あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

目指せ材料費ゼロ!enjoyリメイク工房

お正月の凧揚げに♪風をとらえて羽ばたく「鳥カイト」の作り方

こんにちは

吹く風が冷たく
寒さが身に染みる季節・・・
なるべく外に出たくない私とは裏腹に
子どもは 上着も着ないで
外を駆け回っております^^;

正に ”子どもは風!”

そんな元気な子どもと一緒に
「鳥のカイト」を作ってみました♪
身近なものでとても簡単に作れて
ちゃんと風をとらえて飛んでくれますよ!

幼いお子さんでも
比較的簡単に飛ばすことができるので
お正月の凧揚げ代わりの
遊びとしても使えそうです^^

材料

・A4サイズの紙
・ホッチキス
・穴あけパンチ
・タコ糸
・輪ゴム
・デコレーション用の画用紙&糊

P1710845

作り方

A4サイズの紙を 横長の向きで置きます

P1710846

左右に半分に折ります

P1710847

P1710848

折り合わせた紙の 上の一枚をめくり
半分に折った紙の「輪」のラインに合わせます
その時 縦半分より 少し上で押さえます

P1710849

反対(=裏)側も同じように
折り合わせた紙をめくり
「輪」のラインに合わせます

P1710850

P1710851

横から見ると こんな感じ↓になっています

P1710854

めくった紙が重なっている部分を
ホッチキスで留めます

P1710856

留まりました

P1710857

P1710858

先ほどホッチキスで留めた
すぐ近く(ちょうど縦半分の位置)に
穴あけパンチで穴を開けます

P1710860

開けられました

P1710861

鳥の目やくちばし・尾羽などを付けます

P1710862

P1710863

P1710864

P1710865

P1710866

適当な長さに切ったタコ糸の先を
輪ゴムを結びつけます

P1710868

*輪ゴムは 子どもが糸を持った時に
外れにくくするために付けています

P1710869

タコ糸の反対側の先を
先ほどパンチで開けた穴に通し

P1710870

堅結びで固定します

P1710871

完成~

P1720030

飛ばしてみました

輪ゴムがついている側の糸の先を持ち
軽く走って 鳥が風を受けられるようにすると
うまく飛んでくれます

*尾っぽ側に 紙テープなどをつけると
ヒラヒラとして綺麗です♪

走らずに その場で糸を持った手を
頭の上あたりで”ぶるん ぶるん”と振り回したり

その場で糸を握ったまま「自転」しても
鳥がクルクルと飛んでくれます

※「自転」で飛ばすと
かなり目が回るので注意!

屋外で飛ばす際は
自然の風の力で飛ばすことが
できると思います^^

鳥の羽に 空気が通り抜けていく感覚が
糸を伝って手で感じ取ることができるので
「飛ばしている」と実感できて
楽しめますよ!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

関連キーワード

関連記事

プロフィール

又多実千恵

又多実千恵

千葉県

夫・息子7歳(小2)・息子5歳(年長)
ハンドメイド&リメイク大好き!手軽に素敵なアイテムを手作りするアイデアをご紹介します!

カテゴリー

最新記事

2019年06月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログランキング「グッズ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。