あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

3児ママのパンとおもてなしと時々キャラ弁

【夢の国】我が家流ディズニーホテルの過ごし方

いつ行っても混んでいるけど、

それでも行きたい!!

東京ディズニーリゾート

まさにそこは夢の国

子どもも大人も一緒になって楽しめる本当に夢の国

我が家ももちろん大好きで

数年前まで家族全員で両パーク共通の年間パスポートを所有していました。

ディズニーランドやディズニーシーへ行くのはもちろん大好きなのですが

我が家はディズニーリゾートホテルに泊まる事も大好きで

ホテルは寝るところ、という考えを180度変えてくれたのがこの

ディズニーリゾートホテルなのです。

我が家が今までに1番多く利用させて頂いたのが

東京ディズニーシーホテル・ミラコスタ

15泊ほどしているここのホテルの我が家流の過ごし方をご紹介します。

ホテル・ミラコスタの魅力

なんといっても東京ディズニシーとつながっている所!

宿泊者専用エントランスがあり、直接パークに何度も出たり入ったりが可能!

私はこれが1番の魅力だと思っています。

同じディズニーリゾートホテルでも

ディズニーランドホテルアンバサダーホテルはホテルの1歩外を出たらパーク。

ということはありません。

ホテル・ミラコスタはまさに庭!のように1歩外へ出たらパークに出られるのが魅力です。

なので我が家は

15時にチェックインを済ませたら1度部屋でのんびりしてから荷物を置き

「ちょっとお散歩でもいこっか」という感じに再びパークへ行きます。

そして

また部屋に戻り

夕食はホテルで食べるかパークで食べるか、などを話し合い、笑

パークで食べよう!ということになるとまたふらっとパークへ入ります。

夕飯を終え、乗り物を少し乗ったら再び部屋に戻り景色を見ながらのんびり過ごす。

閉園の22時までの間にもう一度最後に乗り物乗りに行こう!て人は

またまたパークへ入り乗り物を乗りに行きます。(私は大抵夕食後は部屋でのんびり)笑

そんな感じで

今考えればすごく贅沢なのですが、こんな風に過ごしていました。

部屋からの景色がパークの一部

そしてホテル・ミラコスタのもう一つの魅力は

部屋からの景色にあります。

客室は大きく3つに分かれていて

ホテルのエントランスやディズニシーのエントランス側に建っているトスカーナ・サイド

ディズニシーの運河の街、ホテルのスパ側に建っているヴェネツィア・サイド

ディズニーシーのメディテレーニアンハーバー側に建っているポルト・パラディーゾ・サイド

の3つのタイプの客室があります。

全てのタイプの部屋に泊まりましたがやっぱり1番はポルト・パラディーゾ・サイドです。

こちらの客室は人気があるだけに予約もすぐに埋まってしまって

予約すのにとても苦労した覚えがあります。

ただし、

ポルト・パラディーゾ・サイドと言っても部屋からの景色は部屋によって全く違います。

IMG_5794

こちら、

真下はパークですがメディテレーニアンハーバーが見えにくい。

CYMERA_20170516_203220

こちらの部屋は本当に目の前がメディテレーニアンハーバー!

パークopen前の早朝に撮影したので誰もいません。

CYMERA_20170516_203343

夜はショーも部屋からよく見えます。

IMG_5477

こちらはメディテレーニアンハーバーが本当に目の前で

広いバルコニー付きです。

IMG_5492

部屋からショーも良く見えます。

こちらもメディテレーニアンハーバー目の前の部屋です。

IMG_5517

 

IMG_6988

部屋の感じはこんな感じでした。(現在はリニューアルして内装は違います)

IMG_5796

レギュラーベッドが2台あり、トランドルベッドという

引き出し自由のベッドがあります。

使わないときはしまっておけるので部屋が広く使えます。

主人はヴェネツィア・サイドの客室が1番好きだと言っています。

IMG_6982

部屋の真下にはヴェネツィアゴンドラがみえます。

落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。

こちらのタイプの客室も部屋によって景色はさまざまで

ある時は

IMG_9709

窓の外がこんな囲いに覆われていて残念な時も。

IMG_6999

タワーオブテラーが良く見える時もありました。

IMG_7107

夜になるとタワーオブテラーが見えたりしてとても素敵でした。

 

IMG_9699

そしてトスカーナ・サイドの客室は

IMG_5719

宿泊したのがちょうど春の限定のイベントの時で

客室がダッフィーとシェリーメイ仕様になっていました。

IMG_5718

IMG_5723

アメニティまで。

通常はこちら

IMG_9701

こんな素敵なサービスをしてくれている日もありました。

IMG_7095

タオルで歯ブラシ立て。

こんな感じですべての客室がちがったところもまた

ホテル・ミラコスタの魅力なのかと思います。

宿泊者限定のお得なサービスが盛りだくさん

ディズニーリゾートホテルに宿泊すると宿泊者限定のサービスが沢山あるので

利用しない手はありません。

さまざまな特典がある中で私が1番お得!と思っているのが

パーク開園15分前にINできる!

一瞬、ん?15分前?て思いませんか?

私も最初は15分早くて何ができるの?と思っていましたがディズニーではこの15分がとても貴重。

どんな日でも開園前か長蛇の列が出来ているパーク。

我が家も行く際は開園2時間前くらいから並びだします。

それでも1番前!などには到底なったことはありません。

一体みんなは何時にきているんだ?と思うほど早くから長い列が。

そんな時

パーク開園15分前にINできる!という特典はすごいのです。

開園15分前ともなると列はぐんぐん、ぐんぐん伸びていますが

その列を横目に、

宿泊者専用エントランスからすいすいINできちゃうのです。しかも、開園15分前に。

 

普段なら

開園と同時にみんな猛烈ダッシュしたりしてとても危ない、

だけど、

15分前にINできるとゆったり歩きながらキャストの皆さんに手を振りながらパークに入れます。

そして、

我が家はこの時必ず、

みんなが殺到するであろうトイストーリーマニアと真逆の方向へ行きます。

9割くらいほ人はトイストーリーマニアへ向かいますが我が家はマーメイドラグーンの方へ行きます。

誰もついてきません。笑

本当に我が家だけの貸し切り状態のようで、この時もちろん待ち時間0分で

沢山の乗り物に乗れちゃうのです。

マーメイドラグーンやお隣のアラビアンコーストは小さい子でも乗れる乗り物が沢山あるので

このパーク開園15分前にIN。を利用して

こちらにあるほとんどの乗り物を乗りつくします。

そして開園時間と共に人がだんだん増え始めるので我が家は再びホテルへと戻ります。

子どもたちも十分満足なくらいに乗り物に乗れたので

次はホテルへ戻りゆったりと朝食を取る。

 

そしてそしてさらにおすすめなのが

 

IMG_5752

早くINすることでまるで貸し切りのような写真も撮れます。

IMG_0842 IMG_0844

これは絶対にお勧めです。

ディズニーでほかの人が移りこまないなんて奇跡じゃないですか?

IMG_0831

IMG_0834

IMG_0838

キャラクターも独り占めできちゃうなんて本当に奇跡です。

我が家は

乗り物に乗りに行くのがディズニーの過ごし方だとは思っていません。

それよりも

ゆったりのんびり過ごし、普段見ない景色などを堪能するのも素敵な過ごし方だな、と思っています。

参考になったでしょうか???

関連キーワード

関連記事

プロフィール

松田瞳

松田瞳

埼玉県

夫・息子12歳(中1)・娘7歳(小2)・息子5歳(年長)
おもてなしが大好きです!お友達を招待して、HomePartyをよくしています。その際は朝からパンを焼き、パンバイキングをしています

カテゴリー

最新記事

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。