あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

鋭意製作中!【卒園DVD】作りながら込める幼稚園やママ友への思い

毎年この時期になると、「早く冬が終わればいいのに・・・」と思うのですが、今年は違います。

今年は、雨だろうと雪だろうと、「1日1日が大事」と実感しながら過ごしています。

それもそのはず、幼稚園ではどんどん卒園に向けて準備が整いつつあって・・・

「もう娘は小学生になるから、幼稚園の生活は終わる」という実感と、「幼稚園のクラスがとても素敵だったら、子供たちやママたちとの別れが惜しい」という寂しさとで、毎日毎日大切に過ごそう!と思っています。

そんな中、私が今頑張っているのが、「卒園DVDの制作」です。

この時期、私以外にも「卒園DVDの担当だけどどうすればいいんだ?」と卒園DVDの作り方に悩んでいる方もいらっしゃるかと・・・

私も(二人いる)担当(の一人)なので、試行錯誤しながら作っています。

今日は、自分なりに工夫している点など、どなたかの参考になれば・・・と思いながら記事にまとめてみます。私も初めての経験なので、どこまで役に立てるかわかりませんが(汗)

2017-02-14 21 29 10

 

無料で使える卒園DVD作成ソフト

私はパソコンはmacユーザーなんですが、パソコンにもともと入っている動画作成のiMovieを使用しています。Winではムービーメーカーというのが入っているようです。

iMovieは、残念ながら、作った動画をDVDに書き出しができない(DVDに焼けない)ため、別のソフトが必要になります。無料であれば、Burnというのが使えるらしいです。

 

卒園 DVDの作り方・大体のスケジュール(うちの園の場合)

娘が通っている幼稚園では、幼稚園からは卒園アルバムがもらえます。これは、卒園して小学校に入学した後、6月に、各自が幼稚園に受け取りに行きます。卒園DVDも同じ日に配布します。

したがって、大まかなスケジュールは下記の通り。

(2016年度)幼稚園年長

4月  担当決め

5月~ 素材集め(行事などの子供達の写真や、必要に応じて動画の撮影)を開始。

別の担当者と適宜打ち合わせ(※1)

11月 クラス委員さんを交えて、卒園DVDの相談、打ち合わせ(※2)

12月 冬休み前に、保護者の方から1~2学期の写真を回収・整理、

できるところから編集を開始(※3)

3月  3学期の分の写真を保護者から回収

(2017年)入学後

4月  月末あたりにDVDをほぼ完成させ、園ママに視聴してもらい、適宜修正

5月  ジャケットデザイン完成、DVDーRやケースなど発注、DVDに焼く

6月  月初に配布

 

※1、卒園DVDは、内容的に行事の写真が必須なので、ほぼ年間を通して活動することになります。

※2、私も別の担当者の方も、幼稚園年長の子供が第一子なので、過去の卒園DVDを見たことがなかったので、卒園児のいるママにDVDをお借りし、視聴しました。クラス委員のママたちにも過去の事例を聞いたり相談に乗ってもらいました。

※3、回収した写真を行事ごとにフォルダ分けし、子供別にどの行事の写真があるorないのかチェック。

 

卒園DVD、作成中のありがちトラブルを回避するには?

卒園DVD・アルバム作成・トラブルあるある・・・

1、写真を集めるのが大変

2、集めた写真がどの行事かわからない

3、子供によって写りの良い写真とそうじゃない写真がある

 

完全な方法ではないかもしれませんが、私は下記の通り対処しています。

1、写真を集めるのが大変

DVDの素材となる写真を集めるのは意外と大変です。

そこで、下記の方法で集めました。

(1)幼稚園の保護者にお手紙を配布し、提出してもらいました。写真を集めるには、保護者に提出してもらうのが一番有効で一般的な方法。

提出の締め切りは、お便りを配布から約一ヶ月後の日付。締め切りの数日前には、締め切り日時や提出方法の確認する内容をクラス全体にメールして、それとなく提出を促しました。

また、写真が少ないお子さんのママには、個人的にお願いしてもう一度探してもらいました。

 

(2)とにかく自分が出向いて撮影しました。

写真を提出しない方もいらっしゃる(仕事で行事に来られず写真撮影自体ができない方や写真を撮る習慣のない方もいる)ので、自分が一眼レフデジカメを持って出向きました。

おかげで写真がちょっとだけ上手になりました・・・笑 ラッキー!

 

(3)何人かのママに写真撮影を依頼しました。

一番助かったのは、やはり協力者の存在でした。

・園便りを作成している委員のママが写真を提供してくださり、とても助かりました!委員しか撮影できない行事などもあるので、本当にありがたかったです。

・ほかにも何人かのママが写真撮影に協力してくれました!「Aちゃん(仮)の写真が少ない」と話すと、その子を事あるごとに撮ってくれたり。こちらも本当に助かりました。

本当にありがとう!!

 

2、どの行事かわからない写真が多い

例えば、園外に出かける場合、どの行事でも大抵、「スモックを着て」「お弁当を食べてる」んですよね、あとは「屋外で整列して先生の話を聞く」とか。

似たようなシチュエーションって、実は色々な行事で結構あるんですよねー。

そうすると、似たような場面の写真も当然増えるわけで・・・お弁当を食べている写真なんて、それだけ見るとなんの行事なのか正直わからない・・・。

というわけで、保護者から写真を提出してもらうときは、できるだけ行事ごとにフォルダ分けしてもらうように依頼しました。メールに添付して送ってもらうときは、メールのタイトルを行事名にして、行事ごとメールしてくれる方もいました。

私も、提出された写真を受け取ったら、即、行事ごとフォルダに入れました。

時間が経てば経つほど、なんの写真かわからなくなるので、整理はとにかくスピーディに!が鉄則だと感じました。

 

3、子供によって写りの良い写真とそうじゃない写真がある

これ!例えば、運動会の写真で遠くから撮った写真が多くて、いつも小さくしか写っていない子とか・・・逆に、ドアップで素敵な笑顔の写真が多い子とか。

できるだけ大きく写りの良い写真を選べるように、そしてその写りの良さや枚数が公平になるようにしないといけません。下手したらクレームになったり、子供が傷ついたりしちゃうかもしれません。

なので、私は、一度動画を作った後、子供別に「個人で写っている写真」「2人以上のグループで写っている写真」をカウントし、全員できるだけ数が同じくらいになるよう調整しています。

それでも、100%の解決方法はないと思います。「私が良いと思う写真」をすべての人が同じように良い写真と思うかどうかは疑問。個人の感じ方には差があるし、どうしてもカメラが嫌いな子供は枚数だって少ないし・・・、完全に公平にするのは、正直、難しいと感じています・・・

 

意外と知らない「写りは良くても使いにくい写真」、「実は使える写真」

「写りは良くても使いづらい写真とは?」

写りは良くても使いにくい写真があることをしりました・・・!

写真は、カメラも携帯も、縦でも横でも撮影できます。が、DVDにするときには、断然「横」の写真が使いやすいです。テレビは縦長ではなく、横長で映像を見ていると考えれば自然なことなんですが、気づきませんでした。

Macにもともと入っているiMovieで動画を作っていますが、縦の写真を使うときはちょっと面倒。写真を一部だけ拡大(iMovie上でズームする)して部分的に見せるか、画像を上下に移動させるなど工夫が必要です。

そうなると一枚の写真をどう見せるか・・・で結構時間を取られてしまう。それなら最初から横向きで撮影された写真を使った方が楽です。

 

「使えないと思ったけど、実は使える写真」

ズバリ、集合写真!これが思っていたよりも結構使える~!!

集合写真は、アルバムなど紙面では一人一人の顔が小さくなってしまって見づらいですが、これが映像になるとやり方次第で結構使える!

 

集合写真をうまく使うコツとメリットは・・・

☆「写真の枚数が少ない子が集合写真で綺麗に写っていたら、その子にズーム!!これで一枚稼げる♡」

☆「集合写真は、ある程度ズームして、左から右へ移動させていくと、子供たちみんなの顔がまとめてしっかり見られる!!」

集合写真一枚とってみても、行事によって子供達の表情が全然違って面白かったです。七夕は「暑い、だるい」みたいな顔だったのに、運動会では「楽しかった、やりきった」という生き生きとしたいい表情でした。

 

卒園DVD、見ながら共感してもらえる構成とは?

これは、もう、私も誰かに教えて欲しいところ・・・

が、あえて、現時点での私の考えを言うとしたら、一番大事なのは「時系列に画像を並べること」でしょうか。

 

例えば、動物園での遠足の動画を作るとしたら。

時間軸に沿って、

朝、集合した写真→午前中に見た動物→お弁当→おやつ交換→みんなとの集合写真・・・と並べていきます。

そうすると、

「遠足の時、朝早くて大変だったんだよねー、午前中にみたライオンとかもなんか眠そうだったし・・・。でも朝早かったせいでお弁当がしっかり食べられて、みんなとおやつ交換楽しかったな!チョコレートを持ってきた子がいて溶けて面倒だったんだよね。ほら集合写真の口の周りにチョコついてるしwww」

・・・と、いう感じで、思い出が蘇りやすいんじゃないかな?ということは、共感してもらえるということなのかなと。なので私は、時系列に沿って動画にすることを心がけています。

 

私が考えるそのほかのコツとしては・・・

・同じ構成の写真ばかり使うと単調になり飽きてくる。同じ場面(例えばお弁当を食べている写真)でも雰囲気の違う写真を並べるように気をつけています。

お弁当を膝に乗せてピースしている子の写真→お弁当をカメラに向かって見せてくれている子の写真→お弁当のおかずを今まさに口に入れようとしている子の写真・・・と言うように。

 

人物以外の写真や後ろ姿、横顔の写真も入れるようにしました。動物園に行ったのなら、動物の写真やみんなで動物を見ている子供達の背中など。こういう写真を入れると、「その時何をしていたか」がよりリアルに伝わるのではないか?と思います。ただし、横顔は顔の表情が大きくわかる写真のみ使い、後ろ姿の場合は、その子が写っていたという枚数にはカウントしません。

 

卒園DVD、オススメ BGM

紙のアルバムと違ってDVDは音楽も選ぶ必要が。

オススメの曲は、「卒園」の定番「たいせつなともだち」です。これはベネッセのCMソングですけどね。卒園式などに合わせたら、臨場感が出て良いのでは。

☆こちらからmp3形式でダウンロードできます。→「たいせつなともだち」楽曲ダウンロード

 

あとは、子どもたちが幼稚園で練習した歌の「合唱」や「合奏」などを録音しておき、それをBGMにするのもリいいと思います。

他は、私は無料の音楽素材のサイトから使わせてもらったりしています。

 

作りながら込める幼稚園やママ友への思い

担当になった当初、DVDなんて作ったことがなかったので、自分なんかができるのかとても不安でした・・・

が、最近では、引き受けて良かったと思っています。

と言うのも・・・幼稚園のいろいろなママ達が送ってくれたたくさんの写真を見ていると、本当に楽しいから。ひとつの行事をとっても、その前と後で子供の表情が違うことに気づき、それを見つけるのが本当に楽しんですよ、みんな本当に可愛い。

例を挙げると、球技大会が顕著でした。練習中の顔と本番中の写真、大会が終わってからの写真。どれも表情が違います。練習中は「なんか楽しい」顔、本番は「ちょっと緊張しているけど目がまっすぐでキラキラしてる」、終わってからは、負けてしまったチームは悔しさをにじませ、勝ったチームはすがすがしい顔をしています。

そういう発見があるたびに、「ひとつひとつの行事で、子供達は確実に成長してきたんだな」と感じられます。

今は、そんな子供達のたいせつな日々を卒園DVD一枚にしっかり納めたい!と言う気持ちです。一緒に子供達の成長を見守ってきたママ達に「ありがとう」の気持ちを込めて、幼稚園の先生にも「お世話になりました」と言う気持ちを込めて、残りも丁寧に編集していきたいと思います。

 

 

卒園DVD完成しました!!→完成!【卒園DVD】後悔したこと嬉しかったこと作成中の思ひ出ぽろぽろ

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫・娘6歳(小1)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2018年02月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログランキング「その他」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。