あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

猫好きも意外と知らない嫌われ柄??サビ猫が我が家にやってきた!

先日、100円ショップのワイヤーネットでペットケージが簡単に作れるという記事を書きました。

ペットケージが【100均のワイヤーネット】で驚くほど簡単に作れる!!

この記事にもあるように、我が家で猫を飼い始めました。
どんな猫かというと、タイトルにもあるように、一般的には汚い柄だと思われているらしいサビ猫です。

サビ猫って?

そしてこのサビ猫、私の周りの猫好きさんたちは意外と知らない猫の柄みたいです。
かく言う私も、過去、実家で何匹か猫を飼ったことがあるのですが、サビ猫のことを知りませんでした。もっとたくさん猫を飼ったことのある実母も、今現在茶トラを飼っている実妹も知りませんでした。
他にも猫好きの友達などに聞いてみても意外と知らない方の方が多くて。

どんな柄かと言うと、こんな柄の猫です。

黒、オレンジ(茶色?)、ベージュなどの毛が混ざったモザイク柄です。
古くから「”錆び”みたいで汚い」と言われ、そんなに人気のある柄ではなかったようです…

でも、ネット情報で恐縮ですが、体毛の色から、別名「べっ甲猫」とも言われるそうです。「錆び」と「べっ甲」だとだいぶ印象が違いますけど…(笑)
それから、サビ猫の柄の出方は、猫によって違うので、一匹一匹みんな違う柄になるそうです。
サビ猫の柄は唯一無二なのですね。

どんな性格の猫なの?

実は猫って、体毛の柄や色である程度性格が決まっていると言われています。
黒猫はビビリ、三毛猫はお姫様気質、などなど。

我が家にやってきたサビ猫は、「気分屋」と言われているようです(笑)
ちなみに、性別でいうと、メス猫の方がオス猫より気まぐれなんですよね。
三毛猫はメスばっかりしかいないと言うのは有名な話ですよね。
遺伝的にメスが多く、ミケのオスは珍しいんです。実はサビ猫も同様で、遺伝上、メスの方が多いです。

うちのサビ猫も、メスなので、すごい気まぐれ。
甘えてきたかと思えば、ガブッと噛み付いたり(笑)
とりあえず我が家の人間はみんな振り回されています。

でも、優しくて空気を読む猫だとも感じています。
小3の娘が私に叱られて泣いた時は、娘の涙をペロペロなめて慰めたり、しばらく静かにそばにいたりします。

かかりつけ動物病院の獣医さん曰く、
「サビ猫は一回飼うとみんなファンになっちゃうのよ〜」
「サビちゃんは賢い子が多いのよ〜」と言っていました。
わかる気がします。

サビ猫は嫌われているのか?

柄が汚い・・・・・・
と言われているそうですが、私には個性的で可愛く見えます。
猫専用のインスタアカウントでは、必ず「# サビ猫の魅力を伝えたい」を入れています(笑)

まあ、サビ猫の飼い主の一人ですから親バカも入っているのですが、せっかくなので、我が家のサビ猫の画像でもアップしてみようと思います。

TV、見てるにゃ

カバンの中は最高にゃ

娘ちゃんがお風呂から出るのを待ってるにゃ

階段で待ち伏せするにゃ

可愛いにゃ?

びっくりしたにゃ

ブラーバが怖いにゃ

椅子の背もたれに登って冒険にゃ

…どうでしょうか…、サビ猫、可愛いと思うんですけど…
というか可愛いとしか思えないんですけど…

どこが可愛いって、あれですよ、柄の話なので見た目のことを言いますけど、黒ベースなのに目や鼻の下にちょっとベージュが入ってるとことか耳が片耳だけヒョウ柄っぽいとか
画像ではわからないですけど、胸の真ん中のラインで色が切り替わっているところとか
もうとにかく可愛くてわけわかんない。

猫を飼うと人間はダメになる…

「うわ〜この人猫が好きだからって写真を一つの記事に10枚もアップしてるよ…」ってドン引きした人、いますよね?

でも今日は31日なんですよ、31日。
31で「サビ」なので、今日はサビ猫の日なんですよ。月末31日はサビ猫の日です。覚えてください。
今日はサビ猫の日なので、何枚サビ猫の写真をアップしてもいいんですよ(多分)。


あと猫を一度でも飼ったことのある方はわかってくれると思うのですが、猫の可愛さって人間をダメにしますよね?
もう猫可愛くて可愛くて可愛くて、なんでしょうか、あの鳴き声とか!にゃ〜とか言っちゃってさ!にゃーですよにゃー!

あとなんでしょうね、寝起きで伸びをするのも可愛いし、高いところに登ってドヤ顔してたり、おもちゃにじゃれてたりとか丸くなって寝るところとか。

それから人が一生懸命PCでブログを書いてるのにキーボードの上に座っちゃったりとかしてね!それはマジヤメテ!

でももう猫可愛くて可愛くて、頭の中には猫のことしかない状態になるんですよ。

猫って魔性ですよね。

サビ猫についてまとめてみる

今まで私はブログを書くときには、必ず読んでくれた方の役に立つように頑張ってきましたし、自分のポリシーにしていました。
ところが、この記事はどうあがいても「猫って可愛いよね!」という以上の内容になりません。

しかし、今まで頑張ってきた「誰かの役に立つブログ」というポリシーを今更捨てるわけにはいきません。
私にもなけなしのプライドはあるので、そこだけは守らないと!

というわけで、猫好きの方に向けて、サビ猫のプチ情報をまとめてみたいと思います。これなら雑学としてちょっとは役立ちます。

★サビ猫は、三毛猫同様、遺伝上、メス猫が多くオスは珍しい。
★サビ猫は、独特の柄と性格の良さにファンになる方が多く、一度飼うと虜になる人が多いらしい(獣医さん情報)
★サビ猫は、金属の「錆び」が由来だが、「べっ甲猫」と呼ばれることもある。
★サビ猫は、柄が一匹一匹異なり、足の肉球の色も様々。一匹のサビ猫の足の肉球の色・模様が全部違うこともある。
★サビ猫は、鳴き声が可愛い。
★サビ猫は、伸びをしている姿が可愛い。
★サビ猫は、賢くて可愛い。
★サビ猫は、優しくて可愛い。
★サビ猫は、何をしても可愛い。



…すみません…ダメでした…
頑張っても「猫かわいい」という以上の内容にはなりませんでした…


人間をダメにする猫、サビ猫…
オソロシイですね…。


関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。