あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎6兄妹ワーママ全力記

【子供の夢遊病】夜中に歩きながら泣き叫ぶ!何科へ受診?夜驚症に奮闘中

夏休みもいよいよ中盤になり、蒸し暑く過ごしにくい気候で小学生もダラダラ生活になってます。
でも親は特に変わらない日常なので、夏休みOFFモードの子供と、朝の支度や保育園の送迎などでバタバタするONモード母との気温差が激しく、終日疲れが抜けず朝起きた瞬間から疲れていて若干夏バテ気味になっているママは私だけでは無いと思います。
そして最近子供にある症状があり、母は連日睡眠不足の状態が続いてます。

睡眠不足になると夏バテが悪化します

母の不眠。原因は子供の「夢遊病」

未就学児の時から3rdは寝相が悪く、180度回転している時は当たり前。夜寝たはずの寝床にいないで全然違う布団で寝ていたりと寝相の悪さは兄弟一です。
そんな3rdが夜中に起きると「寝ぼけている」「変な夢でもみているんだな」と思っていたのですが、夏休みに入る前あたりからその症状がどんどんエスカレートして行きました。


【夜中に歩き回る】
夜中に突然ムクっと起きて何か言葉を叫びながら歩き回ります。何かを叫びながら部屋をぐるぐる歩き、近くに寝ていた兄弟を踏みつけて行くので、寝室は兄弟も起きてしまうというパニック状態に。
そして数分間歩き回ると、突然電池が切れたかのように何事もなかったかのようにその場で寝てしまいます。
ペアで寝ている1stは毎日お腹を踏まれていますが、「もう慣れた」との事。踏まれたぐらいでは起きない大物ですね。。。



【泣き叫ぶ】
怖い夢でも見ているように「やめて!」「そっちはダメ!」など普段のしゃべる時の声より大音量!で叫び始め本気の大声で叫ぶ3rdの声で寝室で寝ている子供達は何事かとビックリします。
そしてこちらが3rdに声を掛けたり返事しても本人には全く聞こえていないので、子供はどんどんパニックになって大混乱。なかなか落ち着かず、興奮状態が治るまで見守るしか出来ません。


【別の人格?】
寝ぼけているので一度、目を覚ましてもらおうと、顔に水をかけたり、手を洗わせてみたり、頬をペチペチ叩いて起こそうとしたのですが、ずーっと本人は目を閉じたままです。
起きたかな?と思って「お名前は?」と聞くと「分からない」。
さっき「お姉ちゃん!危ない!」と叫んでいたので「お姉ちゃんの名前は?」と聞いても「分からない」。

そして何かに怯えながら怖がって震えているのですが、私の事も分からないので子供の手を掴んだり介助すればする程パニックに。
3rdに寝ている間に別の人格が出てきている又は、何かに取り憑かれているような症状が続くので、何かの病気かもしれないと怖くなりました。

一見起きているいたいな言動をしますが、完全に寝ています

夢遊病、まずは小児科へ相談!

これらの症状が出始めて、約2週間。
朝起きて3rdに「昨日、どんな夢を見ていたの?」と聞いても「知らなーい!」「僕が歩く?そんなバカな〜(笑)」と本人は元気いっぱいで普段通り。
騒いだり徘徊している時の記憶も自覚症状も全くありません


最近徘徊の頻度が多くなり、寝ぼける回数も一晩に1〜2回に増えてきて、その度に毎晩対応に追われて母も不眠気味です。
もう「寝ぼけ」を通り越してきたので、本格的に診てもらうと思ったのですが夢遊病は何科に受診すれば良いのか分かりませんでした。

不眠症などの睡眠障害だったら心療内科や精神科ですが、これは大人の場合。子供の睡眠障害も心療内科で良いのかな?と迷い保育園の看護師さんに相談したところ「小児科」を勧められました。

まるで起きているかのような言動。母は夜中の突然の行動が気になって眠れない!

原因はストレス?快眠出来る環境作りをしたい!

小児科へ行き、睡眠の症状を相談したところ「夜驚症(やきょうしょう)」と診断されました。

夜驚症とは睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげで暴れたり怯える症状で、3歳〜小学校低学年ぐらいの脳が未発達な時期の子供に多く、原因は環境の変化やストレスが影響している事が多いようです。一種の睡眠障害ですが、特に医療法も無いのですが、気持ちを落ち着かせる漢方薬を処方され飲むことになりました。


そして、この診断結果を学童の先生にお伝えし、「普段の様子はどうですか?」と聞くと、「小さな喧嘩はちょいちょいありますが、ずっと気分が落ち込んでいるなどの様子は見られません」との事。
ですが「夏休み中ほぼ毎日学童ですと、少なからず皆ストレス溜まってしまうと思います」と伺い、ハッとしました。

今年はパパママの休みの都合が合わず旅行の計画も無し。家族みんなで夏休みらしい所へおでかけもしていない。
子供の宿題を気にして、ゲーム三昧のだらけた生活態度の子供達に母のイライラは増えるばかり。そのイライラが子供達に伝染しているのかもと感じました。

そして極め付けはエアコンの故障。寝室を冷んやり系の寝具で熱を逃してたりと暑さ対策にもやはり限界もあり、扇風機だけでは寝苦く深く眠れて無かったのかもしれません。

この時期は気温の調節が難しくて大人でも体調崩しますよね

効果あり!徘徊や寝ぼけの頻度が減った!

夜驚症と診断されて処方された漢方薬を飲み始めたら、少しずつ効果がありました。

漢方を服用した日の夜は徘徊が無く、翌日は一言吠えるだけ。1週間様子を見ましたが、朝まで寝る日もあれば、起き上がるけど正座で座るだけという状態に、夜驚の症状が軽くなっていると実感しました。
また、今まで壊れていたエアコンも修理し、涼しい部屋で寝れるようになったなど3rdが寝る環境が良くなった点も、改善要素になっているのかもと思いました。

漢方薬は粉薬なので、3rdは飲みにくい!と言いながら頑張って飲んでます。
夜驚は年齢と共に自然に治るものなので特に治療は不要と言われていますが、あまりにも子供の徘徊頻度が多かったら、小児科に相談してみるのも一つの解決策になるかもしれませんよ。


以上、夜驚症の症状が減ったおかげで夜中に踏まれる・起こされる頻度も軽減し、もっと早くから小児科に相談すればよかったなと思った伊藤でした。

夜驚症は親も不眠になるという恐ろしい症状だと思いました

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫、長男11歳(小5)、長女9歳(小3)、次男8歳(小2)、三男6歳(保育園5歳児クラス)、次女3歳(保育園2歳児クラス)、四男0歳
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2019年08月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。