あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

【子連れでデザインあ展】見て・触れる!大人も子供も楽しい体験型展示会

先日科学未来館で開催中のデザインあ展へ行ってきました
「デザインあ」展は、NHK Eテレでほぼ毎日放送されている、日常にあるデザインを考える「デザインあ」という子ども向け番組なのですが、大人が観ても面白い・分かりやすい!番組中の歌や曲も耳に残り、シンプルだけど視覚・聴覚ともに刺激される内容で、私も子供も大好きな番組の1つです。
そしてその「デザインあ」の世界を体感しつつデザインの視点や考え方を体験出来る展示会、この日は祝日だったので会場となる科学未来館は親子連れから大学生、外国人観光客で大盛況でした。
入場券を買うと展示に入る整理券をもらいに配布場所に行きますが…

▼12:30に行き、入れるのは16:15〜!!
092123

既に開催期間は後半だし、夏休みでは無いから空いているかなと思っていた私が甘かったです。。。同じ日に行ったという友人は朝イチで並び、午前中には入れたとの事。土日はまだまだ混んでいるので、午前中に行く事をオススメします。

時間つぶしは館内で!


入場まで時間があったので、未来館を楽しみながら待つ事にしました。入り口入ってすぐには巨大スクリーンにデザインあの映像が!その下のブースでは、プリントに書かれた「あ」を自由に着色して自分だけの「あ」を作り投票します。採用されると番組内で放送されるみたいです。

<記事が続きます>

▼子供達はこのスクリーン見ているだけでも小一時間潰せます
092121

食事処やカフェもありますが、持ち込んで飲食出来るブースも1階と7階にあるので、おやつを持参していました。カフェで飲み物だけを買って、ベンチスタイルなので大人数やベビーカーでも待ち時間にゆっくり休憩が出来て助かります。

▼持ち込み可能なのは異年齢兄弟や子供が多い家庭には嬉しい!
092120

体験型アクティビティ「おや?っこひろば」がお気に入りの子供達。整理券配布で45分間の入れ替え制ですが、待ってでも楽しめる価値がある上赤ちゃんから楽しめる遊び道具が豊富な遊べるスペース。展示会に入る前なのに全力で遊んでいました。

▼坂でボールを転がしたり大きなブロックがお気に入り
092119

撮影OK!触れられる展示


整理券の入場時間となり、いざ参戦!展示会場では観察の部屋・体感の部屋・概念の部屋の3つに別れていました。

【観察の部屋】

・お弁当
子供達が最初に目に付いたのが食品サンプルの展示。よく見ると、卵が色々な調理法に変化している様子でした。

▼「卵」の観察。調理方法により卵の変化が分かります
092117

お弁当の観察では、鮭の押し寿司や幕の内弁当などの中身(原材料)が1点ずつ並べてあり、「お弁当ってこんなに色々な材料が使われているんだね」と料理に興味ある女子2ndは興味津々。おままごと好きな5thも知っている野菜を教えてくれました。
▼鮭寿司は鮭と米のみ。お弁当の手間とは品数なのかもしれません。
092116

「梅干しの気持ち」というお弁当の梅干になりきれるフォトスポットは50分待ちの行列!気になりましたが、子供が散ってしまったのと展示会が終わってしまうので、残念ながらスルーしました。

・マーク
こちらは体験出来るコーナー。透明のシートに何やら矢印や図形が書いてあります。シートを重ねると日常に溢れているマークや記号が出来上がります。子供達はオリジナルの記号作りを楽しんでました。

▼カラフルで見覚えがある矢印などあります
092115

▼シートを重ねると見覚えのあるマークが出来上がる!
092114

・容器

▼様々な器と容量が書かれた積み木
092113

▼木製の器を見て、おままごとが始まりました;;
092112

他にも
▼看板を集めた「かんばん あ」。同じ「あ」でもフォントが違うとイメージも違う
092110

▼一見ただの写真ですが
092109

▼近くで見ると母はダシュゲルト崩壊を体感しました。
092108

▼手を振り返してくれるのですが、ママ抱っこじゃないと小さい子はセンサーに反応せず。
092111

番組内でもおなじみの「デッサンあ」。1つのモチーフを他方向からデッサンするのですが、こちらは小学生から大人の方まで真剣に書かれていたと思います。

▼宇宙飛行士がモデルでした。難しそうだけど皆さん真剣!
092107

▼「紋」が作れるコーナーも!ママやりたかったのに子供達はさっさと体感の部屋へ・・・

092106

【体感の部屋】
360度のスクリーンにテーマソングの「あ」のテーマが流れたり、モノの解散を描いた「解散!」など4つの映像作品が流れていました。どこを見ても作品映像が流れているので子供達も忙しそうに見ていて、迫力ある音響に5thが怖がって離れなかったり。「紋」をテーマにした映像は紋のモチーフや名前がリズミカルに流れていて、ずっと見ていても飽きない大人向けの作品だと思いました。

▼「解散!」このコンテンツは子供にも大人気!動きがかわいい!
092105

▼作品(一部)動画はこちら

是非会場で体感して頂きたいです。

【概念の部屋】
時間や空間やものごとの仕組みを知る概念の部屋。概念なんて、「子供にはちょっと難しいかな?」と思いましたが、全然心配無用。各々興味あるブースを回ってました。

▼犬や一反木綿のサイズのトンネルは子供達に人気のスポット
092103

▼自分がネジとなって部品の一部になる作品では
092102

▼くるくる回って光を灯したりカウンターを動かしたり。親子で楽しむ姿が多かったです
092101

▼色々な速さのメトロノームと時計が並べられていて、5thが気になってました
092104

時間を表した作品で曲がった「あ」が早送りで見ると徐々に「あ」が変化したり、回転寿司をモチーフに表現した「しくみ寿司」の映像作品では、自身が回転する寿司カウンターや途中分岐する寿司など、声を出して子供も笑ってました。

line-01

前回のデザインあ展inTOKYOは、2013年に六本木で開催されて、その時から5年。あの当時は子供3人で行ったのですが、小さい頃から親子で楽しめる展示会へ行くと、子供達は展示
会場のルール(触ってはいけない・逆走してはいけない・人が多いから親から離れない・騒がないなど)やマナーを身につける機会
にもなると思います。人混みがすごい場所は親が大変だから・まだ展示内容なんて分からないからと懸念するより、子連れ歓迎の展示会に親子でお出かけし、展示内容も楽しみながら共用施設のルールを学べたら、より子供にとって充実した時間と経験になるのではないでしょうか。(親はちょっと大変かもしれませんが・・・)

次回の開催を心待ちにしていたので、子供がデザインに興味を示し感性が柔軟な年齢の内に親子で行けて本当によかったと思いました。

▼展示の外では「あ」になれるフォトスポットがありますよ
092122

以上、家族全員で行く予定だったのに1stと喧嘩したのでパパと1stだけ留守番となり、ママと他の子達で行動していたら帰宅時にはバッチリ雨に降られた雨女伊藤でした。。。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
デザインあ展in TOKYO
《開館時間》10:00ー17:00 ※入場は閉館時間の30分前まで ただし、土曜日、祝前日(9/16、9/23、10/7)、8/10~18は20:00まで開館、 常設展は17:00に終了
《休館日》9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)、10月2日(火)、9日(火)、16日(火)
《入場料》
大人(19歳以上)1,600円 (1,400円)
中人(小学生~18歳以下)1,000円 (800円)
小人(3歳~小学生未満)500円 (400円)
※ ( )内は前売り、8名以上の団体料金
《主なチケットの販売所》
日本科学未来館(当日券のみ)、 展覧会公式サイト、セブンチケット、ローソンチケット、イープラス、ほか
《会場》日本科学未来館

関連キーワード

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫・息子9歳(小4)・娘8歳(小2)・息子6歳(小1)・息子4歳(年中)・娘1歳(1歳児クラス)
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2018年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。