あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

目指せ材料費ゼロ!enjoyリメイク工房

「寄せ書き:色紙(しきし)」作成のポイント♪

こんにちは

先日 お引っ越しのため
幼稚園を退園する息子のお友達に
「寄せ書き(色紙:しきし)」を贈りました♪

年度末で慌ただしかったり
体調不良のお友達がいたり
色々と制約がある状態だったものの
「寄せ書き」作りに賛同してくれた
お友達親子の協力のお陰で
スムーズな流れで作成できました

卒園(&終業)シーズンが終わり
寄せ書きを書くタイミングは
過ぎてしまったかと思いますが・・・

「寄せ書き(色紙:しきし)」作りの
ちょっとしたポイントをご紹介します

<ポイント①>:メッセージを書く

*色紙(しきし)を用意します
今回は シンプルな真っ白の色紙を
使いましたが ¥100ショップなどに
かわいいイラストがプリントしてあったり
デコレーション済みの
ステキな色紙(しきし)がたくさんあります♪

*メッセージは「付箋」や
「カードサイズの紙(¥100ショップにある)」など
色紙(しきし)とは別の紙を用意し
賛同者に配布して各自で記入しておいてもらいます

*「書き損じ」などを考慮し
紙は少し余分に渡しておくと安心です

*予め「寄せ書き」のデザインをイメージし
メッセージの書き方でリクエストがあれば
紙を渡すときに伝えておきます
<リクエスト例>
・横書きにする
・名前はメッセージの下に書く
・子どもも読めるように「ひらがな」で 等

※色紙(しきし)に直接メッセージを
記入するとなると
賛同者間で色紙を「回覧」したり
書き間違いの修正に手こずったりし
時間のロスや手間がかかることに
なりやすいので 別の紙を使うことをオススメします

↓今回は シンプルな「付箋」を使いました

P1620149

<ポイント②>:デザイン&デコレーション

*「寄せ書き」を贈るお友達や
メッセージを書いてくれるお友達が
一緒に写っている写真があると
「思い」が伝わりやすいので
写真はできる限り用意するといいと思います

P1620040

*賛同者が各自で記入したメッセージを回収後
写真やイラストなどのパーツと組み合わせて
デザインを確定します

*今回は 電車が好きなお友達に贈るため
新幹線のイラストを使って
メッセージの付箋を車両に見立てた
デザインにしてみました♪

P1620143

*センターの「〇〇くん ありがとう」の文字は
EXCELの「ワードアート」で作成したものを
プリントアウトして使っています

イラストは ネット上のフリー素材を
ダウンロードして使いました

Canon Creative Park」の
スクラップブッキング用のパーツ
には かわいいイラストがたくさんあり
季節毎のイベントアイテムの素材も
豊富に揃っているので
ちょっとしたクラフト作業のとき
(メッセージカードやアルバム作り)
とても重宝します!オススメです!

*それぞれのパーツの配置が決まったら
糊で色紙(しきし)に貼り付けます

*裏面は写真と 子ども達からのお手紙を
入れる封筒を貼りました♪

表側はメッセージのスペースが小さく
子どもの書く大きな文字では
納まらないので・・・

表側のメッセージは大人が
お友達のお母さんに宛てて書きました
(そのため「漢字あり」のメッセージです)

P1620145

子どもからのメッセージは
各自で好きな大きさの紙に 自由に書いてもらい
裏の封筒に入れて贈りました♪

P1620148

メッセージ回収後は
パーツを切り貼りするだけなので
それほど時間はかからずに完成させられますよ♪

<ポイント③>:ラッピング

*ラッピングは 透明ビニールに入れています
今回は 作成スケジュールがタイトで
賛同者の皆さんに完成品の実物を
確認してもらうタイミングがないまま
お友達に渡す流れになったこともあり
中身の見えるラッピングにしました

透明なので お友達に渡すときに
賛同者の皆さんにも
仕上がりを見てもらうことができました♪

また 受け取ったお友達も
ビニールに入れたまま
飾っておくことができていいかなと思います

*ビニールの口はリボン付きの
ビニールタイで留めています

P1620153

ビニールタイなら 取り外ししやすく
一旦取り外しても 汚れないまま
再び留めることができます

そのため ラッピングした後に
「修正点が見つかった;」とか
「このお手紙も追加で入れてほしい!」
などの事態にも柔軟に対応できます^^


「寄せ書き(色紙:しきし)」作りのポイント
と 改めて言うほどのこともない
些細なことばかりですが・・・

ちょっと工夫するだけで
「思い」のこもったものを
スムーズに作成することができます

今は メールやSNSなどでも
気軽にメッセージを送ることができますが
みんなの直筆のメッセージが
1つの「色紙(しきし)」に納まると
なんだかとってもあたたかみのある
モノに感じられる気がします^^


最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

関連キーワード

関連記事

プロフィール

又多実千恵

又多実千恵

千葉県

夫・息子7歳(小2)・息子5歳(年長)
ハンドメイド&リメイク大好き!手軽に素敵なアイテムを手作りするアイデアをご紹介します!

カテゴリー

最新記事

2019年07月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「グッズ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。