あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

【子供用水筒】徹底比較!子供が使いやすいタイプはどれ?マイボトル総選挙

日差しも強くなり外遊び時の水分補給は欠かせません。小学校でも運動会の練習が始まるこの時期から水筒持参を勧められ、我が家の朝の日常光景としては、玄関に氷水が入った水筒が並びます。保育園ではお茶が出るのですが、外遊び時の水分補給として幼児クラスになると通年で水筒は持参となります。水筒は、かさばるので保管場所が少ない我が家では、なるべく兄弟で使い回しをしたいのが本音です。しかし、子供の人数分水筒を用意しなくてはいけなくなってしまい、気づけば様々なタイプの水筒が自宅に並ぶ様になりました。

▼この他にタンブラーやクリアボトルなども。多すぎですね(苦笑)
15

水筒の素材とタイプで比較

一昔はコップと注ぎ口が別れているタイプが多かったのですが、最近の水筒は直飲みタイプが多いです。また、マイボトルブームでペットボトルのように先細のお洒落なデザインや、アルミ素材など様々ですが、、おシャンな水筒は可愛いけど洗いにくい!という悩みもあり子供が毎日使用する水筒を探すのも一苦労ですよね。子供の年齢は各家庭バラバラなのでこの水筒がオススメ!!という意見は一概に言えませんが、子供達は自然と毎日使う水筒が決まってきました。

line-01

■プラスチック製のストロー飲み口の水筒
子供の最初の水筒デビューは新幹線の絵が書いてある二重プラスチックのストロー付き水筒でした。

【メリット】
幼児でも自分で開けて飲みやすいしこぼす心配も無いです。素材も軽いので、肩掛けでの持ち運びや通園・保育園や幼稚園児が持つには適しています。
【デメリット】
プラスチック製のストロータイプはキャラクターがデザインされたものが多いので、小学生で使用している子は見かけません。また保冷効果のあるステンレス製でストロータイプの水筒は種類も少なく、2000円以上とお高めです。ストローが洗いにくい・乾かないという点と、特にうちの子はストローをかじってしまってすぐボロボロになってしまったりカチカチと蓋を開閉して遊んで壊してしまい、ストローの水筒の寿命は短かった印象がありました。

■プラスチック製のコップ付き水筒
11

【メリット】
キッズ向けのプラスチック水筒は可愛いデザインが豊富で比較的1000円以下でも手に入るお手頃水筒です。容量も少なめ・素材もプラスチックなので軽い為肩掛け紐は取り外し可能で子供も持ちやすく、保育園児や幼稚園児の水筒デビューには向いていると思います。

【デメリット】
コップ式なので飲みやすいと思いこの水筒を持たせたところ、(慣れるまでは)コップを床又は机に置かないと水を注げない!お散歩などの外出時では片手でコップを持ちながら水を注ぐという事が出来ず、結局先生が手伝わないと毎回水分補給が出来ないので、直飲みに変更してもらえないかと先生より要望がありました・・・

▼注ぎ口が回すタイプだと片手で注ぐ事は不可でした
10

又、プラスティック水筒は保冷機能がやはり弱く、夏場は朝水筒の支度をしてしまうと園に到着する前に氷が全部溶けていてぬるい水だったと子供からクレームも。常温でも美味しく飲める春秋冬は活用出来ると思います。

■ステンレス製のコップ付き水筒
08

【メリット】
保冷効果があるステンレス製のコップ付き水筒です。プラスッチック製に比べると多少重いですが直飲みとコップ飲みの両方に対応している水筒でしたので子供にも先生にも使いやすいとの評価が高く、長年使用しています。コップで飲めるので量も調節出来、開閉操作も簡単なので小さい子でも使いやすいです。
07
【デメリット】
こちらの水筒は直飲みも出来ますが、コップがカバー代わりとなるので片手で開ける事は出来ません。コップは直飲み用ボタンの保護が出来るのですが、夏場はステンレス部分が気温差で水滴がつき、水漏れの様な症状が出てきてしまいました。
06

■ステンレス製の直飲み水筒(飲み口が平なタイプ)
05
【メリット】
こちらは大人も使えるデザインで、スリムタイプはランドセルなどにも入れて持ち運びがしやすいので長年使用出来ます。又、水筒自体は突起物が無いシンプルなデザインなので洗う事も簡単ですし破損があまり無いという点も嬉しいです。
【デメリット】
両手が空いてないと開けれない・水漏れのため大人が強く蓋を閉めると子供の握力では開けるのに苦労したと言われました。又、氷を大量に入れると、フィルターが無いボトルは氷が一気に口の中に入ってきて溢れる!と言われたので、氷止めがある方が飲みやすいです。こちらのタイプは肩掛けに出来る商品が少ないので、肩掛けにしたいなら別途で水筒ケースが必要だと思いました。

▼パーツが少ない=中身がそのまま出るという事ですね
04

▼100均のペットボトルホルダーで肩掛けにしています
02

■ステンレス製の直飲み水筒(飲み口が凸のタイプ)
14

【メリット】
片手でワンタッチでサッと飲めるので手軽に素早く水分補給が出来ます。洗うパーツも少ないのでお手入れが簡単です。操作も簡単なので幼児〜大人まで幅広い世代で使えます。頑丈な上、部品が劣化や破損したらメーカーに部品のみ取寄せ出来る商品が多いです。保冷効果もしっかりしているので、沢山水を飲む夏場やスポーツするシーンに大活躍です。

【デメリット】
子供が持ち運びやすい容量で肩紐(又は水筒ケース)付きのスリムタイプのデザインはお値段が高いです。容量が大きければ大きいほどステンレスは重量も重くなります。

▼凸タイプはこぼしにくく、スポーティなデザインが多いです。
12

結局どんなタイプが子供に人気?

子供達(年長〜小学4年生)に一番使いやすい水筒を選んでもらったところ、ステンレス製の直飲み(飲み口が凸のタイプ)の水筒でした。

▼理由は「すぐに飲めるから!」。両手を使うのは面倒らしいです。
03

容量が多いと重いケド、少なすぎると夏場の外出や運動会だと飲み水が足り無いという理由で普段子供に持たせるには400ml以上800ml以下の肩から掛けられるスリムなステンレス水筒がベストだという事が分かりました。そこで今週の運動会に向けて、スリムでソコソコ容量がある直飲みタイプでお手頃価格の水筒という条件で商品を探したところ、子供達の要望にピッタリの水筒がありました!

▼Amazonで2000円以下(送料別)でありました!
18

▼取り外し可能の肩掛けカバー付き
17

▼片手で開けれるワンプッシュタイプです
16

2000円以下で使いやすい水筒が見つかり、今度は子供達は新品の水筒を使いたくて奪い合いです。これから水筒を買い替えたり購入しようとしている親御さんの参考になれば幸いです(・∀・)

以上、使いやすい水筒を持たせているハズなのに、学童や学校から帰宅時に水筒を忘れる日が多くて回収に頭を悩ます伊藤でした。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
【今回紹介した商品】

■ステンレス製のコップ付きの水筒
[楽天]直飲み 子供おしゃれコップ付きスマイルピート2wayステンレスボトル Lサイズ 480ml ショルダーストラップ付き

■ステンレス製の直飲み(飲み口が凸のタイプ)の水筒
[Amazon]パール金属 水筒 800ml 直飲みステンレスダイレクトボトル ピンク×ブラック ポーチ付 NEWエナジーチャージャー HB-3061

関連キーワード

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫・息子9歳(小4)・娘8歳(小2)・息子6歳(小1)・息子4歳(年中)・娘1歳(1歳児クラス)
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「グッズ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。