あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

似顔絵師ママのクリエイティブな日々

【夏休み】ゲゲゲの妖怪100物語×室内・妖怪×サンシャインシティで涼を

こんにちは!きゃりこです。

夏といえば怪談…ということで「ゲゲゲの妖怪100物語」へ

夏休みも終盤ですが、2019年8月10日から26日まで池袋サンシャインシティ文化会館ビル2F展示ホールDで開催中の「ゲゲゲの妖怪100物語」へ行ってきました。
夏休みが始まった頃にEテレの「てれび絵本」で「水木しげるの妖怪えほん」が放送されていて、そこから娘(ホラー好き)が妖怪に興味を持ったのが発端です。
スタッフさんは鬼太郎のちゃんちゃんこを着ていました。

水木しげる先生の妖怪の絵をあらゆる方法で見たり、聞いたりして堪能できるイベントです。
鬼太郎のキャラクターがメインではないのでそこは要注意ですね。

会場内は撮影OK

会場MAP

子どもにはちょっと怖い!真っ暗な「妖気の部屋」

会場に入るとすぐ「妖気の部屋」という場所を通ります。
そこは真っ暗な部屋で、座った状態で音や振動で妖怪の気配を体感できます。
右から左から妖怪の声や音が聞こえてくるので「おお!」「すごい!」と思えるのですが、小さなお子さんだと泣いてしまうかも!?
我が家の年長の娘も泣かずにいましたが固まっておりました。

目玉のおやじがナレーションだったのですが、今の目玉のおやじの声は野沢雅子さんなんですね。
脳内で孫悟空に変換されてしまって凄い違和感でした(笑)

【余談】今の鬼太郎はキラキラ感がすごい

妖怪の絵の展示は説明付き

「水木しげるの妖怪えほん」もそうですが、妖怪に関する説明も展示してあるので全国各地の妖怪を知ることができます。
昔は自然現象だったり、病気だったりしたことを妖怪の仕業としていたなど、その時代を想像しながらとても興味深い話がありますよ

妖怪の立体展示もあり

絵からそのまま飛び出した妖怪の立体オブジェもあります。
光ったり動いたり仕掛けがあったりとびっくりしてしまうものまで様々。 

他にも…

展示数は思いのほか多いので説明文を読んでいるとかなりの時間を要します。

光の中に妖怪が浮かび上がります

太鼓をたたくと妖怪が現れる仕組み

絵の再現度がすごいです

会場内では妖怪が徘徊している!!

会場で「ぬらりひょん」と遭遇しました。
どこにいるとかではなく来場者に混ざって徘徊しているようでした。
妖怪ぬらりひょんそのものですね。
娘は少し怖がりながらも「こんにちは!」と挨拶したら頭をなでてもらってうれしかったようです。
しかし展示物だと思って近づいて腰を抜かす人や、不意に近づいてくるので大絶叫する人を見かけたので会場に行かれるときは気を抜かずに!

会期は26日までと残り1週間!
涼を取りにぜひ「ゲゲゲの妖怪100物語」へ行ってみるのはいかがでしょうか?

名称
「妖怪体感 ゲゲゲの妖怪100物語」
会期/時間
2019年8月10日(土)~26日(月)17日間 [会期中無休]
11:00~20:00(最終入場 19:30)
会場
池袋 サンシャインシティ文化会館ビル2F 展示ホールD
東京都豊島区東池袋3-1-4(東京メトロ有楽町線東池袋駅直結)
お問い合わせ(一般)
0570-06-1234(イベントダイヤル)
※~8月26日 午前11時00分~午後8時00分

当日券
一般(大学生以上)
1,700 円
小人(5歳~高校生)
1,200 円
ペアチケット(一般2枚)
3,000 円

「妖怪体感 ゲゲゲの妖怪100物語」

関連キーワード

関連記事

プロフィール

伊達ゆかり

伊達ゆかり

埼玉県

夫、長男9歳(小3)、長女6歳(幼稚園年長)
子どもと一緒に出来る、簡単で時短な物作りをする日々。おでかけやプチプラお得情報も綴ります!お仕事は似顔絵師。【HP】http://calico.nobody.jp/

カテゴリー

最新記事

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。