あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

さとちょの耳ツボ・顔ツボ・DIYのツボ

【忘れ物撃退する心理作戦】我が家はコレで、忘れ物0を目指しています!

我が家の4月から1年生になった息子くん。
もともと幼稚園の頃から、自分の用意・支度は自分でやるスタンスの我が家。

 

 

小学生にあがり、教科書・ノート…等、様々な持ち物が増えて今まで一人で準備をしていたものの不安要素が多くなったよう。

 

現に今まで当たり前に持って行っていた、ハンカチ・ティッシュを忘れてしまったり…
あれ?なんだからしくない?

 

そんな風に母は感じていました。

 

忘れ物をしてしまう原因の一つに、「学校で使うものが部屋のあちこちに置いてある」という状態が挙げられます。
教科書は机の棚に、下敷きは机の引き出しに、給食のランチョンマットはクローゼットの中に…
こんなことありませんか?

 

 

家具の配置や子どもの目線の高さを考えながら部屋の一か所にまとめてあげる!

または、低学年のうちはリビングに置き場を作る、というのも一つの手です。

 

「物は少なく。置き場所を決める。」が、やはり大原則だと思います。
ついつい新学期に多く用意した鉛筆やノート等、本当に今必要なものが分からずに混乱を招いてしまうことも。
予備のノートや文房具などの管理は、子供が管理する場所とは別に親がしてあげて、少量のものの管理から始めて自信をつけてあげましょう。

 

色分けをして視覚的な区別をしてあげることもGOOD!

IMG_6331

 

 

我が家も

学校のもの:
学童のもの:
お家での学習のもの:

にしています。

 

 

余裕があれば…
手助けアイテムを最初のうちは導入することも。
(あくまで親に余裕があれば…)
準備を流動的に行えるようなボードなど。。

※あくまで余裕があればです(しつこい(笑))

 

 

【POINT】

◇学校で使うものは一か所にまとめる
◇色分けをして視覚的にわかりやすく
◇最初のうちは手助けアイテムを使うのもOK!

 

 

子どもの心理的な誘導を利用して、自分で出来る!という自信をつけてあげるとGOOD★
ADHDなど障害があるお子さんにも効果あります。
是非、試してみてください。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

流石聡子

流石聡子

東京都

夫・息子7歳(小2)・娘4歳(年中)
オシャレとスポーツ大好き!日常で見つけたツボな出来事と癒しの耳ツボを綴ります。

カテゴリー

最新記事

2019年10月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。