あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

絵本で始める行事の準備【子どもの日編】 

img_4653-1

こんにちは〜

岬です。

 

先日、図書館で絵本を借りてきました。

テーマは、「こどもの日」。

画像の後ろ側4冊が図書館で借りて来た絵本です。

子どもの日は、「健やかに育ちますように」と願う日なので、

昔話の「ももたろう」や「きんたろう」は、

元気な子どもが主人公でうってつけのお話ですね。

「いっすんぼうし」辺りも良さそうです。

あとは、鯉のぼりの本もぜひ読みたい。

 

我が家では、行事の前月には、その行事に関連した絵本を

必ず何冊か読むことにしています。

一回だけ読むのではなく、一ヶ月かけて、

じっくり、ゆっくり、読みます。

 

これにはちょっとだけ理由があって。

 

1、子どもがその行事を迎えるのを楽しみに待てる

絵本を事前に読んでおくと、

娘が「あと何回寝たらこどもの日?柏餅食べる?」など質問してきます。

結構何回も聞かれます。

楽しみにしているんだな、と思います。

(まあ主に食べ物について気にしている様子ですケド・・・)

 

2、楽しみながら知識がつく

絵本は、子どもにわかるように書かれているので、

どんな行事なのか、由来は何なのか、何をしてお祝いするのか・・・など、

理解できる範囲で、無理なく、その行事について知ることが出来ます。

私も絵本を見ながらだと説明しやすいし、豆知識がついて楽しいです(^^)

 

3、行事を体験した記憶が子どもの中に残りやすくなる

絵本で知識をつけた後に、実際に体験することで、

子どもの記憶に残りやすくなります。

さらに写真を撮っておけば、楽しかったことをずっと覚えていて

くれるかもしれません。

 

 

私は、パートをしているので、娘の幼稚園の行事は行けないことがあり、

ちょっと寂しい思いをさせています(反省)。

なので、家庭では、できるだけ「一緒にやった、楽しかった」と

思ってもらえるように、絵本を活かしたいなと思っています。

 

でも、まあ、うちの娘は、柏餅と桜餅が混ざってしまったり、

お月見団子と鏡餅が混ざったりしてます・・・(笑)

行事の大まかな内容は、分かっているようだな〜と思います。

細かいところは少しずつ訂正します〜。

 

みなさまは、どうやって行事を迎えていますか?

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫、長女9歳(小3)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。