あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎6兄妹ワーママ全力記

【うちの子変?発達編】ことばの教室って何するの?ユニークな指導と効果

4月から年長クラスになる4th。以前、達の口喧嘩の時にうまく言葉が伝わらず、保育園の先生に滑舌が気になるようだったら産休中に「ことばの教室」へ通う事を勧められました。

【うちの子変?発達編】滑舌が怪しい4歳児。ことばの教室に面談に行った結果
コチラ>>

里帰り終了後の3月から復職する4月までの1ヶ月間。週に1回のペースで通う事になりました。

うがいで分かる?!喉の使い方


指導は1回45分。最初の指導では挨拶や今日の出来事を本人の口から話してもらい、指導内容を先生と一緒に決めます、この日は喉の使い方の確認から。
部屋に備え付けの洗面台で水を口に含む先生と4th。そして、そのままガラガラとうがいをし始めたので「喉を潤しているのかな?」と思っていたら、実はうがいで喉で唾液(水)を止めていられているかを確認するそうです。

▼喉の使い方を確認。ガラガラ出来る事って大事だそうです

「うがいが出来る=喉で唾が意図的に止められる」

私たちは発語する時に無意識で喉を使っているのですが、うがいが出来無いと発語出来無い言葉があるとみたいです。
口を開けて上向きになった4thにスポイトで水1滴垂らし、それを飲み込まず数秒止めてから「ペッ!」と吐き出す。その行動を繰り返し行い、喉の使い方を確認していました。
その結果、喉は正しく使えているので、発語出来無い原因は他の箇所になります。

舌の動かし方の練習


口を開けて舌を左右上下に動かして舌のストレッチを行います。また、舌を正しい場所に固定出来るよう、舌の上にお菓子を乗せて10秒待つなど、ユニークな指導ばかりで、指導中は4thも楽しそうでした。

▼舌の出し方や動かし方を教えてくれたり

▼鏡を見て正しい舌の位置を確認します

▼舌の癖が出ている時はストローでちょんちょんと触って指導

子供の指導なのに、気づくと私も一緒になって舌の動きトレーニングをしていました。意識して舌を動かす事がなかったので、子供と一緒の動きをしているだけで口が疲れてしまいました。

まずは「が」が言えるように!舌の指導


「あ」から「ん」まで発語すると、発語出来無い(聞き取れ無い)単語がいくつかありました。最初に指導が始まったのが「がぎぐげご」。特に「が」が言えず「だ」になってしまうので「ありがとう」が「ありだとう」と聞こえてしまいます。
「が」の前に「ん」を付けて「んーーーーーーが!」と言う練習。すると今まで「だ」しか聞こえなかった「が」が、きちんと「が」に聞こえるようになってきました。何度も練習しているうちに「が」の発語が出てきてるのですが、油断すると「だ」と発音してしまう4th。

▼「が」と発語出来た数をカウント。その数値を見て4thも満足気です!

ことばの教室は自宅で行う宿題が出ます。主に指導した内容の復習ですが、私と4thが「んーーーーが!」と自宅で宿題をやっていると・・・。2歳児5thが隣で「んーーーーーが!」「が!」「がーーーーー!」と真似してきたので(しかも発語は完璧)、4thはへそを曲げてしまうシーンもありましたが・・・。
しかし、練習を繰り返していると「だ」と発語してしまった時は本人も「あ。間違えた」と言っていたので、なんとなく「だ」と「が」の口の中での違いが分かってきたみたいです。
1日10回発語の練習をするのですが、3回に1回は「が」と聞き取れるようになりました!

滑舌が悪い原因はコレかもしれない?!


先生とトレーニングをしていたところ、「ちょっとママ!これいつから?」と先生に言われてみて発覚した癖。ママと先生が話していると舌を出したり、折りたたんだりして遊び始める4th。

▼舌を丸めたり落ち着きがない!

口の中で落ち着きが無い舌。舌が動き回ってきちんと発語の時に定位置に無いから、正しく発語出来ていない原因の一つだと教えてくれました。でも、舌が落ち着きがないという癖は小さい子にはよくある事なので、まずは舌で遊ぶ癖を無くすように促すようにと指導されました。
4thの舌がこんなに動くなんて、正直5年間一緒に生活していたのに気づきませんでした(苦笑)
保育園の先生に聞くと、照れた時にたまに舌で遊ぶようで、本人も無意識のうちだそう。私の知ら無いうちに舌で遊ぶ事が癖になっていたみたいです。

▼舌の先のみを使う練習。真ん中のクリームだけを舌の先で舐める事が意外と難しい!

ことばの教室での発見


様々な指導方法があると思いますが、今回4thには発語出来無い単語を確実に1語ずつ埋めて行くという指導法です。「が」が出るようになった成長を周りからも褒められた事により、本人も自信がついたようでした。

▼繋げて話すと出来無い発語もあったり、全ての発語が出来るには少し時間が掛かるかも。

また、ことばの教室に通い、初めて分かった事が「自分の子が他の月齢が同じ子より発語が出来てない」という現状。聞き取れ無い単語があっても成長すれば言葉も上手く話せるでしょう!と気にしていませんでしたが、家族以外の方からの指摘により、同年代とは少し遅れているだなと意識して、親子で改善しよう!という気持ちが芽生えました。


そして指導を進めていくと「おかあさん」と言え無い事が分かったのも驚きでした。自分の名前が入っている「か」行の発語がまだ出て無いので「おかあさん」が「おたあたん」になってしまいます。今まで4thからは「ママ」と呼ばれていた為、全く気づきませんでした。4thは苦手な言葉を自主的に意識して使わ無いようにしていたみたいです。

▼練習する事により(お菓子があれば)舌を固定する時間も長くなってきました。

実際に専門家(言語聴覚士)に指導してもらい始めると、発語出来てい無い言葉や4thの苦手な発語、発語の癖などが明確に分かりました。そして指導や宿題を行ううちに確実に4thの言葉が上達していると実感しています。
まだ全ての単語が出て無い(発語が出来て無い)ので、引き続き通う事になりますが、4thの名前を含めて我が家の兄弟の名前が「か」行なので、兄弟の名前を全員正確に発語出来ること!を目標に、親子でことばの指導とトレーニングを続けたいと思いました。

以上、私も「か」行が発語出来無いので、子供は先生とマンツーで指導してもらっていいな〜と思いながら、指導中にさりげなく一緒に練習して舌が疲れる伊藤でした。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫、長男11歳(小5)、長女9歳(小3)、次男8歳(小2)、三男6歳(保育園5歳児クラス)、次女3歳(保育園2歳児クラス)、四男0歳
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。