あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

【子育て本番は小学生から】小4の壁!1人で宿題が出来ない子の実態ー後編

1stが宿題をどうしてもやらない件で臨時面談を行ってもらう事になりました。

前編はコチラ>>

先生と夫婦での三者面談

夫婦で仕事を中抜けして30分だけ面談の時間を作ってもらいました。夫婦で聞きたかった事はこんな宿題の状況で1stは果たして学校の授業についていけているのだろうかというのが一番のポイントです。
先生に授業の様子を聞いたところ、毎日国語の宿題で漢字の書き取りが3つあり、翌日宿題で出した漢字の小テストを授業中に行うみたいです。先生に見せて頂いた1週間の小テストの点数を見て愕然。4月からの統計結果を見せてもらい、最初は20点など数字がチラチラ見えたのですが、途中で0か○なのか区別がつかないぐらいずっと0点。最近の小テストでは「-(やっていない)」という印が書かれていました。もちろん小テストの実態もこの話で初めて知りました。

<記事が続きます>

どうやら本人もテスト時間は1問も答えが分からずぼーっとして過ごしているので、分からない時間を無駄に過ごすのが勿体ないという理由で、先生の計らいで小テストの時間は机をずらしてテストの漢字の書き取り練習をさせているのだそうです。つまり、自宅で母が付きっきりで1時間近くかけて国語の漢字書き取りの宿題に付き合った時間が全て無駄だったという状況が発覚して母はがっかり。

▼頭に全く入っていなかった今までの宿題時間
a759873f1a93f5ac62778bbfd2b9f193_s

学校で当日学んだ漢字を自宅で勉強しているにも関わらず、本人が漢字を覚える気が全く無いので漢字の書き取りの宿題はただの消化試合。しかも文字を書くことが極端に苦手なので漢字も汚い・読めない。そして書き直しに時間がかかり、本人もイヤイヤ、漢字にも興味が無いから「宿題が終われば良い」という考えでひたすら漢字を書いているので全く頭に入っていない為、国語のテストはほぼ0点という非常に残念な学校の様子という事が分かりました。

また、算数も文字が汚くてノートが読めなくて書き直しが多かったり、数字の見間違いでテストでは答えが合っているのにバツになっていたりと、本人の字の汚さが原因で招くニアミスでやる気が無くなっているみたいです。

書く事が嫌いだと結果的に・・・

先生曰く社会や理科など、自分で考えて発言したり、観察したりするのは得意で積極的との事ですが、それを文字を使って日記や文で表現するとなると著しくスピードが落ちて結局書かない・やらない・集中力が切れるといったパターンになるみたいです。

▼理科や社会など興味のある分野は100点なのですが・・・
02

逆に先生からは家庭ではどのように宿題をやらせているかという質問がありました。宿題(文字を書くこと)に抵抗がある為、宿題にとりかかるのに時間がかかる。宿題は無いとウソをついたり宿題自体、連絡帳を忘れるから親が宿題を確認出来無い日もあると先生にご相談しました。
30分の面談の結果、1stが宿題をやらない原因は、文字を書く事が必須の宿題が大嫌い。嫌いだから1人だと集中しない。という事が判明しました。

▼友達と宿題やる時は(若干写し合っている場面もありましたが)ちゃんと取り組んでました
01

学校の様子や本人の性格からして、1人で学習をさせる事は無理な状況というのも改めてわかったので、宿題に取り組む時は親のどちらかがついて見ていないといけないという事も夫婦で再確認しました。家庭内の宿題環境は大きな改善がありませんでしたが、学校での学習の様子や家庭の状況が先生と保護者で共有できた事は大きかったと感じます。

今後の対策を考える

本来ならば遅れている漢字を全部覚えさせてすぐにでもテストに参戦させたい所ですが・・・。
1stの性格をよく知るパパは小テストは今まで通り本人だけ別に書き取り練習に当てて、その変わり確実に漢字を覚えるという事をしてもらう事になりました。宿題も漢字3文字だけを覚えるまで練習するという国語の宿題にしてもらい、漢字の遅れを取り戻す作戦にしました。

そして先生や学校との連絡の要ともなる「連絡帳」。今までは帰りの会でほとんどしていなかった持ち物チェックを(そりゃ小4ですからね)先生も、1stが毎日ランドセルに入れるのをチェックするので、1stには帰宅後必ず連絡帳・宿題・手紙の3点セットを出させ宿題の内容を親がしっかり把握しようという事で面談は終わりました。

line-02

面談が終わって職場に戻ったらすぐに先生よりお電話があり「早速1st君、教科書やプリントを忘れて帰りました」という悲しい報告が。私が放課後取りに行くと・・・

▼全教科書学校に置いてあったらみたいです。
0

1週間分の教科書を学校に置いていた為、全て持ち帰る事に。忘れ物が多かった1stが「忘れ物をしないように」と考えた作戦なんでしょうが、なんかちょっと違いますよね。。。

帰ってきた1stに面談の内容や学校の取り組み、1stのズボラな性格を改善する為にパパママも本気なんだよ!という真摯な姿勢を伝え以下の約束をしました。
▼ウソばっかりつくので、本当に改心してもらいたいです
03

翌週、先生からお電話があり「最近、宿題が見違えるように変わりました。夏休みの個人面談まで、引き続き本人の学習態度の改善を見守ります」とのご連絡があり、少しは1stも改善の心が芽生えたのかな?と思いますが。。。
またすぐになまけ癖がつくのが目に見えているので、親に「宿題やったの?」と言われなくても他の兄弟みたいに自ら宿題をやり始める日が来る事を祈りながら小学4年生の扱いに奮闘するでしょう。

以上、1stの忘れ物回収後に1st同級生の子と一緒に帰る事になり、さりげなく「この前の漢字50問テスト何点だった?」と聞いたら「勉強したのに98点だったんだよなー。」という答えが帰ってきてやっぱり普通の子は勉強すればちゃんと点数が取れるんだなぁと学力の差を感じた伊藤でした。
(ちなみに1stは再テストでも20点でした・・・orz)

関連キーワード

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫・息子9歳(小4)・娘8歳(小2)・息子6歳(小1)・息子4歳(年中)・娘1歳(1歳児クラス)
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2018年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。