あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

栄養士ママのやりくり献立&アロマな日々

小学生。いきなり何でもできる訳ではない。宿題はマスト?先生の神対応。

お立ち寄りくださりありがとうございます。

「小学生になったら、これだけ楽になったよ〜!」
という話を聞いて、
娘が入学した2年前の私は、
入学後の開放感を待ち望んでいました。

さぁ、入学したら・・・
帰宅は幼稚園より早いわ、
やること・チェックするものが多いわ、
逆に大変だったのを忘れません(^^;)

それでもやっぱり小学生は楽?

thumb_IMG_3550_1024
それでも、通学下校は勝手にしてくれるし
(最初の1週間は学校まで付いて行きましたが^^;)
習い事も一人で行けるようになるし
(1年生のうちは、1人では行かせませんでしたが^^;)
「宿題しなさい!」というと1人でやるし
(なかなかエンジンがかかりませんが^^;)
やっぱり、園児に比べると、成長を感じることが多いです(^^)

ママを苦しめる「宿題」?

勝手にやってくれる「宿題」ですが。

丸つけ必須だし、
ものによっては(音読など)一緒に取り組まないといけないし、
そもそも宿題の内容を分かってない時があって、
ママ友に慌ててLINEで聞いたり。

とにかく、
1年生のうちは、
宿題は親の宿題なのね
と何度も思いました(^^;)

突然号泣した娘と宿題

それは2年生になって2か月経った、とある日でした。
thumb_IMG_3566_1024
いつものように、
やっとやり始めた宿題。

そしていつものように、
「お母さん、宿題は○〜○までって書いてあるけど、本当かな!?」
と聞く娘(^^;)

そしていつものように、
適当に受け流しながら、
そうやって書いてきたなら、それが宿題だと!
早くやりなさい!!
と私。

が、やってもやっても終わらない。
というか、多すぎる!!!

ちゃんと聞いてみると、
いつもの3〜4倍もある量!?

ついに泣きながら、
でも「宿題だからちゃんとやらないと」エンジンがかかる娘。
(いやこんなにあるなら早くやり始めなよ・・・)
と心の声は抑え、
とりあえず、いつもの量くらいだけやらせて、寝かせました。

いや、これはおかしい!
娘の話では分からない!先生に聞こう!!
と、翌朝、連絡帳に慌てて書きました。
thumb_IMG_3567_1024 2
(字が汚い。先生ごめんなさい・・・)

我が家の勝手な連絡なのに。
そのあとの先生の神対応に感動しました。

担任の先生の「神対応」

まず、急な面談の申し込みなのに、快く受けてくださったこと。
これだけでも感謝なのに、
先生のご都合をわざわざ連絡くださり、時間を決めてくれました。

まずは、肝心の宿題の内容ですが。

クラスでは、
問題を解き終わった後とか、
他の子が終わるまでの待ち時間とか、
ふとした時間が結構あって、
その時間に今回の娘がやっていなかった
ドリルを進めているのだとか。

その時間は個人個人異なるので、
「少しずつ進める」ことを約束して
生徒の自主性に任せていた。

娘はその時間、
本を読んだり、絵を描いたりして過ごしていたため、
ドリルがたまっていた。

娘が悪いんじゃん(^^;)
って、恥ずかしかったです。。。

そこで、先生の神対応が!

急な面談の申し込みにもかかわらず、
日中にクラスに
今回のドリルの宿題の範囲が
*すごく大変だった(娘はココ)
*少し大変だった
*いつも通り
*楽チンだった
とアンケートを取ってくれていました!

娘のように溜め込んでいたのは、35人中3人。
2/3以上は大変ではなかったと(汗)
やっぱり、娘が悪いんじゃん(^^;)
と、先生のスピードある、納得できる話に感動しました。

宿題はマストなの?

実は、宿題が多いと感じていたので、
このトラブルの少し前にも話を聞いてもらったことがありました。

先生も宿題の量を気をつけます。と言ってくださり、
また、体調が悪い時や、
宿題よりも優先すべきことがあったら、
無理にやらなくても良いと話してくださっていました。
thumb_IMG_3567_1024 3その流れの連絡帳のやり取りです。

本当に良い先生です。

もちろん、毎回やらない生徒には先生は厳しく当たっているのは知っています。

娘のように、「悪意のない」宿題が出来なかった。
は、責められるものではない。と私も思っています。
特に、低学年のうちは、
生活のリズムや心のバランスを乱してまでやる必要はないと。
個人的な意見ですが。。。

先生にもよると思いますが、
疑問に思ったら先生にぶつけても良いと思います。

まとめ

冒頭にも触れましたが、
小学生になったら、ママもやることが増えますが、
それだけ子どもも忙しく過ごしています。

環境が急に「小学生」になりますが、
心はまだ幼児から抜けきらないことも。

私の娘も、
心の切り替えがうまくできていないなぁと
感じたことが何度もありました。

今回、宿題が分かりやすく例としてあげましたが、
友達トラブルしかり、
兄弟トラブルしかり、
日常生活のいろいろなことが、
できたり出来なかったりを繰り返すと思います。

そんな時、
ママは、責めるだけではなく、
味方になってあげることも必要だな。

毎回が「完璧」でなくても良いじゃん!

っと、完璧主義の私が
長女が小学生になって気付かされました。

今回の話は、
どの家庭・どの学校にも当てはまるものではありませんが、
頑張りすぎちゃうと、
子どももママも疲れちゃうので(^^)

参考になれば、幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございました。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

増田明子

増田明子

東京都

夫・娘8歳(小3)・娘5歳(年長)・息子2歳
毎日手作りご飯。管理栄養士ママの献立! 家事は朝終え、日中は子供優先。 隙間時間で自分磨き!

カテゴリー

最新記事

2018年08月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。