あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

【プログラミング教室】どんな内容?何をするの?創造力は無限大の発表会

先日1stが1年間通っていた「わくわくロボットプログラミング教室」の発表会でした。小学生から受講が出来るのですが、年々人気となっているプログラミング教室。区が行う子供支援事業なのでこちらの教室は様々な学校・学年の子供達が一緒になって学んでいました。プログラミングは2020年より小学校の教育必修化として今注目されてますね。先日の日経新聞でも一面の記事で紹介されていて、益々プログラミングへの人気が高まっているのではと感じました。

▼園児からでもプログラミングを始めるみたいです
020601

実際どんな事をやるの


EV3というロボットを1年かけて自分でプログラミングして動かすという所が目標。1〜2年生・3〜6年生の2つのコースがあり、取り扱う内容はほぼ同じですが、1〜2年クラスは予め講師が一部を制作するなどの簡略化したものを。3〜6年クラスは少数やかけ算・わり算が関係する内容を扱ったりと先生方で調節をしてくださっているみたいです。

▼EV3は企業研修や個人の愛好家まで幅広く使われているみたいですよ
020603

プログラミングの言語はロボットアカデミーなど一般の幼児向けロボット教室や小学生でも扱えるプログラミング教材として使われているLEGO。あのブロックのレゴのようにパーツを組み立てプログラミングする仕様は、ブロックや積み木が好きな子供は直感的に分かるし、初心者でも分かりやすいので大人でもハマってしまいます。

▼英単語を入力するより動きを組み合わせてプログラミングするLEGO。
020610

子供達の作品発表


普段は見学も付き添いも不要のプログラミング教室ですが、発表会や中間発表などのみ家族に公開させてもらえます。この日は生憎の大雨。発表会ですが電車遅延で操作(発表)する本人が来れなかったりと出だしからトラブルが起こってましたが、何とか発表をスタートしました。

まずは1stがいるグループから。「どーんジャンケンポン」をするロボットです。お互いの陣地に行くまでジャンケンするを繰り返します。勝敗は線をセンサーで判別しているそうです。

▼赤・黄色・緑にグーチョキパーが割り振られていました
020611

▼動く・ぶつかったらアクション・ジャンケンなど色々プログラミングされています。
020608

▼動画はこちら
【わくわくロボットプログラミング教室2018発表会】どーん、ジャンケンポンをする動きのロボット

そして今回の発表テーマは「運動会」。運動会で行う競技をロボット達が実演します。

▼3体でBluetooth通信を使ったシンクロダンス。
020609

▼パン食い競争。フレームの上あるパン(ターゲット)をアームで取って走ります
020605

▼ラインに沿って玉をアームで運ぶ玉転がし
020607

【わくわくロボットプログラミング教室2018発表会】動物レース(ライントレース)するロボット

成果の発表と共に、実際のプログラミングした内容もプロジェクターで写してくださったり、プログラミングの動作(仕組み)も掲示してあったので「あ、今この動きをしているんだな」というのが分かって面白かったです。1つ1つ簡単な動きでも幾つも組み合わせると、こんなにちゃんとロボットは動くんですね!

▼頭で分かっていてもちゃんと動かないのがプログラミング。実装・調節の繰り返しです。
020604

▼ロボットの動きに興味津々でジリジリ近づく兄弟達
020606

マウスとキーボードの練習におすすめ


ちゃんとロボットが動いて子供達も一安心。でも1学期の頃はマウス操作もキーボードも触れず操作が上手くいかないでストレスを感じていた生徒が多かったそうです。その為、先生はゲーム感覚で、マウスとキーボードの練習が出来るアプリを使って子供達がパソコン操作に馴染めるようにしたそうです。
余談ですが最近の若者はタブレットやスマホ操作に慣れてしまってキーボードを早く打てない人が多いという話を耳にしたので、パソコンが苦手な人でもこのサイトは活用出来るなと思いました。
IT講習会支援サイト キーボード&マウス練習ツール>>

line-02

著名人の誰かがロボットプログラミングは粘土みたいと言っていたのですが、その言葉が今回の発表会を通して理解出来ました。1つ1つ動きのプログラミング(持つ・走るなど)を学んで、自分でロボットの動きを考えて。動かしたいプログラミングを組み、動きに必要なパーツやセンサー(音や光など)を組み合わせて。そして1つのロボットを作る。粘土をこねて、成形して作品を作っていく工程と一緒ですね。
しかもその粘土が動くとなったら・・・子供達が楽しくない訳ありません

プログラミング=理系というイメージでしたが、実際のプログラム言語は英語だし、国語の読解能力は必要だし・・・。
図画工作の要素もあり、創造力や応用力が必須なプログラミングは芸術の一種だと思います。これからプログラミングが必修となる小学校、子供達の発想力がどんどん具体化されて学校がより楽しい学習の場になるのではと感じました。欲を言えば、もっと早く必須化して欲しかったな〜。

以上、自宅で出来るかなと思いプログラミング教材をググったところ、ビックリするお値段だったので子供に見つかる前にそっと検索画面を閉じる伊藤でした。

(プログラミングやるなら教室に通った方が独学より安くて安心かもしれませんね)

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫・息子9歳(小4)・娘8歳(小2)・息子6歳(小1)・息子4歳(年中)・娘1歳(1歳児クラス)
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。