あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎6兄妹ワーママ全力記

【小学校のPTA】パパが本部役員になりまして。夫婦で協力!PTA活動

新年度になり令和元年度のPTA活動が始まったと思います。新一年生を持つお母さんは初めての学校のPTA活動に少々緊張している方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

委員会や係、本部などで構成されているPTA活動ですが、任期は1年間。翌年になると他の委員や係を行い、小学校によって活動も構成も様々。昨年度はパパが教養委員長を務めました。

《過去のPTA関連のブログ》
【小学校のPTA活動】パパの参加は珍しい?夫婦で活動した委員会の感想はコチラ>>
【育児マンガ】多兄弟・歳の差兄弟あるある?PTA活動は続くよどこまでもはコチラ>>

保護者会や地域訪問など先生も4月は大忙し!

パパのPTA活動デビューのキッカケ

パパがPTA活動に協力的ですごい!と思われているかもしれませんが、初めからPTAの仕事を自ら行うようなパパだった訳ではありません。

1stが入学したての頃はパパはPTA活動はママに任せっぱなし。PTAに協力する気持ちはあるけど、具体的な行動も無く学校の活動や会議は「ママだけ」が参加。パパは運動会などの行事と学校参観のみ出没するという一般的な家庭状況でした。
(パパ、ディスってごめんね)




1年間一緒に活動するので、顔合わせには参加したいですよね。


そんなパパが、ママの代理で子供達を全員連れてPTAの委員会会議に参加した事が全ての始まりでした。


それは昨年の委員会活動の初日、この日がママのネイル検定本番と被ってしまうトラブルが発生しました。検定の日程は何日も前に決まっているけど、新年度のPTA活動や会議の日程は4月以降にならないと分からない為、検定や仕事など既にマストな先約が入っていると調節が難しい。


委員会の初日は委員会内の顔合わせ・委員長決めの大事な日なのに、モデルさんや先生と一緒に練習を頑張ってきたネイル検定を今更棄権する訳にもきません。かといって、自ら希望した委員会なのに初っ端から会議を欠席するのも気が引けます。

代理でパパが出席する事になりましたが、もちろん会議に出席するのはママばかり。そんな女性だらけの会議で乳児連れのパパが1人居たら…まぁ色々な意味で目立ちますよね。
委員長や役割を決める会議で見事、パパは委員長になって帰宅してきました(苦笑)

委員長になって分かったPTAの活動内容

子供達の通う小学校では、2ヶ月に一度、代表が集まる会議があり、PTA会長と副会長・本部役員・各委員長・校長先生・副校長先生が出席して活動内容や学校の行事や連絡事項を報告します。
平日都合がつきやすい私がパパの代理で会議に出ていたのですが、その時に議事録(紙)に目に通して「各委員会はこんな活動しているんだなぁ」とPTAの活動内容や学校の様子をざっくり学んだそうです。


学校の活動以外でもPTAが関連している事が多いんですよね





「役員先行委員会」というPTAの役員を決める為の委員会もあり、保護者会や学校公開日などを使用してPTAの活動内容・本部の仕事内容などをわかりやすく説明してくれます。
でも、説明を聞いて理解する機会がある保護者は、ほとんどママ。
そもそもパパがPTAの活動内容を理解する・分かる機会なんて保護者全員参加の入学式しか無いのかもしれませんね。

本部に立候補した多兄弟ならではの理由

複数の委員会や係から毎年12月頃になると次年度のPTA活動内容を決めます。でも、兄弟が多い我が家は引っ越しをしない限り10年以上PTA活動は既に確定。在籍中に全ての委員会や係をフルコンプしたとしても、2巡目がもれなく待っています。



次年度に活動する委員会・係を希望

希望する委員会や係になるか分からない

また新年度に1から委員会や係の仕事を覚えてスタートするのがめんどくさい!

どうせ全ての委員会をやる事になるなら、もう本部に立候補して学校の内容を把握してまおう!

子供の学校生活が関わっている事だから、ちゃんと把握しておきたい


本部役員は大変!って事は昨年の活動で重々承知でしたが、夫婦で話し合った結果、どのタイミングで本部になっても大変なのは変わらない。
「やるからには、責任持って楽しくやる」という夫婦共通の考えもあり、お互い納得した上、本部に立候補しました。

パパがPTA活動するメリットとデメリット

メリットは本部になると行事や家庭への連絡事項が先に分かるので、パパとの学校関連の情報共有が楽になりました。また、学校へ行く機会が多くなったので「どんな事を子供がやっているかが分かる」そうです。
また「今日こんな内容の配布物子供達から受け取ってない?」などパパが配布物の詳細をある程度理解しているので、子供達のランドセルに眠った未提出の大事な配布物がちゃんと私の手元に届くようになりました。


会議や式典への参加が多くなり、パパはお洒落な室内シューズへランクアップ♪



デメリットは夫婦揃う時間が減った事です。
参加するPTA関係の会議が多くなり、パパとの共有カレンダーには会議の予定が入っていきました。パパが会議の時は私は基本的には子供達の担当となるので、夫婦での会話はLINE大活躍です。

でも、普段からほぼ毎日ワンオペでパパが居なくても慣れている我が家は、特に日常に変化無し。むしろ、学校関係の事をパパが主に担当してもらっているので私の負担が減っていると感じます。

本部になったパパ。学校へ行くと変化が・・・

活動が始まり、パパの周りに変化があったそうです。それは学校へ行くと・・・


「あ、1st君のパパ」
「2ndさんのパパ」
「3rdくんの・・・」

ママさん達に沢山お声がけされるようになったけど、パパは保護者の顔とお名前と子供の名前が一致しない。(苦笑)

子供達がいる時に「○○さんって子供の名前は?」「何組?」など、子供と親の名前を紐づけして覚えようと頑張ってます。子供との学校の出来事やどんな友達がいるか、夫婦で把握が出来て学校の話題も増えたと感じました。


実際にパパがPTAの活動を行ってみて、平日にPTA活動を行うには、比較的時間の調節が可能な方が向いていると思いました。特に平日はお仕事をされているパパは、活動に参加したくても、職種や就労時間など物理的に難しい方がほとんどだと思います。

活動中はパパがママに変わって子供の面倒を担当したり、活動に参加しやすいような環境を作ってあげたりと、ママをサポートする姿勢があれば、表立ってパパが活動していなくても、夫婦で活動を行っていると言えるのではないかなと感じました。

年号も変わるので、色々な発見がある年になりそうです

以上、これから1年間、私はパパが円滑にPTA活動が出来るように、裏方としてサポートしたいと思った伊藤でした。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 伊藤愛さん

    2019/4/19

    カンナさん、コメントありがとうございます!本当PTAの活動は学校により様々ですよねー。教育現場も時代も変化しているので、良い所は取り入れる!という積極的な姿勢に共感します^^

  • 大塚かんなさん

    2019/4/19

    わー。お疲れ様です。 他の学校の人のPTAの話、すごく参考になります。 いいなと思う事や考え方は積極的に取り入れねば。 こんど詳しく聞きたいです!!

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫、長男11歳(小5)、長女9歳(小3)、次男8歳(小2)、三男6歳(保育園5歳児クラス)、次女3歳(保育園2歳児クラス)、四男0歳
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2019年08月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。