あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎6兄妹ワーママ全力記

【小学校の運動会】リコーダーが難しい!クラスで1人だけ吹けない息子と猛特訓

4月から入学・進級してやっと学校生活のリズムも親が掴めてきた頃だと思います、
そんな中、小学校の一大イベントの一つ「運動会」が春に開催される学校では、子供達も準備や練習で大忙し。
ご家庭では、準備やお弁当の悩みなど今からソワソワするお母さんも多いと思います。
子供達が通う小学校も今月に運動会を控えているのですが、先日新学年になって早々、1stの担任より一発目のお電話が入りました。

クラスで1人だけ吹けてない

その内容は「運動会のリコーダー。1stくんだけクラスで1人だけ出来ていないので、自宅で練習させてもらえませんか」というお願いでした。



子供達が通う小学校では5・6年になると運動会で鼓笛隊となり、昼食時間に校庭を周回しながら演奏を発表をします。
リコーダーや鍵盤ハーモニカ、太鼓など5・6年合同で校庭を周回しながら行進する本格的な鼓笛隊。毎年完成度が高く「さすが高学年!」と関心して聞き入ってしまう程の迫力です。


今年から1stは5年生、初めての鼓笛隊となります。
しかしリコーダーなんて音楽の時間で練習すれば誰でも吹けると思っていたので、もちろん1stからはクラスで1人だけリコーダーが出来ないなんて聞いてもいませんでした。
正直、年末も持ち物ですらリコーダーを持ち帰って無い1st。
先生よりお電話を頂くまで購入した事を忘れていたぐらい私の中では小学校生活のリコーダー活用率は低かった為、この事態に驚きました。

3年生から音楽の授業で使います



「クラスで1人だけ出来て無いなんて初耳です。そもそもリコーダー、持ってますか?」

確かにクラスで1人だけ吹けないのはマズイ。1stがリコーダーを吹けないと、鼓笛隊の足並みを崩す原因となってしまいます。

鼓笛隊、歩きながら演奏って難しいですよねー

リミットは運動会!難易度高いミッション発生

先生「リコーダーを持って帰って自宅で練習するように」と伝えていますが、1st君は「リコーダーを自宅に持って帰り翌日忘れるから」という理由で持って帰ってないみたいです。ご自宅に余っているリコーダーありますか?

「・・・先生、兄弟多くても、さすがに予備のリコーダーはありませんよ。」



そんな会話のやり取りを交わしながらも、運動会までにリコーダーが出来ないと鼓笛隊の足を引っ張るだけなので、運動会までにリコーダーを吹けるようにしないといけない!
週末の日中を中心に特訓をする事にしました。

見た目も数十年前とほぼ変わりがない現代のリコーダー

リコーダーを持ち帰り特訓開始!でも・・・

先生と私の声掛けした甲斐があり、週末にやっとリコーダーを持ち帰ってきた1st。よしよし、と褒めて、さぁ特訓しよう!と思った矢先

1st「楽譜、学校に忘れた」


練習出来ないじゃん!(怒)


すごく怒りたかったのですが、ここで1stの機嫌を損ねると練習自体を放棄し兼ねないひねくれ者な性格なので、何とか楽譜無しで練習する事にしました。




今回1st達が披露する曲は「君の瞳に恋してる」「レイダース 失われたアーク(インディジョーンズのテーマソング)」の2曲。
楽譜が無いので動画サイトで原曲の合奏曲を探し、それを耳コピしてリコーダーで再現するという音楽知識が無い人だと出来ない練習が始まりました。
(それしか方法が思いつきませんでした)

指遣いが複雑。頭で分かっていても指がついていけない(涙)

リコーダーって難しい!どうやって演奏するんだっけ?

幸い私はピアノ経験者なので耳コピは出来るのですが、ちょっと待って。
楽譜は読めるけど・・・そもそもリコーダーってどうやって演奏するんだっけ???(汗)


中学時代はリコーダーテストなど良い点だった気がしたのですが、根本的なリコーダーの指使いを忘れてしまい音は分かってもリコーダーで再現出来ないピアノ専門母。


これじゃぁ1stの練習になりません。
音楽の授業の記憶を頼りに1stに指使いを教わりながら、親子2人であーだこーだとリコーダーをピーピー吹きあって何とか1メロディ(旋律)のひと区切りが分かった時点で既に30分経過。
そしてその様子に拍車をかけてリコーダーを奪いに邪魔してくる2歳児5th。

・・・本当に2曲完成するのか不安になってきました。

練習中に奪い取り、ビヒーと吹いて遊ぶ(邪魔する)2歳児。。。

メトロノームアプリでもサポート!

親子で練習し始めて1時間半。間違えたり突っかかっても、何とか1曲を最後まで通して吹けるようになったので、試しに本番のリズムの速さで演奏してもらいました。

鼓笛隊は行進しながら演奏するので、2曲ともリズミカルです。メトロノーム機能の無料アプリを入れて、行進する本番のリズムの速さに設定し吹いて見ると・・・

やはり毎回苦手な部分で突っかかってします。

しかし、練習前までは全然吹けなかった1stですが、「練習すれば皆んなのように最後まで吹けるから!」「一緒に練習しよう!」と声掛けしてモチベーションを継続させたせ効果もあり、突っかかっても一応2曲とも最後まで吹けるようになりました。


あとは本番の速さでスムーズに演奏出来るようになれば完璧です。
地道に親子で特訓を続けたいと思います。果たして、運動会まで1stは仕上がるのでしょうか?





以上、あれこれ練習方法を考えたり、他兄弟から邪魔されない環境を作ったり、慣れないリコーダーを演奏したり、子供のモチベーションを保たせる為に気を使い、1stより疲れていた伊藤でした。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫、長男11歳(小5)、長女9歳(小3)、次男8歳(小2)、三男6歳(保育園5歳児クラス)、次女3歳(保育園2歳児クラス)、四男0歳
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2019年10月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。