部分がはねているか・払っているか・止めているか、観察してごらん」

夫:「字が、マスの中のどこから始まって、どこで終わるか見て、真似してごらん」

 

ただ単に「お手本をじーっとよく見つめる」のではなく、観察するという言葉を使い、「具体的に何をどう見るのか」を説明していました。

お手本を「よく見なさい」とは、私もよく言ってしまうけど、それだけではどこをどう見ればいいのか、何に注意するのか、子供には伝わらないですよね。

それに、子供はお手本を見ていないのではなく、本人としては「一生懸命見ている」んですよね。ただ、子供は「お手本を見て、どこを真似すべきなのか」がわかっていない。だからどんなに「見ていても」同じようには書けないんですよね。だからまず、見るべきポイントをはっきりと伝えるのは大事だと思いました。

 

夫はさらに続けました。

夫:「絵が上手な人は、描くものをよく観察して、特徴を描くから上手なんだよ」

夫:「文字も同じだよ。絵が上手な人は字も上手なんだよ」

夫:「文字もよく観察して、どういう形なのかしっかり見てごらん」

この辺り、私はちょっと目からウロコでした。

小1なら、「何かを観察する」というのは、夏休みの「アサガオの観察日記」などで経験があると思います。「葉っぱや花の形をよく見て実物に似せて描く」というのは、確かに「お手本の字の特徴を似せて書く」というのに通じるところがありますよね。観察力って、字を書くときにも大事なんだ〜と思いました。

そう言われた後に書いた娘の文字↓↓ 去年の書き初め(硬筆)の練習です。

2018-1-2-10

 

もう一つ、字を書くのに大事なことは

とはいえ、よく観察できて字の特徴が分かっていても、「手が動かなければ」書くことはできません。

娘が卒園した幼稚園は、造形に力を入れていました。工作や絵をたくさんやる園でしたが、卒園児は小学校に上がってから字がキレイな子が多いと言われたことがあります。のびのびとたくさんの絵を描いたり工作や粘土などをたくさん楽しんだことで、手首の動かし方や指先の器用さが育っていると、鉛筆を持った時も上手に動かせるのかもしれませんね

いわゆる運筆力でしょうか。観察力と運筆力、この2つが育っていれば、字はキレイに書けるのかなと思います

 

字がキレイになりそうな下敷きもあるよ!

また、娘が学校や宿題で使っている下敷きも、うちわのように仰げる硬いものからこちらの下敷きに変えました。硬筆用のソフト下敷きです。

180422-1

↓↓下の画像のように、折り曲げることができます。

180422-2

普通の固い下敷きだと、筆圧がある私の場合は書いていて疲れてしまいます。が、このソフト下敷きの場合は、ペン先が下敷きの中に少し沈むような感触があり、筆圧をうまく吸収してくれるので、疲れにくい気がします。娘も「書きやすい気がする」と言っていました。

手が疲れにくい方が、最後まで集中力がきれずにキレイに書けそうですよね。興味のある方は、文房具屋さんや通販でチェックしてみて下さい。

 

でも字を書く上で一番大事なのは

こうやって娘が字をキレイに書けるように、夫婦でいろいろやってみたんですが、結局、字をキレイに書けるかどうか(キレイに書こうとするかどうか)は「本人の気持ち」が一番大事なのかも

180423-2

だから、字をキレイに書きたいけどコツがわからなくて悔しい思いをしているお子さんに、何か少しでもヒントになる部分があればいいなあと思って記事にしてみました。

みんな、新年の書き初め頑張れ〜〜〜!!

 

岬でした。

・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岬さちこ

●ぎゅってWeb https://gyutte.jp/author/sachiko-misaki

●IG https://www.instagram.com/misaki.sa/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫・娘7歳(小2)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2019年03月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。