子育て・しつけ

子どもの急病で休んだり、時短勤務だったりと、ときには職場の協力や理解が必要な保育園ママ。周囲に応援してもらえるか、迷惑がられるかは、職場環境だけでなく、ママ自身の振る舞いによっても変わります。そこで、ワーキングマザーの困った振る舞いについて、一緒に働く人にアンケート。あなたも気付かないうちにしていないか、チェックしてみましょう。

お話を聞いたのは
毛利優子さん

もうりゆうこ/女性のキャリア・働き方の専門家。3人の子育てをしながら企業勤務した経験を元に、女性のキャリア支援、講演、執筆等を行う。著書に『これで解決。働くママが必ず悩む36のこと』(日本実業出版社)他。

  • Q

    職場にいるワーキングマザーの言動で不快に感じたことや困ったことがありますか?

  • Q

    どんなことを不快に感じましたか?(複数回答)

※シティリビング調べ(実施期間:2017 年1月19 日〜30 日/回答数178)

ワーキングマザーと一緒に働いて、不快に感じたことや困ったことがない人、ある人はほぼ半々という結果に。不快に感じたことでは、「『子どもがいるから仕方ない』という態度で、周囲への配慮が足りない」がダントツでした。

ワーキングマザーと一緒に働く人に聞きました

応援したいママとお困りママ

「いつも助けてもらっているから」と、私が休んだときの不在対応を引き受けてくれた。(38 歳・既婚・子どもなし・女性)

資料の所在が分かりやすいよう机を整理したり、書類にメモを付けていたり、業務の状況を分かりやすくしてくれると、急な休みの対応でも負担が軽くて済む。(33 歳・既婚・子どもあり・女性)

私もいつか結婚して子どもを産んで…と思っているので、楽しそうに働くワーママの姿を見ると、勇気がもらえます。(26 歳・独身・女性)

自らランチに誘って話を聞いてくれたり、誕生日にプレゼントをくれたり、忙しい中でもちゃんとコミュニケーションを取ってくれるから、お互いに仕事をしやすい。(29 歳・独身・女性)

時短でもやるべきことをきっちりこなす、集中力の高さはスゴイ!(45 歳・既婚・子どもあり・男性)

「あ、ムリです」が口癖で、積極的に仕事をしない。何も頼めない。(46 歳・既婚・子どもあり・女性)

保育園ママが急きょ子どもの迎えに行くことに。その日中に済ませなければならない業務を頼まれたのですが、業務内容を口頭のみで告げて帰ってしまったのでとても困りました。自分自身の業務もあり、残業することになってしまいました。(27 歳・独身・女性)

「両立している分、他の人より大変」とアピールするママがいますが、会社は福利厚生施設ではありません。給与や待遇は会社に貢献した分の対価ということを忘れなければ、謙虚になれるのではないでしょうか。(39 歳・独身・男性)

「子どもっていいよ。絶対産んだほうがいいよ」と職場で声高に繰り返す。産めない人や産まない人もいるのに、ハラスメントと考えていない。(35歳・独身・女性)

休んで、早退して、周りのヘルプがあるのが当然という態度だった。(29 歳・独身・女性)

周囲の人に対して
配慮に欠けるママも

共働き家庭が増加する昨今、時短制度など企業側の体制も整ってきて、働くママが受け入れられやすい雰囲気が社会全体に広がりつつあります。マタハラ(マタニティー・ハラスメント)という言葉も広まり、「ワーキングマザーには気を遣わなければ」と考えている人も多いようです。

でもそれ故に、周囲からのフォローや気遣いを当たり前だと思い、配慮を欠いてしまうママも…。一緒に働く人へのアンケートでは、「仕事に消極的、向上心が不足」「急な休みや早退の引き継ぎに備えていない」「子どもがいない人への配慮不足」などの声も多く見られました。

両立できる環境を
当たり前だと思わない

ワーキングマザーだからといって、肩身の狭い思いをする必要はありません。忘れてはいけないのは、フォローしてもらう場合は感謝を忘れずに、日頃から真面目に仕事に取り組むこと。他の人がお休みしたときは進んで仕事を引き受けるなど、お互いを補完し合う関係を築き、働きやすい環境作りを心掛けましょう。

同じ勤務時間でも、普段の言動や態度次第で、周囲の人が受ける印象は全く違うものです。自分自身が前向きに仕事に取り組み、周囲と良好な関係を築くことが、子どもがいる・いないにかかわらず、より続けやすい職場への近道と言えるでしょう。

次のページは「職場コミュニケーションのコツ」

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。