子育て・しつけ

あんふぁんが夢をかなえるお手伝いをしました
もっと電車が好きに!一日駅長体験

今回の「かがやけ! みんなの夢」夢育プロジェクトは、電車が大好きな三村健悟くん(6歳)・淳悟くん(4歳)兄弟が、東武鉄道の下今市駅で一日駅長体験した様子をリポートします。

今回の夢:「電車の運転手さんになりたい」

東京都
三村健悟くん(6歳)
可奈子さん(34歳)
淳悟くん(4歳)

「健悟は電車が大好きで、出発の合図を練習して幼稚園の誕生日会で披露するほど。お兄ちゃんのことが大好きな淳悟も一緒に電車の仕事がしたいって(笑)」とママの可奈子さん。運転手さんになる夢のまず第一歩として、東武鉄道の協力により下今市駅で一日駅長体験をしてきました。

協力してくれたのは 東武鉄道
http://www.tobu.co.jp/

1一日駅長に任命 駅の仕事とは?

東武日光エリア4駅の駅長だけが着る白い制服に袖を通した瞬間、表情がキリッと引き締まった2人。一日駅長任命式の後、「駅での仕事は、切符を売ること、安全に電車に乗ってもらうこと。特に安全面は大切で、線路から落ちるなどの事故がないように、指を差し、声を出してしっかり確認するんですよ」と駅長さんから説明を受けました。

2下今市駅のさまざまな施設をチェック

次々に電車がやってくるホームを巡回し、出発のアナウンスをする駅員さんの姿に目を奪われる2人。発車の合図に使う赤い旗を持たせてもらいました。淳悟くん、ちょっと緊張気味かな? 駅に併設されたSL展示館では、石炭でどうやってSLを動かすのか、重さはどれくらいか、などSLの基礎知識を勉強。さらに、転車台広場でSLが回転する様子を食い入るように見つめていました。

3いよいよSLが出発! 笑顔で元気にお見送り

いよいよSL「大樹」の出発時間。“SLに乗る”という特別な体験に心を躍らせたお客さまを、駅長さんたちと一緒に笑顔で元気よくお見送りしました。大好きな電車にたくさん触れた今回の一日駅長体験で、電車を安全に運行するために多くの人たちが働いていることが分かった2人。あらためて「電車の仕事がしたい!」という気持ちも高まったようです。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。